2013年12月31日

横浜F・マリノスのふじさん

富士山は、世界遺産にも認められたほどの美しい山です。

この前の天皇杯準決勝の日、日産スタジアムでも綺麗に拝めたことはお伝えしたとおりです。

横浜F・マリノス2013年最後の日産スタジアムでの戦い

日本一の山ですから。

そして、横浜F・マリノスが天皇杯で優勝するために、日本一のフォワードになろうと頑張ってくれたのが、藤田祥史さん。

フジくん、終盤は結構イイ動きしていましたね。

全体的には、まだまだ動きが少なくて、もっとぼるを受けられる動き、見方のボールを引き出す動きをしてほしいなあ、と思ったりもしますが、先制点のシーンのポストプレーは素晴らしかったです。

最後に余計なイエローカードを思って、持っていないなあ、とか反省していたようですが。

持っているとか持っていないとかは関係ないです。

チームが一つになって、元旦国立でトロフィーを掲げてみんなで喜びましょう。

で、そのフジくんのモッテイナイナア、とも言われるヘディングシーンを今日はお披露目。

横浜F・マリノスのウルトラレフティ中村俊輔くんのコーナーキックから。

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

中村俊輔のキックに合わせる藤田祥史

サガン鳥栖の豊田選手もやっぱり高いですねぇ~

また、丹羽選手もよくカバーしていましたね。

敵ながら、あっぱれ。

藤田祥史さんのヘディングでゴールが決まったと思ったんですけどね。

キーパーは反応しきれていなかっただけに。

それにしても、このお写真を見てもわかっていただけると思いますが、やっぱり、中澤佑二さんは偉い!!

しっかり、誰よりも早くゴール前に詰めていますよね。

元旦国立での決勝点は、ボンバーヘッド!!

ですね、きっと。

サッカーの神様は知っているはずです。
posted by とりこ at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック