2011年06月18日

中村俊輔くんも渡邉千真くんも青山直晃さんも

お互い、まずは様子見?

などということはないでしょうが、いつもと少し顔ぶれが異なる横浜F・マリノスとガンバ大阪。

横浜F・マリノスは、中村俊輔くんに代わって狩野健太くん、そして青山直晃さんに代わって栗原勇蔵くん。

渡邉千真くんもベンチスタートです。

切り札として投入ですね、きっと。

まずは、大黒さんを古巣相手に刺激薬として起用という考えでしょう。

楽しませる そして勝つ

楽しませる そして勝つ 木村和司

頼みますね、知将 横浜F・マリノスの木村和司監督!

横浜F・マリノスの木村和司監督

横浜F・マリノス

【先発】
GK 21 飯倉大樹
DF 13 小林祐三
DF 4 栗原勇蔵
DF 22 中澤佑二
DF 24 金井貢史
MF 6 小椋祥平
MF 14 狩野健太
MF 7 兵藤慎剛
MF 29 谷口博之
FW 11 大黒将志
FW 10 小野裕二

【控え】
GK 31 秋元陽太
DF 26 青山直晃
DF 20 波戸康広
DF 5 キムクナン
MF 25 中村俊輔
MF 8 長谷川アーリアジャスール
FW 9 渡邉千真

ガンバ大阪
【先発】
GK 1 藤ヶ谷陽介
DF 21 加地亮
DF 2 中澤聡太
DF 5 山口智
DF 6 下平匠
MF 17 明神智和
MF 7 遠藤保仁
MF 23 武井択也
MF 10 二川孝広
FW 11 宇佐美貴史
FW 14 平井将生

【控え】
GK 29 木村敦志
DF 4 高木和道
DF 30 内田達也
MF 13 キムスンヨン
MF 25 横谷繁
MF 8 佐々木勇人
FW 18 川西翔太

マリノスとガンバ、個人対決目白押し!!!

6月18日(土) 2011 J1 第16節 ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス(18:00KICK OFF/万博)

アドリアーノがいなくても、手ごわいガンバ大阪。

横浜F・マリノスといろいろな対決がみられそうです。

司令塔としては、中村俊輔くんと遠藤保仁選手の対決に注目です。

でも、どちらの選手も、ベストコンディションではなさそう。

中村俊輔くんは、利き足である左足のけがが浣腸していないので、本当に先発するのかどうか。

中村俊輔と木村和司

先発するとしてもここ数試合同様、90分は無理そうです。

最近は上の写真のように、木村和司監督と中村俊輔くんの握手するシーンがお決まりになっちゃっているのが少し悲しいです。


相手の遠藤保仁選手も、日本代表、ACL、リーグ戦と連戦で、勤続疲労状態。

この二人に頼りきりというのが、どちらもチームにとっても同じ台所事情。

後継者探しをしっかりしないと、そのうち奈落の底に転落しちゃうぞ〜


そして、もう一つの対決は、若武者対決。

小野裕二くんと宇佐美貴史選手の対決。

宇佐美選手の名前、「貴史」というのが少し気になりますが、小野裕二くんだって負けないよ。

新婚気分で日本代表に行ったわけではなかったでしょうが、試合に出られなかった宇佐美選手は、小野裕二くんとほぼ互角の実力。

どちらの気合が勝るかが勝負の分かれ目になりそう。

小野裕二くん、遠慮はいらないぞ〜

キムクナンくん相手には、良く指示出してるもんね。

小野裕二とキムクナン

ガンバ大阪ディフェンダーめがけて突進してシュートしちゃおうね。


さあ、そんな個人対個人の対決が激しくなりそうな試合ですが・・・


ズバリ、注目は。


小椋祥平くん!!

小椋祥平と中村俊輔


ボランチとして、しっかり守ってくれるのはもちろん、なんとなく攻撃面でもカギを握る男になりそう。

もしかしたら、得意(?)のミドルシュートがそろそろ決まるころかな?

それが決勝点だったりして。


先制点が大事な試合になりそうなので、しっかりみんなの気持ちを一つにしてまとまってやっていきましょう、横浜F・マリノス。
ラベル:マリノス ガンバ

2011年06月17日

ガンバ大阪、アドリアーノがいなくなっちゃった

横浜F・マリノスとの対戦を前に、ガンバ大阪からアドリアーノ選手がいなくなっちゃった。

お金の魅力に負けたらしいけれど。

確かにお金はあればあるほどいいのだけれど・・・

今の日本の状況を見ると、お金よりも人と人の結びつきがいかに大事かがわかってもよさそうなんだけどなあ。

西野監督、どうするかなあ、横浜F・マリノスとの試合のメンバー。

ガンバ大阪には、いい選手がいっぱいいるからね。

横浜F・マリノスも負けてはいられません。

10人のセレッソ大阪に苦戦したような試合ではガンバ大阪には勝てないから気を付けないと。

大黒様、古巣相手に頼みますよ。

横浜F・マリノスの大黒将志

ベンチでぼっとしている場合じゃないよ。

もちろん、渡邉千真くんも!

2011年06月15日

健太⇒クナンのホットライン誕生

神様は、やっぱり見捨てはしなかったですね。

ニッパツ三ツ沢球技場で行われたヤマザキナビスコカップでミスをしてしまった狩野健太くんですが、今日はしっかりナイスアシスト。

勝利を呼び込んでくれましたね。

腐らずに頑張るものは、やっぱり、見捨てられたりしませんね。

狩野健太くん、良かったね。

そして、キム・クナンくんも。

今まで、足元はうまかったけれど、ヘディングはどうもいま一つの感じでした。

今日も、惜しいヘディングシュートが相手キーパーに抑えられ、やっぱり、クナンくんのヘディングは決まらないのかなあ・・・

と、あきらめかけていたんですが、セットプレーからちゃんと決めてくれました。

高い打点でびっくり。

高すぎて、自分で背中を丸めてコントロールしてましたもんね。


それにしても、今日の審判団はひどかったですね。

自分で出したレッドカードの判定がまずかったと気が付いたのか、帳尻合わせのように、カードを連発。

どちらの選手たちにとっても、あの判定ではガチンコ勝負ができなくなっちゃうよ。

もっと、欧州サッカーのような試合にするためには、レフリングもしっかりしないと、日本サッカーのレベルが上がらないと思います。

今日の審判は、しっかり反省しないのであれば、しばらくお休みして研修しないとだめじゃないかしら。

以前も家本審判がそれで立ち直った例もあるし。


播戸選手、あおりを食っちゃってかわいそうだったね。


正々堂々と戦って、気持ちよく横浜F・マリノスが勝利する試合がいいもんね。


渡邉千真くん、出番がなかったね。

ガンバ大阪線は休養十分で活躍してほしいです。

栗原勇蔵くんとともに。


中村俊輔くんの左ひざのけがはどうなんだろう、心配!

横浜F・マリノスの中村俊輔

横浜F・マリノス
【先発】
GK 21 飯倉 大樹
DF 13 小林 祐三
DF 26 青山 直晃
DF 22 中澤 佑二
DF 24 金井 貢史
MF 6 小椋 祥平
MF 25 中村 俊輔
MF 7 兵藤 慎剛
MF 29 谷口 博之
FW 11 大黒 将志
FW 10 小野 裕二

【控え】
GK 31 秋元 陽太
DF 20 波戸 康広
DF 5 キム クナン
DF 2 天野 貴史
MF 14 狩野 健太
MF 8 長谷川 アーリアジャスール
FW 9 渡邉 千真

セレッソ大阪
【先発】
GK 21 キム ジンヒョン
DF 20 高橋 大輔
DF 3 茂庭 照幸
DF 22 上本 大海
DF 14 丸橋 祐介
MF 5 中後 雅喜
MF 10 マルチネス
MF 16 キム ボギョン
MF 23 倉田 秋
FW 11 播戸 竜二
FW 19 永井 龍


【控え】
GK 1 松井 謙弥
DF 4 藤本 康太
DF 17 酒本 憲幸
DF 32 尾亦 弘友希
MF 25 黒木 聖仁
MF 26 村田 和哉
FW 15 小松 塁
ラベル:マリノス 横浜

乾貴士くんのいないセレッソ大阪は怖くない

元横浜F・マリノスの乾貴士くんに、海外移籍の話が急浮上しているらしいです。

そのため、セレッソ大阪のクルビ監督は横浜F・マリノスとの試合でも、乾貴士くんをベンチ外に決めたとか。

乾貴士くんがみられないのは残念。

でも、横浜F・マリノスにとってはありがたい話かもね。

ここのところ、上り調子が止まって来た横浜F・マリノスだから、立て直したいところなので、乾貴士くんみたいなドリブラーがいない方が組みやすいもんね。

今日は、警告累積のため、栗原勇蔵くんが出場停止。

大阪に旅行気分で同行しているのでは?

そんなの許しませんからね。

その栗原くんに代わって、青山直晃さんがセンターバックを務めることになりまそうです。

三ツ沢では、しっかり守って、しっかりゴールを決めてくれたので、今日もキーマンとして注目です。

青山直晃と小林祐三と谷口博之と小野裕二

横浜F・マリノスの997ゴール目を決めてくれるかなあ。

そうすれば、1000ゴールまであと3.

渡邉千真くんがハットトリックで今日にも決めちゃう?