2011年04月24日

サッカーっていいなあ

昨日の横浜F・マリノスと鹿島アントラーズとの試合を見たり、ベガルタ仙台の逆転劇をテレビで見たりして、本当にサッカーっていいなあと思いました。

純粋にサッカーが出来る喜び。

サッカーを見て楽しんだり、思いのたけをぶつけたり出来る幸せ。

本当に、そう思いました。

もちろん、横浜F・マリノスが鹿島アントラーズに3対0で勝利したことも嬉しかったです。

でも、それ以上に、あんなにコンディションな悪い中でも、みんなの心を一つにすることができるなんて。

サッカーって、ボールひとつでそんなふうになれるなんて、単純なのに、なんてすごいんだろう。

そう思って、なんか、涙がいっぱい出てきてしまいました。

栗原勇蔵くんの魂のゴール。

3点目も栗原くんのゴールで、1試合2得点!すごいじゃん!

って、思っていたら、オウンゴールって記録でしたね。

野沢選手が入れちゃったのかなあ。

まあ、あれは、キム・クナンくんと長谷川アーリアジャスールくんがうまかったのに加えて、なぜか、真ん中に栗原くんが走り込んでいたカウンターがバッキリ決まった瞬間でしたね。

残念だったのは、渡邉千真くんが走れなくなって途中交代させられてしまったこと。

もっと出来るはずなんだけどなあ。

つぎこそ!

だね。

そう次!

ホーム開幕戦だもん、やってくれるでしょう。

ネ、渡邉千真くん!

横浜F・マリノスの渡邊千真


鹿島アントラーズは、小椋くんの電光石火の得点で面食らった感じでしたね。

被災地の様々な思いを背負いすぎていたもかなあ。

守りでは、飯倉大樹くんがはまっていましたね。

守護神光る!っていう雰囲気でしたね。

鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス 0−3。
posted by とりこ at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック