2014年08月14日

強いクラブはアディッショナルタイムに

柏レイソル戦でのアディショナルタイムは5分もありました。

柏レイソル戦でのアディショナルタイム5分

5分もあれば、わくわくするようなプレーの一つや2つはあるものなんでしょうが。

横浜F・マリノスは、さっぱりでした。

悲しいよ〜

本当に強いチームなら、こういう最後の最後で粘り強さを発揮できるものなんでしょうけど。

入場者数も24,544人。

柏レイソル戦入場者数24,544人

夏休みだけど、ナイターだから?

天気があまり良くなかったから?

それとも、横浜F・マリノスも柏レイソルも下位、中位だから・・・?

横浜F・マリノスの選手たちがゴール裏でブーイングを浴びでメインスタンド側に戻ってくるとき・・・

横浜F・マリノスの樋口監督の表情は、こんなかんじでした。

柏レイソル戦試合終了後の樋口監督

何やら思案しているみたい。

インタビューでどう答えようかなあ?

本当に勝てないなあ?

去年と何が違うのかなあ?

どんなことを考えていたんでしょうね。

コーチ陣の方を見て・・・

おい、どうする?

柏レイソル戦試合終了後の樋口監督

posted by とりこ at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック