2009年12月05日

カメルーン?オランダ?マリノスでしょ。

世間では、サッカー日本代表のワールドカップでの対戦相手が決まって、いろいろと話しがそっちの方にいっていますが。

オシムさんがなんと言おうと、岡田監督がなんと言おうと、中澤佑二さんが日本代表のキャプテンだろうと、まずは、今日の2009Jリーグ最終戦が終わってからにしましょう。

というわけで。

12月5日(土) 2009 J1 第34節 モンテディオ山形 vs 横浜F・マリノス(15:30KICK OFF/NDソフトスタジアム山形)

確か、前回の対戦は、ホーム三ツ沢でした。

2009 J1 第17節 横浜F・マリノス vs モンテディオ山形

巨大な骸骨さんが不吉な予感を漂わせていました。

そして。

夢の三ツ沢が・・・



横浜F・マリノスは、坂田大輔くんのゴールを三ツ沢で守り切れないという最悪の結果でした。
横浜F・マリノスの坂田大輔

その借りを今日のリーグ最終戦で返さないとね。

木村浩吉監督の最後の試合。

メンバーを思い切ってかえるという予告まで宣言していますので、どうなるか、少し不安もありますが。

でも、怖いものはもう何も無いですよね。

プレッシャーが掛かる材料もないし。

もう、前を向いてやるだけ。

水沼宏太くん、出番があったら、思い切りやってちょうだいね。

そして、決めちゃおうよね、ゴール。

渡邊千真くんも、記録更新のプレッシャーはもう忘れて思いっきりやっちょうよね。

10番、山瀬功治くんも魅せて欲しいね。
横浜F・マリノスの山瀬功治

残念なのは、田中裕介くんが出場停止なこと。

代わりは、あまのっち、天野貴史くんかな?

彼なら、根性あるから、最後の試合にはふさわしいプレーを見せてくれそうですよね。

それとも、ジョンくん?
横浜F・マリノスのジョン・ドンホ

誰が出ても、大丈夫。

最後は、みんなで勝利のトリパラだね。
横浜F・マリノス勝利のトリパラ

この前の小椋祥平くんと栗原勇蔵くん二人の笑顔、今日は誰の笑顔になるのかな?
横浜F・マリノスの小椋祥平と栗原勇蔵の笑顔

みんなの笑顔だね、きっと。

2009年12月04日

日曜日からの予定は・・・

横浜F・マリノスのトップチームのスケジュールを見ても・・・

日曜日からは・・・

真っ白。

天皇杯、負けちゃたから、しょうがないんだけどね。

だからこそ、明日は、すべての力をだしきって、やるべき事をやり尽くさないとね。

ガッツポーズの横浜F・マリノス、兵藤慎剛

兵藤くん、ゴール期待していますよ。

外から帰ったら・・・

外から帰ったらうがいをしましょう。

って、ことではないのでしょうが。

うがいをする横浜F・マリノスの松田直樹

普段から、自己管理をしっかりしている選手ですから、あながちはずれともいえないですよね。

横浜F・マリノスの松田直樹さん。
横浜F・マリノスの松田直樹

今年最後の試合も、闘志あふれるプレーをお願いしますね。

もちろん、来年も、みんなを引っ張っていってくれることでしょう。

サインボールを投げ入れる横浜F・マリノスの松田直樹

子供たちにも、お手本になってくれて、人気者ですね。

2009年12月03日

山形の歓迎

この前の、横浜F・マリノスのホーム最終戦でこんなものをいただきました。

山形は、横浜F・マリノスサポーターの皆様を全力で歓迎いたします!
山形は、横浜F・マリノスサポーターの皆様を全力で歓迎いたします!

このキャッチコピー、何か、妙に感心しちゃいました。

全力で・・・

負けられないっしょ!!

闘志ゴール勝利!

いよいよ、ワシ登場

まだ、Jリーグは、1試合残っているのが今の状況。

でも、こんなものがついに出てきましたね。

横浜イレブンの不安解消へ“和司流”説明会

兵藤くんだけでなく、やはり、小宮山くんも・・・・ですか。

横浜F・マリノスの小宮山尊信

木村和司さん、どんな話をするんでしょうか。

テレビの解説では、理論派ではないですよね、少なくとも。


不安と期待。


複雑です。


そんな状況でも、また、横浜F・マリノスの若者さんたちは、しっかり契約更改してくれていますね。

天野 貴史(あまの たかし)
田代 真一(たしろ まさかず)
金井 貢史(かない たかし)

あとの選手は、きっと、最終節が終わってから、とか、和司さんの説明を聞いて納得してから、とか思っているんでしょうね。

自分の人生の舵取りを任せられるかどうか、やっぱり不安ですものね。

納得したいよね。