2009年11月29日

内容よりも結果。横浜F・マリノス戦蹴楽

今日の試合、サッカーの不思議さを痛いほど感じ取ったものでした。

試合内容は、悔しいけれど、横浜F・マリノスのホーム最終戦にはあまりふさわしくなく、清水エスパルスペース。

ほとんど形ができていないで、相手にパスカットされてばかり。

いつものメンバーと違うせい?

こういうメンバーで連取したことないからなのかなあ、イライラ・・・

と、思ってハーフタイムを過ごしていました。

みんなホーム最終戦なのに、まさか、消化試合と思っていないよね!と、一人で怒ってましたよ。

ところが、サッカーの神様は不思議なことをするのがお好きなようで・・・

途中交代の小椋くん、いきなり相手にサービスパスを謙譲して、まったくもう!

と思っていたのに、入っちゃった。

Goal!

それも、すばらしいゴール。

はじめてみましたよ、小椋くんのゴール。

J1初ゴールだったんですね。

みんなで、もみくちゃ。
横浜F・マリノスの小椋初ゴールでもみくちゃ

このシーンの前には、交代でベンチに引っ込んでしまったお二人が、どっと座り込んでいるシーンを見ていて、だめかなあ、勝てないかなあ、と思っていたので、もうびっくり。
横浜F・マリノスの河合竜二と清水典久

みんなを最後まで信じてあげなきゃだめですね。

で、これで横浜F・マリノスvs清水エスパルス 1−0。
横浜F・マリノスvs清水エスパルス 1−0

横浜F・マリノス、河合竜二さんは、お着替えしていました。
横浜F・マリノス、河合竜二お着替え中

このまま、あとは守れれば、完封勝ち。

で、最後に、渡邉千真くんに変えて、キム・クナンくん投入。

横浜F・マリノスの渡邉千真くんもベンチに引っ込んで着替え始めてました。
横浜F・マリノスの渡邉千真もお着替え

みんな、風邪引かないでね。

渡邉千真くんは、残念ながら、自己の新人得点記録更新は今日はお預けでしたね。

と、余計な観察をしている場合ではありませんでした。

なんと、兵藤慎剛くんが、あいたたた。
横浜F・マリノスの兵藤慎剛

腰が痛そう。

まさか、坂田くんみたいに途中でリタイア?

でも、さすが不死身のファイター、復活して、最後までやり抜いてくれましたね。

で、びっくりしたのがロスタイム。

これまで、後半30分以降の得点率が非常に低い横浜F・マリノスとは思えない出来事が起きました。

しかも、その出来事を引き起こしたのは、デフェンダーの番長、栗原勇蔵くん。

すんごくびっくりしました。

やれば、できるじゃない!!!!

男です、勇蔵くん。

キャプテンマークを巻いてましたものね。

ガッツポーズ。
横浜F・マリノスの栗原勇蔵のガッツポーズ

兵藤くんが祝福。
横浜F・マリノスの栗原勇蔵と兵藤慎剛

中澤佑二さんも合流して、みんなで祝福。
横浜F・マリノスの中澤佑二たち

ロスタイムに追加点で、横浜F・マリノスvs清水エスパルス 2−0。
横浜F・マリノスvs清水エスパルス 2−0


横浜F・マリノスvs清水エスパルス 2−0
完封勝利!!!

やったね。

内容はともかく、笑顔でホーム最終戦を締めくくれました。

闘魂コンビの不思議なゴールでの勝利、サッカーの神様のご褒美ですね、きっと。
横浜F・マリノスの小椋祥平と栗原勇蔵
posted by とりこ at 20:26 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
今シーズンとゆうか現チームを象徴するようなゲーム内容でしたが(苦笑)、勝利は得られたのは幸い。
それにホーム最終戦だし、目減りしている観客もそれなりに入っていたみたいなので、
誰しもが共有できる喜びが生まれて良かった。
こうゆうゲームは稀にあるものであって、常にあるものではないのは肝に銘じておきたいもの。
いかにも力の無い弱いチームによくあるラッキーな勝ち方。
強いチームが勢いなどで運を呼び込むようなものとは全然違う。
しかし、今シーズン通してだったり、最終戦だから、個人的にはこれはこれでという事にしておきます(笑)。
最後にスーパーなシュートもあって、ただのラッキー勝利に終わらかったし。

今後は、パス回しや判断力がもっとスピーディーな良いチームに成ることを願うばかりです。
鹿島やガンバは元より、今回の相手よりもスローだし、なおかつリズムやテンポもないのがなんとも。
まあこれも、チームの方針とゆうのか、方向性の副作用だから仕方のない面もありますけどね。
あと攻撃でバランスの取れる選手が14番くらいしか居ないのが関係しているし。
だけど、その代わり選手が成長したり、チームの底上げがあったワケですが。

監督・コーチなどのスタッフの人にはお疲れさまと。
力のある選手が揃っているようなこの面子で残留争いをするとかの、とびきり悪い(笑)結果ではないのは承知しています。
ひとことでいえば”次が”見えなかったからなんでしょうね。選手個人の次は見えているけど、チームとして。
(今までの貢献度もあるんでしょうが)妙な愛されかた(笑)をされた監督さんはクラブに残らないみたいですけど、
そのうち機会があればなんらかの形で復帰もあるんでしょう?

そういえば、今シーズンで居なくなる選手の発表が無いけど・・・もしすでに決まっているのであればホーム最終の前に伝えておいてほいかったですよね。一応お別れの場なんだから。
単年契約が主なプロの世界で、こればかりは避けられないし、仕方ないと割り切るほかないですから。選手はモチロンこちら側も。

それとはまた別に入ってくる選手もいるわけですが、もしかして某チームのオーストラリア代表選手が加入するんでしょうか?漠然としたものですが(笑)。
ポストプレーヤーも必要だとは思いますが、個人的には攻撃面で優れていてボランチも出来る選手が絶対的に必要だと思いますけどね。

あと一ゲームありますが、来シーズンはスタジアムのカモメさんたちも元気になるくらいの(笑)ゲームを魅せてくれる、グレードアップしたチームに成ることを楽しみにしつつ、オフシーズンを迎えたいと思います(笑)。
Posted by mm at 2009年11月29日 22:23
mmさん

こんばんは。

確かに昨日の試合はラッキーでした。

そんなラッキーで喜んだのもつかの間の今日の発表。

みんなお別れもしっかりできないままに去って行っちゃうのかしら。

悲しいですね。

Posted by とりこ at 2009年11月30日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

勝っちゃった
Excerpt: ホームでの今年最後の試合なので勝ってよかった。功治のゴールや千真の記録更新ゴールが本当は見たかったんだけど。横浜F・マリノスの流れはあまりなかったけど、サカティが出てきて少しよくなって、それが、奇跡を..
Weblog: 横浜F・マリノスを愛するジュンちゃんで〜す
Tracked: 2009-11-29 21:05