2011年10月18日

久しぶりの横浜F・マリノスのファンサービス

お久しぶりですね。

今日は、予定通りならば、横浜F・マリノスのファンサービスがありますね。

というわけで、知ってる方は知っているでしょうが。

横浜F・マリノスのファンサービスエリアのマナー

横浜F・マリノスのファンサービスエリアのマナーです。

しっかり覚えておいてくださいね。

2011年10月17日

もっともっと横浜F・マリノスを応援しよう

サンフレッチェ広島との対戦での入場者数は・・・

入場者数20174人

20174人。

次は浦和レッズとの戦いです。

ホームは横浜F・マリノスです。

真っ赤にされてはたまりませんよね。

もっともっと、横浜F・マリノスをみんなで応援しましょう。
ラベル:横浜 マリノス

2011年10月16日

木村和司監督とペトロビッチ監督

横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島との対戦は1−1のドローに終わりました。

でも、木村和司監督とペトロビッチ監督の両監督とも自分たちのサッカーがある程度できたという感じだったらしいです。

ペトロビッチ監督と木村和司監督

不思議なもんですね。

「戦蹴楽」シリースと銘打った試合でしたが、確かに選手の頑張りは伝わって来ました。

中村俊輔くんも味方の動きをマリノス君と共にじっとが我慢しながら見つめていました。

中村俊輔とマリノス君

まだ、コンディションが完璧ではないからしょうがないんでしょうね。

そして、スコアレスで試合も終盤になって、いよいよ登場。

天野貴史と交代する中村俊輔

天野貴史くんは、それまで本当に必死になってピッチを縦横無尽に走っていました。

偉い!!って、思いましたよ、本当に。

中村俊輔くんが途中から入って、ボールを上手く散らすようになって、兵藤慎剛くんがヘディングで決めてくれました。

兵藤慎剛くんの先制点!!
横浜F・マリノス兵藤慎剛くんの先制点

あとで、大黒将志さんの得転に修正されたみたいですが・・・

控え選手達も含め、横浜F・マリノスのみんなで喜んでいましたね。
得点を喜ぶ横浜F・マリノス

でも、あともう少しで試合終了という時間帯に悪夢が・・・

最近、飯倉大樹くんがなかなか起き上がれないシーンが目に焼き付いてしまって・・・

失点で起き上がれない飯倉大樹

飯倉くん。ショックはよくわかるけど、後ろからみんなにハッパをかけてちょうだい。

まだ、時間はあるぞ!って。

まあ、やっている選手達が一番わかってはいるんでしょうけど、ショックが大きすぎたんでしょうね。

横浜F・マリノス vs サンフレッチェ広島 1−1

試合終了後の横浜F・マリノスイレブン

みんなうなだれながら挨拶してくれました。

一生懸命やってくれたので、ブーイングは殆ど無かったです。

次節は、降格しそうな浦和レッズが相手。

また、胃の痛くなるような試合になりそう。

でも、みんなで力をあわせて闘いましょうね。

2011年10月15日

ワシのミスじゃけん

この横断幕のように、一戦必勝を誓ってみんなの気持ちを一つにした闘いのはずの試合でした。

一戦必勝

ワシのミスじゃけん・・・

そう、言っていたかどうかはわかりませんが。

言ってないでしょうね、横浜F・マリノスの木村和司監督は。

でも、今日の試合終了間際に追いつかれたのは、監督の交代カードが遅かったからのように思えてなリません。

せっかく、サンフレッチェ広島に勝てそうだったのに・・・

せっかく、リーグ戦の連敗から脱出して勝ち点3が手に入りそうだったのに・・・

横浜F・マリノスの選手達の足が止まっていてボールを負えない選手があちこちにいたのは、観ていた人にはわかったはずだと思うんだけどなあ~。

選手達に

最後まで頑張れ~

ここで歯を食いしばって頑張って勝ちきれれば自身がつくはずじゃ。

という愛の鞭だったかもしれないんですが。

今はそんな愛の鞭よりも、勝ち点3がどんなことがあっても欲しかったはずなんだけどなあ。

横浜F・マリノス
【先発】
GK 21 飯倉 大樹
DF 13 小林 祐三
DF 4 栗原 勇蔵
DF 22 中澤 佑二
DF 24 金井 貢史
MF 29 谷口 博之
MF 6 小椋 祥平
MF 2 天野 貴史
MF 7 兵藤 慎剛
FW 10 小野 裕二
FW 11 大黒 将志

【控え】
GK 1 榎本 哲也
DF 26 青山 直晃
DF 20 波戸 康広
DF 5 キム クナン
MF 25 中村 俊輔
MF 14 狩野 健太
FW 9 渡邉 千真

サンフレッチェ広島
【先発】
GK 1 西川 周作
DF 8 森崎 和幸
DF 35 中島 浩司
DF 4 水本 裕貴
MF 14 ミキッチ
MF 6 青山 敏弘
MF 7 森崎 浩司
MF 16 山岸 智
MF 15 高萩 洋次郎
MF 9 李 忠成
FW 11 佐藤 寿人

【控え】
GK 34 中林 洋次
DF 19 盛田 剛平
DF 22 横竹 翔
MF 17 服部 公太
MF 20 石川 大徳
MF 5 トミッチ
FW 10 ムジリ

2011年10月12日

ドラマチック・マリノス

まあ、狙ってやってくれたわけではないのでしょうが。

全く、もう。

本当に、ハラハラドキドキです。

ジャイアントキリング!

天皇杯のお楽しみ?!

昔の草津にやられたとき同様、マスコミが喜びそうなネタを振りまいちゃう!!

ゲームの終盤にカマタマーレ讃岐に先制され、横浜F・マリノスの方は得点できないまま特が流れて・・・

もう、焦る焦る。

ヤマザキナビスコカップが終わり、天皇杯も終わり・・・

頭にそんなことがよぎっちゃいましたよ、本当に。

横浜F・マリノスの最近の悪い流れがまだ残っているようで、先に失点してしまうは、点が取れないは・・・

フォワードの点が欲しいなあ。

ディフェンダーの完封が見たいなあ。

でも、高望みしてはいけないのかもね。

まずは、一つずつ元の調子がいい時に戻ることだよね。

そう、そのきっかけが今日あったんだよ。

中村俊輔くんの復活!!!

横浜F・マリノスの中村俊輔

千両役者の登場でした。

やっぱり、中村俊輔くんがいると、みんなの気持ちも変わるのか、ゲームの流れが変わるんだよね。

不思議。

これで、今週末のリーグ戦、サンフレッチェ広島戦も期待ができそう。

天皇杯 横浜F・マリノス vs カマタマーレ讃岐 3−1