2009年12月25日

マーメイド募集

昨日、横浜F・マリノスの公式サイトで、トリコロールマーメイドの募集がされていました。

みんな、試合前に元気付けられますよね。

トリコロールマーメイド

この写真のように、小さな子もいますよね、マーメイドさん。

みんな、普段からしっかり練習しているんでしょうね。

これからも、よろしくお願いしますね。

2009年12月24日

天まで届け

横浜F・マリノスを応援するみんなの思い。

横浜F・マリノスの選手たちの夢。

みんな、それぞれに。

天まで届け。

横浜F・マリノスのキムクナン、中澤佑二、栗原勇蔵
横浜F・マリノスのキムクナンくん、中澤佑二さん、栗原勇蔵くん。

今日は、クリスマス・イブ。

みんな、サンタクロースがやってくるといいね。

2009年12月23日

毎年毎年・・・変身

毎年毎年、ユニホームが変わるんですよね。

スポンサー契約の問題もありますし、気分一新という意味もあるんでしょうね。

それにしても、横浜F・マリノスのユニホームが、マンUと同じような雰囲気って、どんなものなんでしょうか。

横浜、来季ユニホームはマンU型

パンツの紐もトリコロールって、すごいですね。

細かいところに凝っているのはいいけれど、勝負は、サッカーで!

頼みますね、皆さん。

ゴール前の横浜F・マリノスイレブン



おまけ

中澤佑二さんといい、渡辺千真くんといい、日本代表の肩書きで取り上げていますよね。

なんか、少し寂しいなあ。

日本代表の選手である前に、横浜F・マリノスの選手なんだけどなあ、私の気持ちとしては。

渡辺&平山“国見高コンビ”で2トップだ

2009年12月22日

横浜F・マリノスのフォワード

横浜F・マリノスのフォワードといえば・・・・

渡邊千真くん。
横浜F・マリノスの渡辺千真の応援旗

そして、スピードスターの坂田大輔くん。

このツートップでしょ。

渡邊千真くんは、今回、日本代表に岡田監督も選んでくれましたね。

坂田大輔くんは、あのオシム前監督が選んだ逸材。

なのに・・・・

これは、どういうこと?

横浜 決定力不足解消へ元京都FWに白羽の矢

久しぶりのブラジル人?

昔は確かに活躍していた気もしますが、あまり、ここのところの印象は・・・・

大丈夫なのかなあ。横浜F・マリノスの強化担当の人たちの見る目。

また、裏切らないでちょうだいね。

2009年12月21日

2009年横浜F・マリノスの分析

2009年の横浜F・マリノスを少し真面目に振り返ってみます。

  
試合数
出場時間
得点
1榎本 哲也1412600
3松田 直樹3126961
5田中 裕介3126501
6河合 竜二117910
7栗原 勇蔵2623403
9渡邉 千真34274313
10山瀬 功治2820685
11坂田 大輔3018506
13小宮山 尊信2822513
14狩野 健太2821474
15金 根煥2812192
17兵藤 慎剛3021291
18清水 範久84330
19齋藤 学111690
20水沼 宏太122170
21飯倉 大樹1917100
22中澤 佑二3228803
23田代 真一5930
24金井 貢史92440
27斎藤 陽介000
29長谷川 アーリアジャスール2110400
30小椋 祥平2618661
31秋元 陽太1900
32古部 健太000
34丁 東浩53230
35天野 貴史64040
39ハーフナー マイク2150

横浜F・マリノスInformation

背景黄色の赤字が、各項目のトップ。

背景うす緑の部分が、次点級。

こう見ると、チームの顔がそれとなくわかります。

攻撃面では、完全に渡邊千真くんに頼ってしまってます。

私の大好きな山瀬功治くん、坂田大輔くんの頑張りも、褒めてあげたいのですが、結果という面では少し物足りないかなあ。

二人とも、ビューティフルゴールは、鮮明に記憶に焼き付いていて、他の人には真似できない個性は素晴らしいのですが、それが、コンスタントにできるとさらに嬉しいなあ。

こうやって、数字で見てみると、やっぱり、一部のベテラン以外は、選手が固定出来ていないで、試行錯誤の1年だったことが良くわかります。

出場試合数も出場時間も、バラバラ。

みんなに機会均等にチャンスを与えてくれた、とも言えますが。

もう少し、チームとして熟成するためには、同じメンバーと多くの時間をともにしないと厳しい気もします。

色塗りに放っていませんが、小宮山くんも、結構中核として、貢献していたことが数字でわかりますよね。

攻撃面では得点数がモノ足りませんが、守備や、味方を使う動きがとっても評価できますもの。