2010年08月01日

横浜F・マリノス敗因分析・・・・全て結果論・・・

勝てないだけでなく、しっかりとした負け。

横浜F・マリノスにとっては、重い現実を突きつけられました。

対名古屋グランパス戦の横浜F・マリノス

横浜F・マリノスvs名古屋グランパス 0−2。

横浜F・マリノスvs名古屋グランパス 0−2

外国人選手の2発で意気消沈。

しかも最初の1点目は、明らかに自学、自滅。

自分たちでミスして相手にパスして、ケネディーにあっさり前を向かれてあっけなくシュートされて、決められちゃっては・・・・ね。

清水ジローさん、全体的にはよく動いているんですけれど、やっぱり、シュートの正確性がなくて大きくふかしちゃうし、ミスもありますね。

後半での交代カード、小野裕二くんを入れたことは悪くはなかったと思うんですが、下げる選手は明らかに間違えだったと思います。

山瀬功治くんじゃなくて、清水範久選手であるべきだったんじゃないかしら・・・

サカティーとのコンビネーションを考えても。

サカティ、坂田大輔くんと、小野裕二は、二人とも、スピードはあると思うんですが、似たタイプで、この二人でトップを組むのはどうだったのかなあ。

山瀬功治くんを残しておけば、また違った展開もあったんじゃないかなあ。

または、渡邉千真くんをもっと速めに投入して・・・

ここのところ、明らかに調子を落としている千真くんだから、交代もためらわれたんでしょうが。

サイドの攻撃にしても、金井貢史くん、明らかに動きがありませんでした。

パスを出して、はい終わり!!!

それじゃあ、パスを受けた選手は、湾ツーもできないので、相手の選手は一人に専念すればいいので、すっごく守りやすかったんでしょうね。

実際、あの増川選手でさえ、あまりピンチなく守っちゃってたもん。

金井くんを使い切ったのもどうだったんだろう。

波戸さんだっていたんだし。

確かに波戸さんは、専門は右サイドでしょうが、昨日の動きの少ない金井くんだったら・・・って思っちゃいます。

河合竜二、波戸康広、松田直樹と話す三都主アレサンドロ

試合開始前の練習では、河合竜二さん、波戸康広さん、松田直樹さんに、三都主アレサンドロ選手が寄ってきて笑顔で会話するシーンがありましたが、戦う雰囲気と感じられなかったから、起用を見送った?

って、ことはないですよね、いくらなんでも・・・


中村俊輔くんにしても、いい動きとだめな動きがはっきりしすぎ。

後半は明らかに、バテバテでした。

日本の夏は海外と違うってことでしょうね。

スコットランドにいた頃には、90分フルにやりきってすばらしかったけど。

それとも、年齢的にもうスタミナがなくなっちゃった?

それとも、周りが動かなかったから、自分ひとりでどうにかしようとして玉離れが遅かっただけ?


いろいろと書きましたが、一番納得いかないのは、木村和司監督の戦術が見えないことかなあ。


あのピクシーでさえ、監督らしくやっているんだから、負けてほしくないよ!!!!


何とかしちゃってください。


へたくそな監督って、言われちゃうよ、このままじゃ。

それで終わるような男じゃないでしょ、和司さん!


ところで、兵藤くん、どうして交代されて、すぐいなくなっちゃったの?

横浜F・マリノスの兵藤慎剛

私のキーマン予想、外れちゃったね。



試合終了後の名古屋グランパス側のゴール裏、田中隼磨くんのハッピーバースディーをお祝いしていました。

アウェイのスタジアムでそれは・・・

名古屋グランパスの田中隼磨
posted by とりこ at 14:56 | Comment(1) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
ハユマに負けるとは・・・
Posted by サッカ at 2010年08月01日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中沢がふたり
Excerpt: 横浜F・マリノスの中沢とガンバ大阪の中沢。   どっちもセンターバックだが。   ガンバ大阪の中沢は、へたくそ。   手を使ってばかり..
Weblog: サッカのブログ
Tracked: 2010-08-01 19:30