2010年05月23日

スコアレスドローとボール保持

ナビスコカップ、絶対に勝ちたかったなあ。

清水エスパルスと横浜F・マリノスのアウェイでの試合でしたが、結果は、0−0。

スコアレスドロー。

ちょっと、苦しかったなあ。

横浜F・マリノスは、今度の水曜日は、ナビスコカップはお休みなので、しっかり体調管理して、また、週末に最高のコンディションに持っていってほしいです。

インテルが、バイエルンミューヘンに勝ちました。

2−0。

全体的にボールを保持していたのは、バイエルンミューヘン。

約7割もの驚異的な値のボール・ポゼッション。

でも、勝ったのは、インテル。

アルゼンチン代表のミリートって選手が、しっかり数少ないチャンスを決めていました。

モウリーニョ監督の作戦なのかしらね。

相手のわざとボールを持たせて、カウンターでしっかり勝つ。

何かバイエルンの負け方って、横浜F・マリノスがカウンターでやられるパターンと似てるなあと思っちゃいました。

アルゼンチン代表のミリート、バスティアニーにと全く違うタイプ。

やっぱり、国が同じでも選手は人間だから、いろいろなタイプがいても不思議はないんだよね。

バスティアニーニ、頑張ろうね。
posted by とりこ at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック