2014年10月19日

負けられないそれぞれの理由:清水エスパルス編

若くて将来有望な選手が結構いる感じの清水エスパルスなんですけどね。

横浜F・マリノスとの試合を見ていた感じでは、あまりい感じではなかったですね。

やはり、かなりプレッシャーを感じているんでしょうね。

自分を信じ、仲間を信じ、前を向いて全力で闘い、勝利を掴もう!!

自分を信じ、仲間を信じ、前を向いて全力で闘い、勝利を掴もう!!

最後まで清水の誇りを胸に共に闘おう!
最後まで清水の誇りを胸に共に闘おう!

J1死守絶対残留!!
J1死守絶対残留!!

生涯J1
生涯J1

ジュビロ磐田や清水エスパルスといった、かつてサッカー王国静岡と言われたちい行きのクラブがこんなに苦しんでいるのは、ちょっと不思議です。

ジュビロ磐田には奥大介さんも在籍していたし、清水エスパル氏には、現ガンバ大阪長谷川健太監督もいたし・・・

今のJリーグは、まさに横並びで実力差がないのでしょうね、J1もJ2も。

だから、天皇杯も波乱だらけ。

横浜F・マリノスも今残っていれば、連覇の確率はグッと上がっていたのに・・・・



posted by とりこ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック