2015年08月30日

誰が何と言っても中村俊輔くん

浦和レッズに完勝でしたね。

今日の横浜F・マリノスは。

その流れを作ったのは、中村俊輔くんの神業フリーキック。

また、お写真は載せますよ。

今日は、この1枚。

夢ある限り道は開ける 中村俊輔

夢ある限り道は開ける


まさに、ザ・中村俊輔。

モンバエルツ監督も認めてくれたでしょう。

そして、日本代表ハリルホジッチ監督も?!

日本代表ハリルホジッチ監督


posted by とりこ at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2015年08月29日

天気は良くないけれど、悪くもない?

まだ3万人には届いていませんが、あと少し。

お友達を誘って日産スタジアムに応援に行きましょう。

さあ、私も出発!!

横浜F・マリノスの4連勝を信じています。

浦和レッズに圧勝!!

兵藤慎剛くん、どうしたのかなあ。

横浜F・マリノス兵藤慎剛


posted by とりこ at 12:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2015年08月26日

アウェイゴール裏2階席は開くの?

今週末にホーム日産スタジアムで行われる横浜F・マリノスと浦和レッズの対戦(大戦?)が近づいてきています。

1stステージの借りをしっかり返さないといけないですよね。

その浦和レッズ戦の前売りチケットの販売状況ですが、「発券枚数24,413枚」で、ちょっとお寒い状況です。

このままでは、アウェイゴール裏2階席は開かずの扉になりそう。

まあ、赤い人達が飛び跳ねて、日産スタジアムを金属疲労にしそうになるのも嫌なので、このままでもいっかって気もしますが。

でも、やっぱり、このカードでこの状況では盛り上がらないですよね。

Jリーグの人気に陰りが見えてきている?

小手先の2シーズン制ではダメと事なのでしょうか???

と、色々と考えてしまいますが、相手がどこであれ、横浜F・マリノス自体がもっと魅力ある試合押しないといけないということの現れかもしれません。

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

まだまだチケットはあります。

日産スタジアムに足を運びましょう。

夏休み最後の思い出に。


posted by とりこ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2015年08月25日

中村俊輔選手 7月度月間ベストゴール表彰

楽しみですね。
浦和レッズを相手にして、このタイミングで表彰。
さすが、横浜F・マリノスの中村俊輔くん。
横浜F・マリノス中村俊輔
日産スタジアムをトリコロールで染めて、浦和レッズを迎え撃ちましょう。
20150425012.jpg
つづきはこちら

posted by とりこ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2015年08月24日

敢えて失点シーンを振り返ります

本当は、3試合連続完封勝ちが良かったと想うのは私だけでしょうか。

贅沢ですかね。わーい(嬉しい顔)

サガン鳥栖に早々とやられたシーンは、ちょっと悔やまれます。

左サイドバックの下平匠くんが相手に整体してズルズルと下がり続けて、間合いを狭めること無いまま。

あっという間に、早いクロスを上げられたことがその始まりでした。

横浜F・マリノス下平匠

中村俊輔くん不在時には、セットプレーのキッカーも務めるくらい、攻撃はいい時があるんですけどね。

横浜F・マリノス下平匠

ヘディングも強いですし。

攻撃は、まさに「勝利へと突き抜ける」気持ちを見せてくれる時もある、おとなしい関西人で、好きなんだよね〜。

横浜F・マリノス下平匠「勝利へと突き抜ける」




一方、そのクロスにボールウォッチャーとなって、背後からサガン鳥栖の谷口博之くんが覆いかぶさってくるのがわからず、やられてしまったのが、小林祐三くん。

横浜F・マリノス小林祐三

この時の下平匠くんと一緒で、まもりの時はズルズル下がるのはいつも見られるシーンですが、この試合ではヘディング勝負であっさり撃破されてしまいました。

とっても、悔しかったでしょうね。もうやだ〜(悲しい顔)

谷口博之くんは、それにしてもいつもヘディングが旨いですね。

小林祐三くんも最近は、攻撃的に前に進むシーンが増えてきて攻めの姿勢は出てきているなあ、と感じています。

以前は、絶対にドリブルで前に進まないし、1対1で勝負しないし、相手が前にいるとバックパスしか考えなかったし、といらいらするシーンも多かったですが。

「進撃あるのみ」のキャッチフレーズがお似合いになってきましたね、ここ数試合。

進撃の巨人??

横浜F・マリノス小林祐三「進撃あるのみ」

クロスを上げるシーンも増えてきた感じ。

横浜F・マリノス小林祐三

というわけで、ふたりとも、まだレベルアップして欲しい点はありますが、まだまだ上手くなれる点があるということを前向きに捉えてチャレンジ中なんだと思います。

だって、モンバエルツ監督は、比嘉くんや奈良輪くんを使う気はないんだから。

期待してますよ、両サイドバック!!



posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |