2016年07月24日

つくづく横浜F・マリノスには勝ってほしかったなぁ〜

横浜F・マリノスも、ジュビロ磐田も、結構後先考えずに突っ走る、前向きなサッカーでしたね。

でも、結果は、1-1のドロー。

点が入りそうで入らない。

失点を防げそうで防げない、よくわからない試合でしたね。

榎本哲也くんは偉かったなあ。

試合終了後には、攻めの職人である二人の外国人をヨシヨシとなだめていました。

横浜F・マリノス榎本哲也くんに頭を撫でられるカイケくんとマルティノスくん。
横浜F・マリノス榎本哲也、カイケ、マルティノス

縦に速いサッカーを志向するモンバエルツ監督と、遅攻という選択肢ももっと取り入れるべきと考えるキャプテン中村俊輔くん。

それぞれの選手たちの思いが、ちょっとずつだけどずれていて、結果に結びついていない気がします。

パスを出すべきところ、シュートを打つべきところのズレも。

サッカーって、むずかしいものですね、やっぱり。

ラベル:マリノス 横浜

またも横浜F・マリノス悪い癖?初ゴール献上

横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田

どうしてこうなっちゃうのかなあ。

またも、相手選手に記念すべきJリーグ初ゴールを献上してしまいましたね、横浜F・マリノスは。

これまでも結構多い印象でしたが・・・

今日の試合は、2点目を取れなかったのが痛かったとみる人がきっと多いんでしょうね。

横浜F・マリノスの守護神榎本哲也くんの頑張りも報いられず・・・

モンバエルツ監督の目には、先発選手の息切れが見えなかったんでしょうね、今日も。

2ndステージ3連勝は、相手チームのめぐりあわせが良かったことが大きく、何となく、化けの皮がはがれてきてしまったと後ろ向きに感じるのは私だけでしょうか・・・

横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田 1-1

横浜F・マリノス vs ジュビロ磐田


横浜F・マリノス
【先発】
GK1榎本 哲也
DF13小林 祐三
DF22中澤 佑二
DF5ファビオ
DF24金井 貢史
MF28喜田 拓也
MF8中町 公祐
MF20マルティノス
MF10中村 俊輔
MF11齋藤 学
FW9カイケ

【控え】
GK21飯倉 大樹
DF4栗原 勇蔵
MF7兵藤 慎剛
MF29天野 純
MF18遠藤 渓太
FW19仲川 輝人
FW16伊藤 翔

ジュビロ磐田
【先発】
GK31志村 滉
DF44パパドプーロス
DF3大井 健太郎
DF35森下 俊
DF2中村 太亮
MF40川辺 駿
MF13宮崎 智彦
MF9太田 吉彰
MF4小林 祐希
MF15アダイウトン
FW8ジェイ

【控え】
GK1八田 直樹
DF5櫻内 渚
DF33藤田 義明
MF7上田 康太
MF11松浦 拓弥
MF23山本 康裕
FW20森島 康仁


2016年07月23日

2016 J1 2ndステージ第5節 横浜F・マリノスvsジュビロ磐田

2016 明治安田J1 2ndステージ第5節 横浜F・マリノスvsジュビロ磐田

途切れぬ心で、守り抜く
途切れぬ心で、守り抜く

今日は、あまり攻められるシーンを想像したくはありませんが、ここのところ点も獲れる変わりに失点も少なくないイメージですので、榎本哲也くんの頑張りには期待したいところです。

がんばれ〜横浜F・マリノスの守護神、榎本哲也くん。
横浜F・マリノスの守護神、榎本哲也

決まってるね!
横浜F・マリノス榎本哲也

20131229026.jpg

どんな逆境も乗り越える
どんな逆境も乗り越える

そうです。

これまでだって、いろんなことがありました。

レギュラーから外れたこともありましたが、腐らずに頑張ってくれましたよね。

今日も榎本哲也くんが死守して完封勝利だね。
横浜F・マリノス榎本哲也


2016年07月22日

ゴールは好きですか?

横浜F・マリノスを愛するサポーターの表現方法はいろいろ。

でも、気持ちは一つなんじゃないでしょうか。

ピッチの中で横浜F・マリノスの選手たちが躍動する姿が、ただただみたい。

そして、苦しみながらもゴールを手に入れる姿を間近で見てみたい。

そんなところでしょうか?


I like Cola You like Goal
I like Cola You like Goal

ホームだぞ
ホームだぞ

日産スタジアムの横浜F・マリノスゴール裏
横浜F・マリノスゴール裏

ニッパツ三ツ沢球技場の横浜F・マリノスゴール裏
横浜F・マリノスゴール裏

いつもいつも、ゴール裏は、横浜F・マリノスを熱く盛り上げています。

2016年07月21日

サイドバックって、難しいね

サッカーって、ゴールという枠の中にボールを入れるゲームで、結構単純だと思うのですが、意外と奥深いですよね。

攻めと守りの二つがあるのでしょうが、だからといって片方だけ、というわけでもないのも難しいところでしょうね。

フォワードは攻め。

センターバックは守り。

そう、単純にいかないですよね。

セットプレーもあるし。

サイドバックは、なおさら難しいポジションだなあ、と最近そう思うことが多いです。

下平匠くんが怪我でいませんし。

去年までであれば、ミキッチ選手を完ぺきに封じ込めた奈良輪雄太くんもいましたが端戸仁くんと一緒に湘南ベルマーレに移籍しちゃった。

天野貴史くんや比嘉祐介くんもいたのですが、今年は、小林祐三くん、金井貢史くんだけ。

三門雄大くんも、サイドバックができましたが、アビスア福岡に移籍してしまいましたよね。

新井一耀くんもこなしましたが、やっぱり、本職じゃないと難しいですね。

遠藤渓太くんも、だし。

カップ戦で登場した、高野遼くんは面白そうですが。


攻めの時は思い切りが必要なポジション。

それでいて、センターバックと一緒に、守りの時は、サイドから攻撃されないように相手に寄せなければいけない。

スタミナは絶対に必要です。

そして、相手にビビっていてはできないよね。

ズルズル下がるのも見たくありません。


そう考えると、結構見る目が厳しくなってしまうポジションがサイドバック。

非難を浴びやすいですが、やりがいあるポジションなので、頑張ってほしいなあ。

ね、横浜F・マリノスの右サイドバック、小林祐三くん。
横浜F・マリノス小林祐三

KOBAYASHI YUZO 13 小林祐三
横浜F・マリノス小林祐三
ラベル:サイドバック