2010年05月22日

ナビスコカップ、勝たなければならない

5月22日(土)2010 ヤマザキナビスコカップ 清水エスパルス vs 横浜F・マリノス(15:00KICK OFF/アウトソーシングスタジアム日本平)

横浜F・マリノスと清水エスパルス、どちらも日本代表選手がいません。

でも、勝ちたいという強い気持ちを持ったチームのほうが勝ち点3を掴み取ることができると思います。

負けられない、ではなく、勝ちたい、勝たなければならない。

そういう気持ちで、選手もサポーターも、です。

リーグ戦の仮はしっかり倍返ししましょう。

松田直樹さん、おかえりなさい。


横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉大樹
DF35天野貴史
DF4栗原勇蔵
DF30小椋祥平
DF5田中裕介
MF24金井貢史
MF6河合竜二
MF18清水範久
MF7兵藤慎剛
FW9渡邉千真
FW10山瀬功治

【控え】
GK1榎本哲也
DF3松田直樹
MF20水沼宏太
MF8長谷川アーリアジャスール
FW19齋藤学
FW17バスティアニーニ
FW11坂田大輔

清水エスパルス
【先発】
GK21西部洋平
DF15辻尾真二
DF5岩下敬輔
DF33ボスナー
DF2児玉新
MF13兵働昭弘
MF7伊東輝悦
MF30小野伸二
FW9永井雄一郎
FW18ヨンセン
FW10藤本淳吾

【控え】
GK31武田洋平
DF26平岡康裕
DF4太田宏介
MF16本田拓也
MF17山本真希
MF8枝村匠馬
FW11原一樹

2010年05月21日

私たちのエース、背番号9

私たちの、横浜F・マリノスのエース。

背番号9。

期待してます。

渡邉千真くん。
横浜F・マリノスの渡邉千真

常に上を見ています。
渡邉千真

勿論、横浜一、日本一、世界一。

2010年05月18日

三ツ沢で闘う横浜F・マリノス

ニッパツ三ツ沢球技場で闘う横浜F・マリノスの選手たち。

必死に戦う男たちの真剣なまなざしは素敵です。

ドゥトラと競り合う横浜F・マリノスの選手
ドゥトラと競り合う横浜F・マリノスの選手たちです。

田中裕介に指示を出す栗原勇蔵
田中裕介くんに指示を出す栗原勇蔵くん。

フリーキックをける前の中村俊輔
そして、フリーキックをける前の中村俊輔くん。

男の顔ですよね。

南アフリカの地でも大きなゴールを決めてほしいですね。

今月の終わりには、また、この三ツ沢でナビスコカップですね。

日本代表コンビは不在ですが、魂こめて選手もサポーターも闘って、横浜F・マリノス決勝トーナメントにまっしぐら!、と行きましょう。

2010年05月16日

兵藤慎剛2試合連続ゴール、他にも三ツ沢劇場

横浜F・マリノスの兵藤慎剛くん、レッズ戦に続いて、2試合連続のゴールでしたね。

兵藤くん、いい顔つきでした。

横浜F・マリノスの兵藤慎剛たち

これまでは、ゴールポストに当てるのがうまかったけど、最近はゴールに入るものと外れるのとはっきり使い分けしてますね。

ふふふ。

勿論、しっかり決めてくれてうれしいんです。

でも、勝てなかったのは残念。

試合開始前のスコアボードはこんな感じでしたが・・・・
横浜F・マリノスvs京都サンガF.C.

結局、終わってみれば、ご覧の通り。

横浜F・マリノスvs京都サンガF.C. 2−2
横浜F・マリノスvs京都サンガF.C. 2−2の同点。

中村俊輔くんとディエゴとの対決もご覧のようにありました。
中村俊輔とディエゴ

中村俊輔くんの惜しいフリーキックも間近で見られました。
中村俊輔のフリーキック

倒れこむ狩野健太くんを心配する中澤佑二さんも。
中澤佑二と狩野健太

でも、一番感動したのは、この場面。

試合終了後に、ベンチを暖めていた榎本哲也くんが、みんなに激励の声かけをしていたシーン。
横浜F・マリノスの選手たちに声をかける榎本哲也

偉いよね、榎本哲也くん。

腐らずにやってね。

ナビスコカップで出番が来ると信じているよ。

松永コーチもこういうシーン、わかってくれるんじゃないかなあ。

2010年05月15日

当たっちゃった

今朝、変なことを書いちゃった。

当たっちゃった。

悪い方向で当たっちゃった。

ドゥトラ、なんて、名前を出さなきゃよかったよ。

三ツ沢だったのに。

先制されても逆転したのに・・・

結局は、横浜F・マリノス勝てなかったよ。

あ〜悔しい。

2失点とも、ドゥトラがらみ。

もうーーーー

横浜F・マリノス vs 京都サンガF.C.
横浜F・マリノス vs 京都サンガF.C.

横浜F・マリノス vs 京都サンガF.C.

横浜F・マリノスの先発フォーメーションはこんな感じでした。
京都サンガ戦の横浜F・マリノスフォーメーション

1失点目は、中澤佑二さんが攻撃参加している間にカウンター気味にあっさりやられちゃった。

でも、コーナーキックで相手の24番に渡邉千真くんがぐいぐい引っ張られて、PK獲得。

これがその証拠です。

相手に引っ張られる渡邉千真 相手に引っ張られる渡邉千真
相手に引っ張られる渡邉千真くん。

そして、自分が得たPKをしっかり自信満々でける渡邉千真くん。
PKをける渡邉千真


天野くんにしがみつかれておんぶ!
天野貴史をおんぶする渡邉千真

このときのスコアボードは、横浜F・マリノスvs京都サンガF.C. 1−1。
横浜F・マリノスvs京都サンガF.C. 1−1

ここまでは、これから!という瞬間でした。

そして、この後、中村俊輔くんのツーキックシュート、兵藤くんの気合いのゴールへと続いたのですが・・・

横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉 大樹
DF35天野 貴史
DF4栗原 勇蔵
DF22中澤 佑二
DF5田中 裕介
MF30小椋 祥平
MF14狩野 健太
MF25中村 俊輔
MF7兵藤 慎剛
FW9渡邉 千真
FW10山瀬 功治

【控え】
GK1榎本 哲也
MF24金井 貢史
MF20水沼 宏太
MF18清水 範久
MF8長谷川 アーリアジャスール
MF6河合 竜二
FW11坂田 大輔

京都サンガF.C.
【先発】
GK21水谷 雄一
DF24増嶋 竜也
DF4水本 裕貴
DF19森下 俊
DF17中村 太亮
MF10ディエゴ
MF3チエゴ
MF16安藤 淳
MF26角田 誠
FW13柳沢 敦
FW9ドゥトラ

【控え】
GK1平井 直人
DF7片岡 洋介
MF18加藤 弘堅
MF22渡邉 大剛
FW2西野 泰正
FW28金 成勇
FW31宮吉 拓実
ラベル:横浜 マリノス