2010年08月14日

なんでもいいから・・・・いい加減?じゃないよね和司監督

横浜F・マリノスの木村和司監督らしいですね。

俊輔FK特訓!近くに壁置き1時間

策は弄せずというか・・・

「何でもいいから入れてくれればいい」

ま、ゴールは入って何ぼですからね。

入れば、みんなから祝福。

入らなければ、惜しかったね、で終わり。

この前の三浦カズ選手のゴールがそれをよく物語っていますよね。

入れば、みんなからチヤホヤですから。

あそこまで盛り上がるのは、カズだからなんでしょうけど。

今日の試合、清水エスパルス相手に

中村俊輔くんのフリーキックが炸裂したり、

横浜F・マリノスの中村俊輔

渡邉千真くんが久しぶりにゴール固め打ちしたり・・・

そんなシーンがあることをひそかに期待しています。

二人とも、日本代表に選ばれる権利は十分にあると思っていますから。

アウェイですが、トリコロールの色濃い試合にしたいですね。

posted by とりこ at 11:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
連勝達成ですね(^^)。
やはり守備を軸にしたすると安定感あるゲーム運びにはなる。
でもそれで得点が入らなければ勝利することはできない。
得点が入らなければ有効的とはいえない。
とはいえ、数年前の強い頃のマリノスは今回みたいな感じで勝ってきた。
今回は前半かなり押され、途中で相手が減ったりしたとはいえ、危険度は差ほど高くないような守備的なゲームでした。
大きな先制点があり、実績や年俸(笑)に見合った選手の決勝点FKがあったからですが。
特に先制点は、メンタリティ、戦術など様々な部分で”もろさ”を抱えるチームにとっては、とてつもなく大きい。

これを解消するには、もろさに対して成功体験や結果などで対処し解消して”自信”としていかなければ治らないでしょう。
ただ信じるんじゃなくて、信じるべく根拠みたいなものがなければ、上手くいかない。
それを一言で表すならば、戦術を含めた”自分たちのスタイル”。
ただ、先制点食らって逆転するのが自分たちのスタイルだとチト困りますが(笑)。
守備をきっちりしつつ、攻撃と融合させて「マリノスのスタイル」が出来上がるのかな?簡単にはいきませんが。
その守備もかつての”基盤”が残っているだけであって、それを活かした戦術的なものではない。
しかし基盤はなかなか強固なので、守備的なゲームをすると全体に波及効果もあったりして、未だに安定感あるゲームは出来そう。
そこの辺りを”きっちり”やればの話ですけど。いくらかの戦術的な部分も含めて。

とはいっても、今現在のマリノスは攻撃側に大きな舵を切っている。
だから守備に舵を戻すとジレンマはありますよね。
その”攻守でバランスを取る(融合)するのが、監督さんなどの手腕といえるんでしょうが。
ここら辺りまでは、かなり攻撃側に舵を切った感じですが、なんだかんだといっても大きな特徴である守備を活かす方向で進んでいっても良いんじゃないですかね?
個人的にはそれが”マリノスにとって正しい針路”なような気はしますけど。どうでしょうか?
Posted by toricolore at 2010年08月14日 23:37
選手たちの賢さや感性が大きいけれども、監督さんなどの役割も大きいんだからヘタクソじゃなくて、ちゃんとそうゆうトレーニングしてほしいもんですね(苦笑)。
練習試合や紅白戦だけではなく、ゲームの状況を考慮したトレーニングとかってやっているんですかねぇ???相対的なものがあるんですから。
トレーニングも海外のものを大いに参考にしても。 監督がプレーしていた旧時代の様なものならばなおの事。
ゲームに反映される、トレーニングのクォリティの改善も望みたいところです。
資金力に乏しいクラブとは違い、環境的には恵まれているはず。しっかり有効活用してほしいなと。
自前の立派な施設を作ったら低迷しだしたのか?フシギでならない(苦笑)。
監督の選択がいちばん大きいような気もしますが、欧州などの海外の選手とは違って、しっかり活用するんじゃなくて、悪い意味で馴染んでしまい少し疎かに成ってしまうとゆうのもあるのかも?少しだけでお腹いっぱいみたいな(笑)。
もちろん全ての選手がとは言いませんが。

話がそれましたが(^^;)、マリノスは守備を基軸に、攻撃面を構築していければ良いのでは?
ごく当たり前のことかも知れませんけど、マリノスにとって守備はやはり”生命線”だと思う。
まだ連覇の頃のものが残っている。その頃の選手が多いから半ば当然ですが。
これを”しっかり活用”しつつ、攻撃面を構築するのがベストかなと。
監督はどうか判りませんけど、確かクラブとして当初はこうゆうイメージだったんじゃないのかなあ?

ただ”攻撃面のレベルアップ”が優勝争い含め上位に食い込むことになるとゆうのは確かであると。
今回のゲームの相手も攻撃的なチームで、さすがにトップなだけあって良いものがあった。
残念ながらマリノスはまだその域には達していない。
だからこそ攻撃面のレベルアップが強く求められるし、攻撃の為にも勝利を得る為にも”守備の重要性”も増す。
そこが高いところで融合できた時、優勝争いしているチームとも互角に渡りあえる”本当に強いチーム”と化すんでしょう。
(連動するものではありますが)単に攻守が高いレベルにあるのみならず、意志統一や共通理解を得て”チームとして”ゲームを運びをする。そして勝負強さも兼ね備えなければ成らない。
Posted by toricolore at 2010年08月14日 23:38
今回ゲームを観て、攻撃面など現状では差はあっても、マリノスは相手である清水のチームレベルに届くポテンシャルや要素は十二分にある。(個人的には清水より鹿島のほうが上かなと)
あとは”いかに発揮していくか?”だけ。 
ただし選手を含め足りない部分は補うことは必要だと思う。監督などもか??(苦笑)
チームとしてこの連勝も良い経験値にしていってくれれば。
暑い中での頑張りが報われたしね。相手も強かったからいつも以上に頑張ったかも知れませんが(笑)。
いわゆる目立つような結果(主に得点ですが)を残せなかった、ほとんど選手も頑張った上での勝利でもあるかなと。
(チーム)スポーツですから頑張らなければ勝てません。 頑張りすぎて空回りしても勝てませんが(笑)。

さて次のゲーム。
暑い中での連戦でもあるのでキツイでしょうが、”3連勝”とゆう”上位進出”には必要であり重要なものを是非とも勝ち取ってほしいものです。
ホームゲーム、しかも臨場感のある三ツ沢ですから、そこも力にして乗り切ってもらいたいものです。
ただし、相手を見下したら痛い目に合うのは間違いない。
選手のレベルなどを単純に比べると、マリノスのほうが上。しかしチーム力でその差を補っている。
なんとなく負けたとか、勝ち切れないなど、煮え切らないゲームになる可能性は高いので、今回同様しっかりゲームに望んでほしいなと。
気の抜けたようなゲームをすると、ゲームに反映されるよと。コンディション的にも相手のほうが一日多く休めているし。
とにかくこの連戦は一ゲーム一ゲーム今回のような高い集中力をもったゲームをしてもらいたいなと。
これも”チームとしての成長”に繋がるはず。 何かもやもやとしたものから、大きなきっかけと成るような”答え”が見え始じめてくるのかも知れない?
Posted by toricolore at 2010年08月14日 23:41
toricoloreさん

コメントありがとうございます。

岡崎選手や藤本選手にひやひやさせられましたが、連勝達成、うれしかったです。

中村俊輔くんの調子もよくなってきているみたいですし。

チームとしえの勝利に対するこだわりが少しずつですが、見えてきているかなあ。

まだまだ、これからでしょうけどね。
Posted by とりこ at 2010年08月15日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック