2016年08月14日

ストイコビッチさんの気持ちが少しわかったような気がしました

昔、イエローカードを突き付けられたストイコビッチさんが、レフリーからそのイエローカードを取り上げて逆にレフリーにつきつけたシーンがあったと聞いています。

非紳士的行為ですよね、明らかに。

でも、その時のストイコビッチさんはよっぽどレフリーにいたいことがあったんでしょうね、きっと。

昨日の三ツ沢での横浜F・マリノスと大宮アルディージャの試合を見ていて、少しそんなことを思ってしまいました。

横浜F・マリノスのサポーターからも、大宮アルディージャのサポーターからもブーイングが聞こえました。

今日の試合だけでなく、いつも不安定なジャッジをする気がするのは気のせいでしょうか。

レフリーもいろいろ指摘しあって高めあっているとは聞きますが・・・


レフリー批判的なことを書くのはよいことではないと思いますが、両チームとも選手は必死に戦っているんだから、レフリーだってもっと必死にやってほしいと思って・・・



そんなやや荒れた試合の中で出された1枚のレッドカード。

サッカーの神様はむごいことをするものです。

喜田拓也くん、レッドカード1枚くらいどうってことないさ。
横浜F・マリノス喜田拓也

サッカー人生はまだまだ続くよ!!

ボンバー中澤佑二さんだって、喜田拓也くんのせいじゃないって言ってるよ!

posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック