2009年12月02日

不安もあるけどいいことだって・・・

こんな記事が出回っているので、少しいやな感じもしていますが・・・

横浜M 契約更改で越年続出か!?

ま、日産のライバル企業の出身地のスポーツ新聞の記事ですから・・・

ははは・・・

と、引きつりながら笑うしかありません。

でも、アーリアくんに続いて、若者軍団が揃って契約更改してくれましたね。

ちょっと、安心。

横浜F・マリノスから、契約更改情報の第2弾がずっと出ていなくて、昨日の古部くん、山本くんの話ですから。

で、第2弾の面々は以下の顔ぶれですね。

梅井 大輝(うめい だいき)
浦田 延尚(うらた のぶひさ)
阿部 陽輔(あべ ようすけ)
端戸 仁(はなと じん)
齋藤 学(さいとう まなぶ)

学くん以外は、まだ、公式戦の出場がありませんよね。

学くんにしても、大怪我しちゃったし。

次の山形との最終戦で誰かチャンスが回ってくるかなあ?

たとえ、チャンスがなくても、来年は、みんなにチャンスがあると思うので、あきらめずに頑張ってほしいです。

横浜F・マリノスのマリノス君

横浜F・マリノスの応援団長、マリノス君も大きな声援でみんなを迎えてくれるはずです。
posted by とりこ at 07:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
地元意識による対抗心みたいなのがあるんでしょうか?(笑)
普段をよく知らないのであれなのですが、何か陰謀めいたものを感じますよね(苦笑)。
滅多にマリノスのことなんか取り上げていないでしょうし?

さて、今回はどうなるんでしょうかね?
13番もどうやら残りそうな感じですし、他に行くほどの不満がありそうな選手ってまず居ないのでは?
ベンチ入り含め、出場機会にあまり恵まれない若手選手はまだまだ足りないところがあるような感じだから
仕方の無い部分もあるし、あとは監督のスタイルとゆうか方針でまんべんなくチャンスは与えられていたので
大きな不満は無いような気はしますね。

若手の場合は、ひとつの方法として、J2とかで短期的な修行なんかもあって良いかも?
ゲームに出ることが何よりも重要ですから。経験を含めたレベルを上げるためにも。
多少の失敗があるのは当然なんだから(それは若手ベテランに関係なくあるもの)、ゲームを経験しながら
修正やレベルを上げていかないといけない。

そういう意味でいえば、今回去る選手たちも、これを良い機会として捉えてもらって頑張ってもらいたいですよね。

プロは主に単年契約なんだから仕方の無いことでしょう。
今回の選手に限らず、プロ選手の大半の選手も同様に毎年あるわけだし。
サラリーマンようになんだかんだ残れる仕事とは違いますから。
とはいっても(ごく一部を除く)社会全般的に今後はこの様な形に少しづつシフトしてくと思いますけどね。
社会の現状でいえば失業者も多くなってきているので、(良い意味で)仕事としてサッカーをやれる環境がまだあるだけでも良いのでは?
カテゴリー云々とゆうのも当然あるけど・・・全ての選手がトップ(辺り)のカテゴリーでプレー出来るワケではないですからね。
それよりも出場機会があったほうが”(選手人生に限りがある)一選手としては”全然良いのでは?なんて思いますけどね。

それから、もし新しく行った先であっても無かったのなら、サッカー選手とゆうよりも違う方面の才能なり能力を持っているのかも知れないので
そうゆう仕事に恵まれ、そこで存分に頑張ってもらいたいですよね。(プロ)サッカーはチャレンジしたものだったとゆうことで。
まあ、マリノス含めJリーグに帰って来ることも十分あるので、新天地で是非とも頑張ってもらいたいものですね(^^)。
期限移籍した先でそのまま残るのかな?個人的にはゲームでは観る機会が無かったけど・・・天皇杯で対戦できれば良いかな。

まあ、基本的に応援している側としては、どの選手にも残ってもらいたいし、その為にも頑張ってもらいたいものですよね。
クラブの事情があるような状況だけど、(選手として)この世界は”大人の事情”による様々な影響が一般世間より全く少ないんだから、
努力と才能によって花を小さくも大きくも咲かせられるし、選手人生も限られているんだから、なお更。
日本においてサッカーをやる”環境”というところでは全然恵まれているんだしね。
Posted by mm at 2009年12月02日 20:24
mmさん

コメントありがとうございます。

いろいろと考えさせられちゃいました。

サッカーだけでなく、社会全般に対していろいろとお考えなのですね。

確かに今の世の中、どんどん、冷徹な方向に向かって進んでいる気がするので、ある意味、自分の好きなサッカーを仕事にできる人は幸せなのかも知れないですね。

J1でできる人はほんの一握りでしょうが。

横浜F・マリノスの選手たちも、そういう自分を実感してサッカーを楽しめるといいのでしょうね。
Posted by とりこ at 2009年12月02日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック