2017年03月12日

ルヴァンカップセレッソ大阪戦でこの男にとっての2017開幕!!

今年初めてのニッパツ三ツ沢球技場で行われたコンサドーレ札幌戦では、こんなところから試合を見つめていましたね、横浜F・マリノスの番長栗原勇蔵くんは。

横浜F・マリノス中島賢星くん、金井貢史くん、山中亮輔くん、仲川輝人くん、栗原勇蔵くん。
横浜F・マリノス中島賢星、金井貢史、山中亮輔、仲川輝人、栗原勇蔵

同じ三ツ沢球技場でも、こういう風にピッチの中で活躍する姿がやっぱりお似合いですよ。
横浜F・マリノス中澤佑二、栗原勇蔵

水曜日のルヴァンカップでは、思いっきりピッチの中で暴れてくださいませ!

大学生相手だけでは物足りないでしょうから。

いっぱい、いっぱい期待していますよ。

2017年03月11日

2011 0311 1446

今でも思い出されるこの数字の並び。

2011年3月11日14時46分。

何が起きたのかわからず、信じられない揺れ。

そして、次の瞬間近くのビルから立ち上る煙。

この東日本大震災の被災地の思いをしっかりとしょって闘ったのでしょうか。

鹿島アントラーズの選手の方が気持ちが入っていたように見えました。

悔しいことですが、昨日の鹿島アントラーズ戦では、相手の気迫に真正面から戦いを挑んでいく気持ちの強さがあまり感じられませんでした。

横浜F・マリノス齋藤学くんの欠場は確かに痛かった・・・

でも、それだけではないような気もしました。

開幕2連勝で浮かれている場合ではなかったかもしれません。

2試合連続3得点で、何にか勘違いしそうなところを、サッカーの神様がたしなめてくれて様な気がしました。

齋藤学くんは開幕戦、第2節とピッチの中で周囲の選手といろんな話をしていました。

でも、昨日の試合ではあまり横浜F・マリノスの選手同士が話すシーンは見られなかった印象。

この点が、どうしてなのか・・・

選手たちの気持ちに問題があるのか・・・

モンバエルツ監督の采配も、ちぐはぐな気がしました・・・


強く速くゴールを襲う
強く速くゴールを襲う 横浜F・マリノス伊藤翔

 横浜F・マリノス伊藤翔くんも、気持ちばかりが急いている感じ・・・

相変わらず、シュートモーションも大きかったなぁ・・・

もっとモーションを小さく速くすると、キーパーも守りにくいと思うんだけどなぁ・・・

2017年03月10日

2017 J1 第3節 鹿島アントラーズvs横浜F・マリノス

2017 明治安田J1 第3節 鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス

やっぱり、横浜F・マリノス齋藤学くんがいません・・・

でも、金井貢史くんが復活!!
横浜F・マリノス金井貢史

そして、今シーズン初めて伊藤翔くんが先発。というか、初めてのピッチ、ですね。
横浜F・マリノス伊藤翔

さらに・・・

初めてといえば・・・

番長、栗原勇蔵くんも今季初めてのベンチ入り。
横浜F・マリノス栗原勇蔵

どこまでも走れ〜



なんか、わくわくします。

苦手な鹿島アントラーズ相手ですが、思いっきりやってほしいと思います。

マリノス君と横浜F・マリノスゴール裏サポーター


横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉 大樹
DF27松原 健
DF22中澤 佑二
DF34ミロシュ デゲネク
DF13金井 貢史
MF5喜田 拓也
MF14天野 純
MF25前田 直輝
MF33ダビド バブンスキー
MF20マルティノス
FW16伊藤 翔

【控え】
GK31杉本 大地
DF4栗原 勇蔵
DF28高野 遼
MF8中町 公祐
MF18遠藤 渓太
FW7ウーゴ ヴィエイラ
FW17富樫 敬真

鹿島アントラーズ
【先発】
GK1クォン スンテ
DF24伊東 幸敏
DF5植田 直通
DF3昌子 源
DF16山本 脩斗
MF40小笠原 満男
MF4レオ シルバ
MF25遠藤 康
MF8土居 聖真
FW33金崎 夢生
FW7ペドロ ジュニオール

【控え】
GK21曽ヶ端 準
DF17ブエノ
MF6永木 亮太
MF13中村 充孝
MF20三竿 健斗
MF30安部 裕葵
FW9鈴木 優磨




健在!横浜F・マリノスレフティ

2017シーズンが始まって2試合が終わりましたが、この2試合を見て、ピッチを縦横無尽に90分走り続けている選手がいます。

横浜F・マリノス背番号14天野純くんです。
横浜F・マリノス背番号14天野純

スタミナがついてきて、ボールを蹴った後もしっかり走り続けています。

ワンツーのときもそうですし、見方からパスが出てこない時模擬精神あふれるプレーが随所にみられるようになってきています。

相手のファールをゴール近くでもらう場面もみられます。

ボールをセットする横浜F・マリノス中澤佑二さんとファールを受けた天野純くん。
横浜F・マリノス中澤佑二と天野純

セットプレーのキッカーはどちらかといえば、味方にドリブルなどでゴール近くでファールをもらう動きを要求して、自分は怪我を恐れてそういうプレーは避けそうなものですが・・・

味方へのスルーパスもフリーキックもいろいろと期待を持たせてくれています。
横浜F・マリノス天野純

鹿島アントラーズ相手にしても、その気持ちをしっかり出してほしいと思っています。

そして、勝ち点3をもぎ取りましょう!!

2017年03月09日

横浜F・マリノス守備陣とコンサドーレ札幌兵藤慎剛くんの対決

コンサドーレ札幌は一人一人がやる気にみなぎっていました。

そんな選手たちをキャプテンとしてまとめる兵藤慎剛くんはやっぱり、さすがです。

攻守に兵藤慎剛くんが目立っていました。

ボールの行方を見つめる、コンサドーレ札幌兵藤慎剛くんと横浜F・マリノス新井一耀くん。
DSCN8316.JPG

横浜F・マリノス松原健くんと、コンサドーレ札幌兵藤慎剛くんの一騎打ち。
DSCN8321.JPG

横浜F・マリノスの選手はみんな、兵藤慎剛くんにやられまいと必死にゴールを奪い合っていました。

どちらも正々堂々とガチンコバトルで、見ていて面白かったです。