2010年04月12日

対決するセンターバック二人

この前のセレッソ大阪戦での出来事です。

横浜F・マリノスのセンターバック二人
横浜F・マリノスのセンターバックのお二人が、今にも激突!

すごい気合!

っていうか、危ないですね。

怪我しないでね、お二人さん。

2010年04月11日

マリノス、J1初の600万人入場者数突破

テレビではじめて知りました。

聞き間違いではないと思いますが・・・

横浜F・マリノスが、Jリーグで初めて、入場者数600万人を突破したそうです。

やったね。

昨日はちょっと、寂しかったけれども、横浜F・マリノスを応援してくれる人たちがコンスタントにいる証拠ですね。



あ、こうやって、ブログを書いている間に・・・・

今、テレビで、「リベンジ」だって。

もう1回オランダとやれるチャンスがだって。

中澤佑二さん、かっこいい!

中澤佑二

でも、オランダの前に、ジュビロ磐田とやって、すっきり勝たないとね。

そう言えば、横浜F・マリノスの公式サイトで選手たちが出演するテレビ番組の情報が最近更新されていないなあ。

2010年04月10日

気持ちの強さ

4月10日(土) 2010 J1 第6節 横浜F・マリノス vs セレッソ大阪(16:00KICK OFF/日産スタジアム)

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪

横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉 大樹
DF32波戸 康広
DF4栗原 勇蔵
DF22中澤 佑二
DF5田中 裕介
MF30小椋 祥平
MF14狩野 健太
MF18清水 範久
MF7兵藤 慎剛
FW10山瀬 功治
FW9渡邉 千真

【控え】
GK1榎本 哲也
DF24金井 貢史
DF2藤田 優人
MF25中村 俊輔
FW19齋藤 学
FW17バスティアニーニ
FW11坂田 大輔


セレッソ大阪
【先発】
GK21キム ジンヒョン
DF2羽田 憲司
DF3茂庭 照幸
DF22上本 大海
MF20高橋 大輔
MF6アマラウ
MF10マルチネス
MF16尾亦 弘友希
MF8香川 真司
FW7乾 貴士
FW9アドリアーノ

【控え】
GK1松井 謙弥
DF4藤本 康太
MF17酒本 憲幸
MF19石神 直哉
MF25黒木 聖仁
FW11播戸 竜二
FW14家長 昭博

ここ最近、怪我を騙し騙しやっていた中村俊輔くんは、ベンチスタート。

横浜F・マリノスは、こういう布陣でした。
セレッソ大阪戦の横浜F・マリノスの布陣

セレッソ大阪のゴール裏には、乾貴士ゾーンも。
乾貴士

乾貴士

遠く大阪から、こんなに熱い応援なんて、乾くん、愛されてますね。

乾貴士

でも、今日は、横浜F・マリノスの中澤佑二さん、栗原勇蔵くんたちが、お仕事をさせませんでしたね。

ブーイングもいっぱい。大きなボリュームでした。

それはそれとして・・・

横浜F・マリノスの攻撃の方も・・・

何か、迫力が無かったなあ。

山瀬功治くんも少し切れが無かったようだし。

ドリブル突破したときもあったんだけど。

狩野健太くんも、フリーの波戸さんに出さずに、焦ってミドルシュートでふかしちゃったし。

何か、ここまでの戦績を見てみると、中村俊輔くんの存在有無がはっきり結果に現れすぎだよね。

みんな、人をあてにしすぎ?

斎藤学くんも、今日の動きは、学くんらしさが無かったなあ。

齋藤学

気の持ちようだけなんだろうけどなあ。

お人よし過ぎるのかなあ。

もっと、チャレンジ精神バリバリでいいじゃん!!!

そう、言いたくなっちゃう。

相手が途中で一人少なくなったので、引かれて攻撃しにくくなったのもあるのでしょうけど。

何か、それにしても、気持ちが前に出ていないよう見えちゃったんですよね。

栗原勇蔵くんも同じ気持ちで守っていたのかなあ。

後ろでじっと我慢していたけど、最後の方は、パワープレー気味にあがってきていて、惜しいボレーシュートもありましたね。

あれは、ヘディングでも良かった?

それには、少しボールが低かったかなあ。

田中裕介くんも、ヘディングの練習をしなきゃね。

中村俊輔くんのきれいなセンターリングをフリーでヘディングしたけど、あさって!

あれが、栗原くんだったらね。



中村俊輔くんの怪我の影響?といったら、言いすぎでしょうが、入場者数も、少なかったです。

横浜F・マリノス vs セレッソ大阪入場者数15,644人
15,644人。

相手が大阪のチームだから、アウェイが少なかったのはしょうがないんだけれど、ホームも、試合前の行列が短かったなあ。

結局試合は、最初のスコアーのまま。

スコアボードの相手の選手野良那比にはぽっかり穴が開いていましたが。

セレッソ大阪にスコアレスドロー
横浜F・マリノス vs セレッソ大阪 0−0.



ホームで清水エスパルスに負け、セレッソ大阪にスコアレスドロー。

春一番も春二番も、ストレスでした。

本当に春は、横浜F・マリノスにいつ来るの〜?




試合終了後の挨拶も、みんなバラバラ。
試合終了後の横浜F・マリノスの挨拶

気合を入れましょ、気合を!!

気持ちを入れ替え、気持ちをひとつに。

木村和司監督は、「へたくそ」というけれど、足りないのは、「技術」ではなく、「気持ちの強さ」じゃ無いかしら。

乾貴士くん、今日は応援しませんよ

横浜F・マリノスvsセレッソ大阪。

日本代表で横浜F・マリノスの選手たちは、ぼろぼろ。

少し心配な状態です。

だから、今日は好きな乾貴士くんの応援はしません。

横浜F・マリノスのホーム日産スタジアムで、大きなブーイングを浴びせられることでしょう。

少しかわいそうだけど。

許してね。

だって、横浜F・マリノスが勝たないと、ホームでは。

横浜F・マリノス

2010年04月05日

マリノスの若きフォワード祝砲3発

ごいね。

自分でお祝いゴールを三つも取っちゃって。

ハットトリック!

横浜F・マリノスの若きフォワードを久しぶりにJのピッチで観られる日が、遠くなさそうな予感。

斎藤学くん、お誕生日ゴールすごいね。
横浜F・マリノス齋藤学

苦しいリハビリに耐えて頑張ったことに対して、神様がご褒美くれたんだね。

近いうちにきっと、チャンスが来るよ!!

サイトウ違いの、斉藤陽介くんも、やるじゃない!