2013年09月08日

眠れませんでした

いえ、決して東京オリンピック開催が決まったからではありません。

天皇杯でジャイアンキリングがなかったからでもありません。

ナビスコカップ。

監督が辞めるのやめないのと訳の分からないチームに粉砕された横浜F・マリノス。

優勝するなんて夢を見ちゃ、まだ早い早い。

現実を直視しないと。

ドゥトラさんの好不調に左右されているようじゃねえ~。

昨日のドゥトラさんはひどすぎました。

小林祐三くんも、最初は元のチーム相手にガツガツ行っていたけれど、センターフォワードのように真ん中を切り裂いていってもシュートも打たず・・・

中村俊輔くんお絶妙クロスにもマルキーニョスさんは、頭位のヘディングを明後日に打っちゃうし。

その中村俊輔くんも相手がガツガツくるチームでわかっているのかいないのか、いつものようにこねくり回してゴールを取られて、中澤佑二さんのイエローカードにつながり、ジョルジ・ワグネル選手のフリーキック4失点目に。

ああ、嫌なシーンばかり思い出され・・・

「マルキに田中順也並みの決定力があれば」

そんなサポーターの声が頭のなかをグルグルと。

寝付けませんでしたよ、本当に。

選手たちもそうなんだろうけど。

ニッパツ三ツ沢球技場、サポーターで埋まるのかなあ。

年チケ先行発売開始時には、チケット並んで買っているサポーターがいっぱいいたんだけど。

サッカーで5−0というスコアは、プロの試合では、宝くじに当たるようなものかも・・・

さあ、ピッチ上の監督、中村俊輔くん、どういう手に出ましょうか。




天皇杯は、ドゥトラ後継者、マルキ後継者発掘のためにも若手で望んだほうがいいんじゃない?横浜F・マリノス樋口監督!!!
ラベル:中村俊輔
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック