2009年10月11日

違和感のあった日産スタジアム

あくまで、私個人の思いです。



昨日は日産スタジアムでサッカーの試合がありました。

皆さんも良くご存知の日本代表の試合でした。

でも、私には違和感がありました。

観客は、ほぼ満員。

よくお客さんが集まっていました。

結構、皆さんの関心があったということです。

でも、なんとなく、違和感。

日産スタジアムでの開催なのに、横浜F・マリノスの中澤佑二キャプテンがベンチにもいない。

確かに、今の日本代表は、横浜F・マリノスの関係者がほとんどいないさびしい状況だから仕方がないといってしまえば、それまでかもしれません。

関係者といえば、中澤佑二さん以外は、監督の岡田武さん、中村俊輔くんだけ。

中澤佑二さんも中村俊輔くんも、2日前の試合にめいっぱい出場したのだから、フル出場なんか、あるわけがないのは当然ですよね。

でも、少しは出場するのかなあと思っていたら、ベンチにいなかったり、まったく出場しなかったり。

新参チームの集まりで、目に付いたのは、中村憲剛選手の少し自己中心的に映ったプレー振り。

勝利という結果は確かに残ったのでしょうが、何か、違和感を抱かないではいられない試合でした。

昨日の試合、岡田監督の得たものは、日本の得たものは何だったのかしら。


スコットランドが通常のメンバーで来なかったから、日本の布陣も・・・・ということだったのでしょうか。

14日はどうなるの?

2009年10月10日

佐藤由紀彦さんとの再会

横浜F・マリノスの天皇杯の最初の試合。
 
Vファーレン長崎との試合ですね。
 
背番号28番をつけている選手が、なんと・・・・
 
今まで知りませんでした。
 
あの佐藤由紀彦さんですね。
 
いろいろなチームを渡り歩いて、今ここにいるんですね。
 
長崎には見に行けませんが、いけたら、良かったなあ。
 
お互いに、精一杯戦って、いい試合になることを祈ってます。

2009年10月09日

応援してくるサポーターが少なかったことを残念に思う

よそのチームのよその国生まれの監督さんの言葉ですが。

16分間で2点差がついた試合を応援してくれるサポーターが少ないからまけた当意味にも取れるお言葉。

いろいろと波紋があるみたいですね。

勝っていたチームのサポーターはバス26台で応援に駆けつけたらしいので、なおさら、そういう言葉につながったのかもしれませんが。

確かに、プロである以上、感染に来てくれる人のために良いパフォーマンスを見せようとするものです。

その見せようとする相手がしらけたムードだとモチベーションも上がらない気もわからないではありません。


いろいろと考えさせられます。


さて、我が横浜F・マリノス、長崎での天皇杯の試合ですが、同じような言葉につながらないよう、私に祈るしかできません。

残念なことに、長崎まではいけませんので。

許してね、横浜F・マリノスの選手の皆さん。

2009年10月08日

自然にはマリノスも・・・

横浜F・マリノスでも、日本代表でも・・・

自然の力にはかないません。

逆らうと罰が当たるかもしれません。

昔から、地震、雷、火事(私にとっては、家事?)、親父(でしたっけ?)

といったようなことがありましたよね。

地震はあちらこちらで起きているし。

台風も・・・・

皆さん、危ないので、気をつけましょうね。

無理は禁物ですよ。
ラベル:横浜 台風

2009年10月07日

人様の試合より・・・負けず嫌い

今日は、なぜか、Jリーグの試合が1試合だけ開催。

そして、明日は、なぜか、日本代表の試合が開催。

台風が接近してきているようですが。

三ツ沢で戦う横浜F・マリノスの戦士


今年は、横浜F・マリノスに対する風当たりもあまりよくない。

と、感じているのは私だけでしょうか。

現在、9勝10分9敗 の勝率5割。

何か、強すぎず、弱すぎず、どう評価していいのかわからない状態です。

一人ひとりは、技術力もあって、もっと上位にいてもおかしくないと思うのですが。

そんな選手たちは、2日間続く人様の試合を見たりするのでしょうか。

いや、そんなことは考えずに、天皇杯に集中、でしょうね、きっと。

だって、負けず嫌いの集団ですから、ネ!!!