2011年05月03日

やっぱり相性ってあるんですね

また、浦和レッズ相手に結局横浜F・マリノスは勝つことができました。

全体的には押されていた感じでしたが、横浜F・マリノスはしっかり勝ち点3を手土産に横浜に帰還です。

それにしても不思議なものです。

前半は浦和レッズにチェックにボールを取られることも多かったのに。

少し、今日はやばいかも?!

そんな気持ちも芽生えかけていたんですが。

兵藤慎剛くんは、渡邉千真くんのナイスボールをふかして決めそこなっちゃうし。

栗原勇蔵くんは、原口選手が突っ込んできたのを空振りしてクリアーしそこなっちゃうし。

栗原勇蔵と兵藤慎剛

これはまずいかも!

って、思いながら見ていました。

コーナーキックも浦和レッズばかりだったから・・・

それにしても、ショートコナーばっかりでしたね。

何とかの一つ覚えみたいに。

よっぽど練習してんでしょうね。

練習したことをしっかり守るのが日本人だものね。

これで、結構助けられたような気もしています。

横浜F・マリノスは、小野裕二くんが何となくパッとしていなかったなあ。

トラップが大きくてキープしそこなっていたし。

渡邉千真くんが中村俊輔くんのフリーキックに頭を合わせてくれて得点したので、本当にうれしかったです。

競り合ったのが山田選手だったのが幸いでした。

ここ数試合、横浜F・マリノスのお得意パターンの主版残り時間わずかのところでのキム・クナンくんが絡むカウンター攻撃が今日も見られたのも良かったです。

大黒将志さんがしっかりゴール!!!で決めてくれましたね。

1対1を決めそこなっていたのを帳消ししましたね。

小林くんや谷口くんもよく走ってましたね。

お疲れ様でした。


浦和レッズは、原口選手が結構いいなあと思ってしまいました。

あの勝負する気持ち、大事かも。

ザッケローニ監督の目にはどう映ったかなあ。


なんか、ハラハラしながら見ていたレッズ戦。

終わってみれば、勝利できたのでうれしかったです。

浦和レッズ vs 横浜F・マリノス 0−2。
posted by とりこ at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック