2007年06月09日

良くも悪くも、線審疑惑の判定

ちょっと、オーバーなタイトルですみませんね。

今日の横浜F・マリノスとジェフ千葉との一戦を観戦してそう思いました。

試合開始早々、マリノスの先制かと思ったら、オフサイドでノーゴール。

また、ところところで、エッと思う判定が線審のフラッグによって。

マリノスのゴールに向かって右側の線審のフラッグは、微妙でしたね。

栗原くんもすっごく本気で線審に噛み付いていましたね。

試合終了間際には園先進のフラッグに助けられた感じも否めないですが。

それにしても、今日の試合、日本のレフリーの技術力に「渇」っていいたくなるような場面が多かったような気がします。

最近、こんな気持ちが多いかなあ。

ジェフのサポーターも後味悪かったんじゃないかなあ。

それにしても、今日は河合さんが、すっごく頑張っていましたね。

今日の私の中でのヒーローは、河合さん。

持斎には、マンオブザマッチには、哲ちゃんが選ばれていましたけれどね。

吉田さん、2枚のイエローで次節は、休憩タイムですね。

那須くん、前半はもっと勝負できましたよネ。遠慮しすぎだヨ。

大島さん、本当にバーやポストを狙うのがうますぎます。
でも、良く頑張って試合を面白くしてくれていました。

坂田くん、遠目からのシュートを打つ、気持ちが感じられて良かったです。

逃げ切りがちで、何となく、強い頃の横浜F・マリノス復活の予感?
posted by とりこ at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック