2010年05月08日

横浜F・マリノスのプライドを見せての勝利

やってくれました。

トリコロールの勇者たちが。

横浜F・マリノスのプライドにかけて。

獲られても取り返す、あの気持ちがうれしかったです。

魂を燃やし続け、俺たちは「突き進む」。
魂を燃やし続け、俺たちは「突き進む」。

心臓には良くなかったですが。

今日は全員が頑張っていました。

私の注目キーマン、兵藤慎剛くんもゴールを決めてくれました。

兵藤 俺らと共に
兵藤 走ってゆこう
兵藤 お前の足で
かき回せ 兵藤

渡邉千真くんも、すばらしい先制ゴールと決勝ゴール。

おーお 千真 ゴール
おおお 千真
ゴール ゴール

決勝ゴールの基点は、山瀬功治くんの相手をかく乱するドリブルでの粘り。

鳥肌ものでした。

もう、とにかく、興奮でした。

ロスタイム5分長かったなあ。

その前のレフリーの判定、よくわからなかったけど。

審判も5分は長いので、横浜F・マリノスに味方ってわけではなかったんでしょうがね。

浦和レッズ vs 横浜F・マリノス 2−3。

2点取られたのは、少し悔しいなあ。

中澤佑二さん、栗原勇蔵くん、二人だけでは守りはつらいよね。

二人とも、特に中澤佑二さんは、少し疲れてきているみたいだし。

2日間ゆっくり休んでね。

2日目は、大事な大事な日本にとっての運命の日だけど・・・

posted by とりこ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

マリノス・ツゥインキャプテン復活

浦和レッズ戦の横浜F・マリノスのメンバーはこうなりました。

ずばり、キーマンは、キャプテン兵藤慎剛くん。

これまでの思いのたけを爆発させてほしいです。

横浜F・マリノス
横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉大樹
DF35天野貴史
DF4栗原勇蔵
DF22中澤佑二
DF5田中裕介
MF14狩野健太
MF30小椋祥平
MF7兵藤慎剛
MF25中村俊輔
FW9渡邉千真
FW10山瀬功治

【控え】
GK1榎本哲也
MF24金井貢史
MF20水沼宏太
MF18清水範久
MF8長谷川アーリアジャスール
MF6河合竜二
FW11坂田大輔

浦和レッズ
【先発】
GK1山岸範宏
DF14平川忠亮
DF6山田暢久
DF2坪井慶介
DF35宇賀神友弥
MF22阿部勇樹
MF3細貝萌
MF8柏木陽介
MF10ポンテ
FW11田中達也
FW17エジミウソン

【控え】
GK18加藤順大
DF4スピラノビッチ
MF13鈴木啓太
MF20堀之内聖
MF5サヌ
FW24原口元気
FW15エスクデロセルヒオ

田中達也選手、先発でワールドカップへの意気込み入りまくりですね。

要注意!!

posted by とりこ at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

PRIDE OF TRICOLORE

5月8日(土) 2010 J1 第11節 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス(14:00KICK OFF/埼玉スタジアム2002)

言葉より、体現。

横浜F・マリノスはやってくれると信じています。

PRIDE OF TRICOLORE

posted by とりこ at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2010年05月07日

横浜F・マリノスの明日は・・・

これでしょ、横浜F・マリノスは。


勝

posted by とりこ at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2010年05月06日

サッカーに必要なのは・・・

ふと、考えてしまいました。

アルビレックス新潟に、逆転負けした横浜F・マリノスのことを思って。

発表間近の、サッカー南アフリカワールドカップの日本代表23人を思って。

必要なのはどっちなんだろう・・・と。

「和」なのか、「我」なのか。

パスをまわして「和」を保つのが、サッカーなのでしょうか。

それとも、己を貫き通す、「我」を出して、勝利を目指すのがサッカーなのでしょうか。

今の横浜F・マリノスと岡田ジャパン、何かどことなく似ている気がします。

責任を持って攻撃することを嫌うかのように、他の選手にパスをして、ボールから逃げているような・・・・


日本代表の方は怪我人続出やコンディションの問題という要素が大きく、そんなことを思って、最終メンバーに入らんとする「我」を強くするも結果を出せる選手がほとんどいない。結局は、これまでの「和」に頼らざるを得ない状況。

横浜F・マリノスの方は、精度の高いキッカーの「我」に頼りきりで、「和」も保てずに、自滅的に負けてしまう雰囲気。

水沼宏太くんは、気持ちが入ったプレーを見せてくれていたと思うのですが、早々と交代されちゃったのが不思議。

レッズ戦を目前にして、こんな気持ちじゃいけないんでしょうけど。

俺がやっちゃる!

そういう選手が見たいなあ。

松田直樹

ちょっと、愚痴りすぎました。

おやすみなさい。

posted by とりこ at 22:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |