2010年11月23日

気持ちの戦いに敗れるなんて・・・横浜F・マリノス

11月23日(火) 2010 J1 第32節 横浜F・マリノス vs 浦和レッズ(14:00KICK OFF/日産スタジアム)

横浜F・マリノス vs 浦和レッズ

横浜F・マリノス vs 浦和レッズ

勝利に対する執念を見せろ

勝利に対する執念を見せろ

試合前には、横浜F・マリノスのゴール裏サポーターは、セレッソ大阪戦を見て選手たちにメッセージを伝えていました。

対する浦和レッズゴール裏は・・・

フロント、GM、監督、選手、残り3試合覚悟を持って闘え。

フロント、GM、監督、選手、残り3試合覚悟を持って闘え。

これに対して、さらに横浜F・マリノスゴール裏2階席ではというと・・・

見せてやろうぜ横浜意地

見せてやろうぜ横浜の意地

両チームとも、サポーターは熱く燃えていました。

浦和レッズはいつもより観客が少なかったですが。

浦和レッズゴール裏

お互いに低迷しているチーム同士の戦いだったからでしょうか。

それでも、気持ちと気持ちの戦い、永遠のライバルの戦いのハズだったんですが。

横浜F・マリノス vs 浦和レッズ 1−4。

惨敗でした。

・・・・・・・・・

木村和司監督に言いたいです。

交代カードを切るのが遅すぎます。

明らかに今日の小野裕二くんは、良くなかったように見えました。

バーに当たったシュートはありましたが。

もっとも、山瀬功治くんも渡邊千真くんも、スーパーサブには程遠かったけれど。

二人とも、途中から盛り上げるタイプじゃないんだね、きっと。

カタカナの選手にばかり点を取られちゃいました。

最悪の試合でした。

セレッソ大阪戦も悪かったけれど。

2試合続いて、こうなると、年間チケットも・・・

なんか、脱力感。

中村俊輔くんもボール離れが遅くて、スピードを乗せられずに、相手に取られるシーンがここのところ目立ってきちゃっているし。

はあ〜



浦和レッズ戦の横浜F・マリノス布陣

横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉 大樹
DF35天野 貴史
DF32波戸 康広
DF3松田 直樹
DF5田中 裕介
MF25中村 俊輔
MF6河合 竜二
MF7兵藤 慎剛
MF26松本 怜
FW37端戸 仁
FW40小野 裕二

【控え】
GK1榎本 哲也
DF23田代 真一
MF18清水 範久
MF8長谷川 アーリアジャスール
FW11坂田 大輔
FW10山瀬 功治
FW9渡邉 千真

浦和レッズ
【先発】
GK1山岸 範宏
DF31岡本 拓也
DF6山田 暢久
DF2坪井 慶介
DF35宇賀神 友弥
MF8柏木 陽介
MF20堀之内 聖
MF5サヌ
MF33高橋 峻希
FW10ポンテ
FW17エジミウソン

【控え】
GK18加藤 順大
DF26濱田 水輝
DF14平川 忠亮
MF13鈴木 啓太
MF3細貝 萌
FW15エスクデロ セルヒオ
FW24原口 元気

posted by とりこ at 20:36 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
早いカウンター攻撃にやられてばかり。

やられるくらいなら、やって見せてほしい、マリノスには。
Posted by サッカーを愛して at 2010年11月23日 21:18
サッカーを愛してさん

コメントありがとうございます。

サイドをうまく突かれて失点するパターンが確かに多いです。

横浜F・マリノスがそれをできないのはどうしてなんだろう。

できそうな気もするんですが。
Posted by とりこ at 2010年11月24日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

柏木陽介は、負傷
Excerpt: 横浜F・マリノスと浦和レッズとの試合で、柏木陽介が、負傷した。
Weblog: サッカーを愛して
Tracked: 2010-11-23 21:16