2009年09月19日

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

9月19日(土) 2009 J1 第26節 横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ(16:00KICK OFF/日産スタジアム)

さあ、相手は、首位のチーム。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

遠慮することなく、思いっきり、かじりついちゃいましょう。

相手も、川崎フロンターレにやられて、気合を入れなおしているでしょう。

でも、こちら横浜F・マリノスだって、サンフレッチェ広島にやられて、そのままくじけてばかりはいられません。

栗原勇蔵くん、お誕生日を自分で祝砲で祝うくらい、期待してますよ。
横浜F・マリノスの栗原勇蔵

セットプレーからのヘディングによる得点や、フリーキックのミサイル段での得点、期待してます。

勝ち点3!

お返しはそれで十分です。
posted by とりこ at 00:15 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
生きた心地がしないよう勝利だった(苦笑)。
かつて鉄壁の守備を誇った時みたいに安心できるほど基盤を持っていないから、最後まで危なかったけど、どうにか防いだ。
とはいっても守備の刀(?笑)はまだ錆びついてはいないけど。

しかし、鹿島はやはり怖い。バイタルエリア過ぎたら切られてしまう感じというのかオーラを受ける。
凄いとかではなく怖さがあるんだよなあ。スキがあればひと太刀で切られてしまうような。
リスタート時なんか、しっかり狙っていて完全に攻撃の基点と化しているし、攻勢をかける時はしっかり意思統一されている感じ切りかかってくるし。
最近闘った広島や川崎は攻撃的なチームだけど、怖さがぜんぜん違う。
ただ、最近少し不調だから助かったという面も多々あったけど。

確か昨年のホームでの鹿島戦もきっちり切られたけど(笑)調子が普段どおりなら、危うく再現とゆう恐れも無きにしも非ずだったかな。
不調気味であってもい力はあるわけだから、一瞬の力でやられていた恐れもあるんだけど、事なきえたと。
なんだかんだいって2、3年かけて作りあげた良い流派じゃなくて(笑)良いチーム。
キッカケを得てブレなければまた上がってくるような気がするな。

まあだけど踏ん張れて良かった。
序盤に、振り回してみて幸運にも当たったとはいわなけど、少ないスキをものしたのは素晴らしい。
それで、肉を切らせて骨を絶つ殺法を出さずに済んだし(笑)。
今回その流れだったら肉だけじゃなく骨まで完全に寸断されていた(笑)可能性が高かった。

だけど、マリノスの頑張りがあったからこその勝利であるのも間違えない。
その頑張りがあったからこそ、失点に至らなかったかも知れない。運も少なからずあるけど。
もちろん、かつて守備的な技を極めたような流派で、その力もまだ持っているからでもあると思うけど。

勝利を得たからといって全てが良かったワケでもないんだから気は緩めないで、今後も鹿島と互角に立ち合えるくらいの技を磨いて力をつけていってほしいなと。
鹿島も2、3年くらいかけて優勝狙えるようなチームなったんだから、マリノスも同じくらい、もしくはそれ以上に成っていかなきゃ。
またそれを可能とする、才能も力も秘めている。 あとは如何にやっていくのかと、どれくらい頑張れるのか、なんだから。

なにはともあれ、久しぶりの勝ち星は良いもんですね。なおかつ地元だし。
なにか感覚的に鈍っていたとゆうか、忘れかけていた(笑)。サポートする多くの人たちも同じことでしょう。
これをキッカケにして調子を上がっていけば良いね(^^)。
その為には個人の意識もトレーニングも必要とゆうことで、これで安心して緩んだような状態に成るんじゃなくて(笑)、
これを弾みにしてトレーニングに取り組み、次のゲームに向かっていってほしいなと。
この勝利の味はいつまでも甘美ではないんだから。

あとそうだ、やはりこのユニは良いですね(^^)。
3番と30番は爽やかではなく、囚人ぽいんだけど(笑)。ヘアスタイルでね。
見慣れていなく新鮮だからかも知れないけど、常時使わない手はないでしょう。もったいない。来シーズンはAWAY用で(笑)。
追加販売も忘れずに(笑)。
会場限定で人気あるものは、ほぼゴール裏の人の手にしか渡らないので、何か考えてほしいものですね。

長々とすみません。
Posted by mm at 2009年09月19日 20:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック