2016年03月05日

飛び道具、蜂の一刺、死んだふり

いろいろと言いたいことがいっぱいある今日の試合でした。

横浜F・マリノスとアビスパ福岡とのいろいろある因縁対決。

悔しけれど、全体的にはアビスパ福岡の選手たちの方が気持ちの入ったプレーをしていた気がします。

前半の横浜F・マリノスは死んだふり?

ほとんどの選手が走らない。

齋藤学くんでさえ、あまり動かない。

伊藤翔くんだけ、サイドに開いたり、中盤まで降りてきたり・・・

ほかの選手が動かないからなんでしょうが、それはそれで、一体誰が点を取る人?

って、言いたくなるちぐはぐさ。

ホーム開幕戦と同じちぐはぐな感じ。

まあ、補強も依然としてないわけだから、ネ。

社長があんなことを言ったものだから、選手たちも腐っちゃっているのかしら。

でも、繰り返しますが、依然として補強はありません。

それが現実。

ホーム開幕戦と違ったのは、今日が2016年開幕になる選手の一振りで試合結果が変わったことだけ。

飛び道具は素晴らしいけれど、それ以外はあまりよくなかったのが正直な印象です。

アビスパ福岡だから、蜂の一刺といった方がいいかしら。

中村俊輔くんも、ミスが多かったなあ。

失点もボンバー中澤佑二さんのファール、ボンバーの競り負けからだったし。

悶々とした気持ちはなかなか晴れません。

横浜F・マリノス

それでも、横浜F・マリノスを応援します。

信じて。

今日は寝よっと。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。