2008年05月26日

ナビスコカップアルビレックス新潟戦翌日

昨晩は、自分でも横浜F・マリノスへの大きな期待の反動が...

ということで、途中で投げ出してしまった感がありました。

改めて。

横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟

スタンドが、下から、青、白、赤とトリコロールカラーで染められ、サポーターの熱気も試合開始前から、むんむん。

この「青」。

実は、昨年も横浜ダービーを盛り上げる際に使用したもの。

良く、とってありましたね。

エコですね。

地球に優しいサポーターですね。

この写真でもわかるかも知れませんが、「Scramble Attack」って、書いてありますよね。

昨年のスローガン。

私も気に入っているものです。

これを見たときに、おっ、今日は、がむしゃらにやってくれるんじゃなかろうかと思ったくらい。

がむしゃらにやってくれた選手ももちろんいました。

ロニー、水沼宏太選手は、必死になってやってくれた気がします。

でもね。

でも、と言いたいです。

チームとして、みんながまとまって走っていない。

パスをどこに出す、パスをどこで受ける。

だから、ここに走る。

という、気落ちがひとつになっていない気がしてしょうがありません。

私みたいな素人が見ても、です。

スタンド感染していた、子供たちが、ハーフタイムにトイレ付近で言っていました。

「ぜんっぜん、点が入る気がしねえよなあ。」

「何しようとしているのか、わかんねえよ。」

「どうして、サイドを崩されているばかりで崩そうとしないんだろう。」

何か、こういう声を聞いて、なおさら、ガックリ来ました。

小学生にもそう見えちゃうようなサッカーでいいんだろうか、と。

子供たちに夢を与えられないサッカーでいいのだろうか、と。

監督は、どう思っているのでしょう。

途中、監督が動こうとする姿はほとんど無かった様に思います。

サッカーが好きになるような試合を、是非お願いします。

観客動員を気にする、フロントさん。

いろんなイベントに苦心していらっしゃいますが、基本に戻って、まずは足元を見直してはいかがでしょうか。

マンチャスターユナイティッド、確かに強いです。

でも強いだけではなく、見ているものに楽しさを感じさせてくれています。

サッカーが好きになるように。
posted by とりこ at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック