2016年07月11日

横浜F・マリノスセンターバック同士の堅い握り

堅い契り?

いえいえ、がっしり握手していました。

元横浜F・マリノスのセンターバックと、現横浜F・マリノスセンターバックの握手。

アビスパ福岡井原正巳監督と横浜F・マリノス栗原勇蔵くんが、試合終了後にしっかり握手でごあいさつ。
アビスパ福岡井原正巳監督と横浜F・マリノス栗原勇蔵

井原正巳さんはやっぱり紳士ですね。

自分から、横浜F・マリノスのベンチサイドにやってきて、大勢の方々と握手していました。

さすが、ジェントルマン。

アビスパ福岡には、これから先は頑張ってほしいと思います。

もう、横浜F・マリノスとの試合はありませんから。


あ、でも、YBCルヴァンカップ決勝では激突するかもしれませんね。

決勝は、日産スタジアムではなくて、埼玉スタジアムなのがイマイチ・・・

2016年07月10日

横浜F・マリノス齋藤学くんがホームでの勝利を引き寄せましたね

審判の不安定な判定が多かった点はいろいろ感じましたが、ホームでの勝利はやっぱりいいもんだと改めて実感しました。

アビスパ福岡の最初の決定機で決められずに本当によかったです。

我らの横浜F・マリノスは、齋藤学くんが相手選手を蹴散らしそのままドリブルで攻め込んでシュートを決めて先制!
齋藤学のゴールを喜ぶマルティノス、富樫敬真

この先制弾ががらりと流れを変えてくれました。

最初にピンチを運良くしのぎ、齋藤学くんがしっかり決めてくれた。

この違いが勝負を決した感じでしたね。

得点後のお写真のシーンでは、富樫敬真くんに齋藤学くんが圧死させられないかと、ちょっと心配してしまいました。

マルティノスくんもサンドイッチされてました(してました)けれど・・・

とにかく、ホーム日産スタジアムで久しぶりに勝利できてよかったです。

2016年07月09日

横浜F・マリノス中村俊輔 vs アビスパ福岡三門雄大

2016 明治安田J1 2ndステージ第2節 横浜F・マリノスvsアビスパ福岡


横浜F・マリノスゴール裏

このときは、三門雄大さんは、まだ横浜F・マリノスの一員でしたね。
平井将生と三門雄大

でも、今日は、この写真に写っている平井選手と同じアビスパ福岡の一員になっているんですね。

正々堂々といい勝負をしてほしいですね。

まだ三門雄大さんは、アビスパ福岡では正式な扱いをされていないみたいですね。

4 三門 雄大 MIKADO Yuta



ちょっと、かわいそう。

横浜F・マリノスでは、このように紹介されていましたよね。

無限に走り勝利に徹する
無限に走り勝利に徹する

今日は、無限に走られても困っちゃうけれど・・・

中村俊輔くんと三門雄大くんのガチンコ勝負が楽しみです。

中村俊輔くん、ケガから復活してくれますよね?
中村俊輔

子供たちに大人気のピカチュウ、横浜F・マリノスホームに現る?!

今日もピカチュウが日産スタジアムにやってきます。

子供たちに大人気!

ピカチュウ一家




しかも、横浜F・マリノスのホームでの試合だから、青ユニ。

いろいろと、複雑な思いになったしまうのは私だけでしょうか?

ここで、これまでの青ユニ、ピカチュウから連想される流れを変えましょう!!

そうすれば、正真正銘、いろんな人(特に、マリサポ)に愛されるピカチュウに変身!!

です。




こんなにおおきなピカチュウはそうそうみられない!
ピカチュウ

お願いだから、ピカチュウさん、勝利の女神でいてください!!

大きなピカチュウを後ろから見ました。
ピカチュウ

尻尾も大きい!



ところで、雨でもピカチュウさんは来るのかしら・・・



2016年07月08日

古巣との闘いで、闘志の火花を放つ


いよいよですね、横浜F・マリノスとアビスパ福岡とのホーム日産スタジアムでの対戦。

わたくしは、この人に注目です。

闘志の火花を放つ
闘志の火花を放つ 横浜F・マリノス中町公祐

2試合連続ゴールもいいもんですよ!

しかも、アビスパ福岡という古巣相手に恩返し弾!!

期待が膨らみますね、横浜F・マリノス中町公祐さん。
横浜F・マリノス中町公祐