2008年05月03日

横浜F・マリノスに関する諸刃の剣

今日の横浜F・マリノスの試合を見ていて、思いました。

諸刃の剣。

この言葉が頭によぎりました。

1.左サイド

攻撃においては、非常に有効な小宮山くんと田中裕介くんのペアー。

ところが、一転、攻撃的になりすぎて、守備体系として手薄になる場面が。

そこをうまくつかれて、失点につながったり、ミスでトーンダウンしたことが目に付いた気がしました。


2.ロペス

ボールに対するキープ力は、能力も高く、うなづけます。

しかし、自分でボールを持ち過ぎてパスを出さずに、遅攻になってしまい、絶好のチャンスをつぶしていた気がします。

せっかく、速いパス回しで相手の守りが乱れているうちにゴールを、と思っても、時間をかけていたのでは。

清水、坂田のスピードある選手の投入も、チームとしてのまとまりがなく、効果が発揮できていなかった感じ。

私なりの分析です。

悔しい。

栗原勇蔵日本代表栗原勇蔵

この人、栗原勇蔵くんも、本調子ではなかったかな。

弱気なバックパスから、相手にチャンスを与えて失点、というミスもありましたし。

悔しい。


posted by とりこ at 22:22 | Comment(1) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
思い出しましょう。

あのダービーのこと。
Posted by マリノス応援団 at 2008年05月04日 07:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クラシコ
Excerpt: 3−2でLOSE ゲームは盛りあがってたけどね バイタルエリアでの致命的な判断ミスを連発 それを逃さなかった緑のタヌキの集中力 ...
Weblog: 精神科病棟24時 〜クワイエットルームへようこそ〜
Tracked: 2008-05-04 19:18