2017年03月21日

古巣相手にも臆することなくトリコロール魂を見せた

古巣アルビレックス新潟のホニ選手に背後から両手で捕まれようとも・・・
アルビレックス新潟ホニと横浜F・マリノス松原健、中澤佑二

倒れることなく、振り払って勝負に燃える男、横浜F・マリノスの松原健くん。
アルビレックス新潟ホニと横浜F・マリノス松原健、中澤佑二

交代を告げられた時には、ちょっと不満そうでしたが、モンバエルツ監督も、コーチ陣もそろってお出迎え。
x横浜F・マリノス松原健とエリクモンバエルツ監督

労を惜しまぬ活躍ぶりをしっかりたたえていました。

もっともっと、これから活躍してくれそうな気がします。

2017年03月20日

カムバック!横浜F・マリノスのボランチキング

背は決して高くはないけれど・・・

俳優さんやアイドルのようなかっこよさとは違うけれど・・・

やっぱり、横浜F・マリノスには必要な人材です。

背番号5喜田拓也くん。
横浜F・マリノス背番号5喜田拓也

喜田拓也くんがいる時といない時とで、中盤からの展開が明らかに違って感じられます。

背番号10でキャプテンの齋藤学くんい注目が集まっていて、日本代表に呼ばれないのはおかしい。

ハリルホジッチの目が節穴。

そういわれるのもわかりますが、喜田拓也くんの味ももう少しわかってほしいなあ。

地味だけれど、あのボールを刈り取る力の切れ時、鋭さは、やっぱり男を感じます!!

ボランチキング!喜田拓也!!

2017年03月19日

横浜F・マリノスが勝てない理由。それは相性?

相性というのは、やっぱり、あるんですかね・・・

昨年のホーム最終節、横浜F・マリノスvsガンバ大阪戦。


勝てそうで勝てなかったこの試合の第4審判も、昨日の主審と同じでした。

第4の審判員 荒木友輔

第4の審判荒木友輔さんと横浜F・マリノスマルティノスくん。
第4の審判荒木友輔と横浜F・マリノスマルティノス

主審は、家本政明さんでしたが。

昨日は、この方が主審でしたが、横浜F・マリノスゴール裏は、試合終了後にブーイングを浴びせていたように感じました。

試合前には、日産スタジアムの芝の具合が少し気に入らなかったようで、チェックしていました。
日産スタジアムの芝が不満?な荒木友輔主審

何が不満だったのかしら。

そして、マリサポの間では、都市伝説になってしまっているもう一人の方。

かわいらしいし、子供たちにも絶大な人気を誇るお方なのですが・・・

ピカチュウさん。
ピカチュウ

胸?お腹?には、「ポケモンセンターヨコハマは横浜F・マリノスを応援しています」といいこと掲げてくださっているのですが。
私には、毎度「ポケモンモンスター」に見えてしまいます。

早く、良いお仲になりたいなあ。

2017年03月18日

いいたいことはいっぱいあるけれど・・・

アルビレックス新潟相手のサッカーの試合でしたよね、今日の横浜F・マリノスは。

でも、試合終了とともに・・・

横浜F・マリノス中町公祐くんは、思うところがあったのでしょうがよく我慢しました。
アルビレックス新潟戦での横浜F・マリノス中町公祐

私も、いろいろ叫びたいことはいっぱいあるのですが・・・

今日はやめておきます・・・・・・・・




2017 明治安田J1 第4節 横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟

2017 明治安田J1 第4節 横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟

今年初めて、日産スタジアムにビッグピカチュウがお目見えするので、ハラハラドキドキとともに、わくわくの期待もあります。

怖いもの見たさみたいな・・・

子供たちに人気のピカチュウも、日産スタジアムで登場するときには、マリサポの胸騒ぎを誘ってしまうことは、知る人ぞ知る都市伝説・・・

ですね。

でも、それも2016年で終わり、としましょう。

あのかわいらしさを純粋な気持ちで見つめられるように・・・


2017年の横浜F・マリノスも大きく生まれ変わっています。

ミロシュデゲネクくんも、オーストラリア代表として、しばらく横浜F・マリノスから離れなければいけないかもしれません。
DSCN8604-ANIMATION.gif



誰が出ても、横浜F・マリノスの力をひとつに闘い続けること。

目の前の1試合1試合を大事に、必死に戦うこと。

サッカーをできるありがたさをしっかり感じること。



いろいろな思いを胸に、今日も日産スタジアムで横浜F・マリノスを応援しましょう。