2011年12月17日

横浜F・マリノスは順当、他は荒れる天皇杯

カメラマンが、松本山雅FCのゴールを撮りたくて偏って集まっていましたが・・・

シャッターチャンスはそうなかった結果になって、私としてはホッとしています。

危ないシーンが前半にあって、あそこで横浜F・マリノスが失点していたら、焦ってバタバタになっていたかも。

でも、そうならなかったのは、良かった良かった。

大黒将志さん、怪我したみたいですね。

でも、不幸中の幸いか、小野裕二くんと渡邉千真くんの組み合わせのほうがコンビネーションがいいかも。

渡邉千真くんはちょっと、シュートモーションが大きすぎて決めきれなかったけど、その分、得点の起点に絡んでいたので、調子は上向いてきているんじゃないかなあ。


マスコミは、松本山雅FCに勝ってもらって、

横浜F・マリノス敗れる〜

とか

松田直樹の魂で松本山雅またしても勝利を集中に〜

とか、書きたかったんでしょうね。


その松田直樹さんの思いは、しっかり横浜F・マリノスの選手達が胸に閉まって元旦まで戦い続けなきゃ。

松田直樹

他のチームの試合は、いろいろと波乱があったようですね。

川崎フロンターレと湘南ベルマーレの神奈川ダービーは、湘南ベルマーレが勝ったとは。

川崎フロンターレ無得点は、どうしちゃったの?

リーグ戦終盤には横浜F・マリノスにかたくせに。


鹿島アントラーズも今シーズンを象徴するように、京都サンガF.C.に負けちゃった。

サッカー天皇杯はやっぱり、ジャイアントキリングが起きますね。



柏レイソルと名古屋グランパスがガチンコ勝負で疲れて切れれば、横浜F・マリノス、いけるかも。

なんて、弱気じゃダメですね。


他のチームがどうであれ、必死に自分たちのプレーをしないとね。


横浜F・マリノス、元旦国立へ一歩前進。
posted by とりこ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック