2010年01月12日

守護神

今年の横浜F・マリノスの守護神はいったい誰?

毎年、横浜F・マリノスはゴールキーパーというポジションに優秀な人材を補強してきましたよね。

でも、今年は今のところ補強はなさそうです。

横浜F・マリノスの榎本哲也、秋元陽太

榎本哲也くん、秋元陽太くん、どちらも苦労人。

榎本哲也くんは、昨年、せっかく、私生活ではハッピーだったのに、なんとなく調子が上がりきれない1年でしたよね。

秋元陽太くんは、怪我をして、リハビリに苦労して来ているので、もう少しチャンスがほしいところでしょうし。
秋元陽太


飯倉大樹くんも、去年のナビスコアップの悔しさが残っているでしょう。
ゴールキーパー飯倉大樹

松永コーチも、悩みどころでしょうね。

みんな頑張っているので。

阿部陽輔くんだって、もしかしたら、オオバケするかもしれないですものね。

勝負の世界、選手同士の競争も、ますます、これから厳しくなってきますね。

2010年01月11日

豪華な顔ぶれ

いいですよね、やっぱり、観衆が多いのは。

4万3077人も入ったのはすごいです。

選手たちの顔ぶれもすごかったですね。

名波さんの関係者って、やはり、うまい選手が多いなあ。

横浜F・マリノスの関係者もいましたね。

清水範久さん、城彰二さん、奥大介さんなど。

みんな、楽しそうにお互いがどう動くのかわかっているよ!って、体で表現していましたね。

走るスタミナや、キックの精度はどうしても年齢とともに衰えてしまうのでしょうが、何か、それでも、自分たちも観ている人たちもサッカーの楽しさを感じられる、そういう何かがあったような気がしました。

勝負に対する、本当の意味での辛さが無かったからかもしれませんが。

さあ、これからは勝負に執念を燃やす一年の始まりです。

みんな頑張ってね。


高校サッカー、やっぱり、連戦でかわいそうな感じもしましたが、走り勝ったチームが勝負にも勝った。

そういう決勝戦だったように感じました。

高校生も、気合十分。

すごいなあ。
ラベル:サッカー 楽しさ

2010年01月10日

マリノスのメンタリティに火をつける?

横浜F・マリノスに勝利者の魂を植えつける!
横浜F・マリノスの魂

そんなところなのでしょうか。

33歳の波戸が6季ぶり復帰…横浜M

確かに、メンタリティは必要な気がします。

どこと無く、自信が無くてお人よしな面が試合中に見え隠れしてしまっているのが、最近の横浜F・マリノス。

でも、好きで目が離せないんですけれどね。

ポジション争いにも火をつけようという意図かもしれませんが、昨年もコロコロ選手を変えてメンバーが安定するまでに時間がかかってしまいましたが、今年は二の舞にならないようにお願いしますね。




高校サッカー、昨日の試合面白かったです。

ワクワクしちゃいました。

結構、うまいなあ、って。

楽しく青春してるなあ。

横浜F・マリノスのみんなも楽しくサッカーしましょうね。

2010年01月09日

栗原やる蔵

昨日のキクマリ、皆さんご覧になりましたか?

内容的には・・・・・

でしたが、横浜F・マリノスの番長、栗原勇蔵くんが結構しゃべっていました。
横浜F・マリノスの栗原勇蔵

結構、今年にかける意気込みがあるようでした。

栗原やる蔵!!

松田直樹さん、天野貴史くんが彼をそういうふうに呼んでいました。

栗原くんだけでなく、横浜F・マリノスの関係者みんなで、優勝目指して、やる蔵〜



ところで・・・

正治、なんばしちょるか?



インフルエンザ?

大丈夫ですかね?

2010年01月08日

レフティーがまた・・・山瀬幸宏くんどうして?

どういういきさつがあったのかはわかりませんが。

また一人、横浜F・マリノスから、貴重なレフティがいなくなっちゃいました。

昨年のケチのつきはじめから・・・

小宮山尊信くんが出て行ってしまって・・・

そして、今日、山瀬幸宏くんが横浜F・マリノスに戻ってこないことが決定。

幸宏くんが嫌ったのか、横浜F・マリノスが放出したのか。

横浜F・マリノスに魅力が無いのか・・・

いろいろと、頭の中を駆け巡ってしまいますが、結論は変わらないのでしょう。

さびしいです。

山瀬ブラザーズの復帰を楽しみにしていたのに。

もっと、いい知らせの発表を見たいです、横浜F・マリノスの公式サイトでは。

横浜F・マリノス