2009年09月30日

おめでたい日でした

今日は、みんな、頑張っていたみたいですね。

サテライトで、若手の頑張り屋さんチームがヴァンフォーレ甲府相手に勝利をおさめたようですね。

端戸仁くん、斎藤学くんという若きフォワード二人があわせて3得点。

良かったですね。

おめでとう!!!

2失点しちゃったみたいですが、どんな試合だったのかなあ。

残念ながら、見られなかったので結果しかわからないけど。


一方、ACLは、川崎フロンターレ、名古屋グランパスというこれから横浜F・マリノスが対戦する両チームの対戦カードでしたが、元横浜F・マリノスの田中隼磨くんの上げたセンターリングをきっかけにグランパスが勝ったようですね。

こちらも、おめでとうかな。今は、違うチームだけど。


マリノスも、来年のACL出場をあきらめずに頑張るっきゃないね。

もちろん、天皇杯もね。

なな

そっか。

なななんですね。

7。

Final7。

Jリーグもあと7試合。

7といえば・・・

横浜F・マリノスの7番くん!

そろそろ、スーパープレイを遠慮なく出しましょう。

最近、少しおとなしい気もしています。

相手を蹴散らすもよし。

ヘディングでゴールするもよし。

ミサイルのようなフリーキックでゴールするもよし。

横浜F・マリノスの栗原勇蔵
男栗原勇蔵ここにあり!

そんな姿を見せ付けて頂戴ね。
ラベル:7番 マリノス

2009年09月29日

一日も早い回復を

やっぱり、いないのはさびしいです。

1日でも早い回復を。

横浜F・マリノスの兵藤慎剛他の横断幕

そして、当初掲げた自分の目標であるゴールという結果を少しでも多くお願いしますね。

だって、千真くんの大先輩だもね。

できると信じて応援しますよ、兵藤慎剛くん。
横浜F・マリノスの兵藤慎剛

2009年09月28日

ちょっと、遠くて待ち遠しい

このいい季節、いい時期なのに。

暑くも寒くもなくて、元気いっぱい走るトリコロールの選手たちを拝めるのに。

なぜか、巡り合わせが悪くて、アウェイの2連戦。

でも、そのはじめ、真っ赤に染まったスタジアムを、中澤佑二さんと渡邉千真くんが静まり返らせちゃいましたね。

次は、等々力で川崎フロンターレ。

ブラジル人ばかり(いや、チョン・テセという外国人枠の選手もいますね)前線に使って、攻撃してくるいやらしチームとの神奈川ダービー。

ナビスコカップの悔しさもまだ、消せてないもんね。

アウェイだけど、何としてでも勝たせてもらいます。

そして、気持ちよく、横浜F・マリノスのホーム、日産スタジアムへ帰ってきたいです。
横浜F・マリノスのホームゲーム



ところで、天皇杯で川崎フロンターレとは、11月にも試合でぶつかる可能性があるんですよね。

そのときは、日産スタジアムになるけど。

11月はナビスコカップの決勝も終わっていて、どうなるでしょうか。

フロンターレが優勝して気が緩んだりはしないでしょうけどネ。

ま、その前に、まず、横浜F・マリノスは、1試合1試合を大事にしないとね。

天皇杯は、その前に、V・ファーレン長崎、そして、次はおそらく、乾くんや、香川選手のいるセレッソ大阪になりそう。

いろんな対戦がこのあとも目白押し。

楽しみですね。

ハラハラドキドキで心臓にはよくないけど。

Jを面白くする、マリノス

昨日は、ハラハラドキドキの試合でした。

中澤佑二さんが先制してくれたのはいいのですが、また、あっさり、追いつかれちゃった。

最近、完封試合が無いなあ。

同点にされたときには、レッズのホームということもあって、まずいかも、と思いました。

でも、珍しく、ロスタイムに得点。

渡邉千真くん、ありがとう。

横浜F・マリノス渡邉千真の横断幕

横浜F・マリノスがロスタイムに得点したのって、いつ以来かしら。

こういう、勝負強さが出てくるとうれしいなあ。

まだまだ、リーグ戦、競合との争う試合が続いて大変ですが、逆に言えば、マリノスがJリーグを面白くしているって喜びも。

まだまだ、面白くしましょうね。