2009年11月05日

マリノス監督解任の理由

11月からの移籍交渉が可能になることを踏まえ、横浜F・マリノスは、監督解任を決めたと一部で報道がありました。

そうだとしたら、次期監督もはっきりしないと・・・

確かに、今年も、サカティが最後までヴィッセル神戸にいくとか行かないとか、ゴタゴタあったりしたんですが。

何か、すっきりしない朝です。



大分トリニータとのリーグ戦、次の天皇杯、しっかり勝ってくれると信じるしかできない私です。

2009年11月04日

人気のアンパンマンも演じた木村監督

横浜F・マリノスの木村監督の契約打ち切りが正式に発表になりました。

監督としては、少し、どうして?と思うところがあった気もするのですが、どうして今なのでしょう。

成績不振の責任なら、もっと早くてもいい気もしますし、ここまで引っ張ってのであれば、今シーズンが終わって一区切りついてからでも。

天皇杯にひとつのカンフル剤として手を打って出たのでしょうか。

木村監督は、今後、フロントに残って、若手育成に力を入れたりするのでしょうか。

それも、新監督とのソリがあるかどうかですかね。

新監督には誰がなるのでしょうか。

手腕に実績がある人?

それとも、OBとして、水沼貢史さん?


監督問題は、まだ、続きますが、フロンとは?

何も変わらないの?


と、いろいろと、考えてしまいますが、横浜の選手たちには、これまで以上に頑張ってほしいと、心から祈っています。

天皇杯をとる道は、まだまだ、広い道だと思っています。
ラベル:マリノス 横浜

さあ、リーグ戦再開へ

みんなが注目していたナビスコカップも昨日で終わりました。

川崎フロンターレの選手たちでも、入らないときは入らないんですね。

天皇杯で、横浜F・マリノスと戦うために、切り替えられるかどうか、ですね。


さて、ナビスコカップも終わって、各チームの選手たちは、リーグ戦に、みんな、気持ちを入れてくることでしょう。

横浜F・マリノスの相手は、大分トリニータ。
横浜F・マリノスvs大分トリニータ


残念なことに、ホームタウンの芝の影響で怪我にみんな泣かされて、J2への降格が決まってしまいましたね。

そんなチームが相手で、なんとなく、横浜F・マリノスの選手たちも、戦いにくい気持ちがあるかもしれません。


でも、どんなときでも真剣に勝負するのがプロの世界。

今度の試合に向けて、みんな、コンデュションを整えていきましょう。
ラベル:マリノス 横浜

2009年11月03日

横浜F・マリノスの天皇杯4回戦の相手は

横浜F・マリノスは、次の天皇杯もホーム、日産スタジアムで試合を行います。

その試合、対戦相手は、まだ、決まっていません。

相手は、川崎フロンターレとカターレ富山との勝者。
横浜F・マリノスvs川崎フロンターレとカターレ富山の勝者

どっちが勝ってくるのでしょうか。

順当ならば、今日、ナビスコカップを戦う川崎フロンターレ。

でも、カターレ富山も頑張ってほしいですね。

決まるのは、11月11日。

今日、ナビスコカップの決勝があるからですね。

川崎フロンターレにとっては、過密日程になるので、カターレ富山が勝つかも。

でも、飯倉大樹くんのリベンジの場にするには、川崎に勝って来てもらって、正々堂々と神奈川ダービーを戦って、横浜F・マリノスが勝利する。

そういうシナリオがいいですけどね。



そう、ナビスコカップのニューヒーロー賞が決まりましたね。

渡邉千真くんも、マリノスが勝ち残っていれば、チャンスがあってと思うんですけど、残念。

ま、千真くんには、まだ、新人王のチャンスがあるよね。

それには、城彰二さんの記録に早く追いつき追い抜け!!

2009年11月02日

横浜F・マリノスの天皇杯3回戦

天皇杯、3回戦の勝利の思い出です。

試合開始前には、ボンバー、中澤佑二さんも強烈なシュートを炸裂。
横浜F・マリノスの中澤佑二のシュート

試合前の練習では、山瀬功治くんもサブ組みに入って笑顔でトレーニングしていました。
横浜F・マリノスの山瀬功治たち

元気そうで安心しました。

でも、試合では残念ながら出番はなかったですね。

相手が、意外にガツガツ来ていたので、木村監督もまた怪我でもしたらと思って起用を避けてくれたのかも。

その証拠に、今日は、ヴェルディとの練習試合で2得点したようですね。

昨日はずしてツキがなかった、水沼宏太くんも先制弾を決めたようです。

そして、久しぶりに齋藤陽介くんも。

今日は、用事があったので、生観戦で傷に残念。

みんな、結果を残して、残りの試合で気合を見せようとがんばってくれているようです。



少し、心配なのは、松田直樹さん。

まだ、怪我を引きずっているのかしら。

昨日も、交代直後、ベンチにドッと座っていました。
横浜F・マリノスの松田直樹

今の横浜F・マリノスでは、河合竜二さんとのダブルボランチで攻守にキーマンになっているので、無理しないようにしてほしいです。

昨日のゴールシーン。

横浜F・マリノスの主催ゲームでないので、少し様変わりしていました。
横浜F・マリノスの天皇杯でのゴール

掲示板の様子は違っていても、選手たちの笑顔はいつもと一緒。

横浜F・マリノスの天皇杯ゴールでの笑顔の選手たち

横浜F・マリノスのサポーター、ファンももっと大勢こういう笑顔をを見てあげてほしいです。

昨日の入場者巣は、5499人。
天皇杯横浜F・マリノスvs福島ユナイテッドFCの入場者数

5500人も満たなかったのは少しさびしい。

天皇杯、もっと、チケットの売り方とか、広報の仕方とか、レベルアップが必要ですよ、財団法人 日本サッカー協会さん、社団法人 日本プロサッカーリーグさん。

頼みますよ。

福島の人たちだって、あんなに熱くなっているんですから。