2019年04月07日

途中出場が多いけれど腐らずに取り組んでいる成果

浦和レッズ戦での、陰の殊勲者を選ぶとすれば、私は遠藤渓太くんをあげたいと思います。

横浜F・マリノス背番号11遠藤渓太くん
横浜F・マリノス背番号11遠藤渓太

今期は途中出場ばかりになっていますが、腐ることなく必死の思いをぶつけてくれたように見えました。

以前は、何となく、気持ちを見せきれないプレーが目立っていたように感じましたが、浦和レッズ戦では、取られたボールもあきらめずに奪え返す粘り強さや、ド根性がとてもよく表れていたように思います。

エジカルジュニオールくんも怪我してしまって、手薄になった横浜F・マリノスの攻撃陣。

背番号11にはもっともっと輝いてほしいと思います。


posted by とりこ at 22:11 | Comment(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。