2009年09月06日

完敗から完勝へ

昨晩のサッカー日本代表の試合完敗でした。

ボールをつなぐことは大事ですが、やはりサッカーはゴールに何回ボールが入るかだと思うので、最後の詰めにはまだまだ差がありましたね。

厳しい現実。

さて。

9月6日(日) 2009 ヤマザキナビスコカップ 横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ(18:00KICK OFF/日産スタジアム)

とにかく、気持ちです。

気持ちで負けない、いや、勝たないと、試合で勝てるわけがありません。

アウェイゴールを恐れていては始まりません。

獲られることを考えるより、先に獲っちゃいましょう。

そうすれば、相手もビビってくれます。

何しろ、川崎フロンターレは、もともと守りはうまくないチーム。

攻撃力は抜群ですが、守りには穴も見つかります。

そこをどれだけいやらしくつけるか。

今日は、ホーム、日産スタジアムでの久しぶりの試合です。
日産スタジアムでのビッグジャージとビッグフラッグ

とにかく、勝つことだけを考えて、一体となって戦いましょう。

トリパラ、いっぱい、回しましょう。
トリパラ

2009年09月05日

カモメ隊長が、指揮します

明日は、ナビスコカップの準決勝。
 
2点のハンデを相手に与えてあげてからのスタート。
(負け惜しみです)
 
そのハンディキャップをものともせずに決勝への切符を手にしたいものです。
 
カモメ隊長(マリノス君)も、いつも通りゴール裏サポーターをまとめてくれるでしょう。
 
マモメ隊長こと、マリノス君
 
明日は、クナンも先発起用してほしいです。
 
もう、あの高さ、足元の正確さ、速さを活かして最初から相手の度肝を抜くような攻撃ラッシュをかましましょう。
 
サカティ、千真くん、山瀬功治くんと、4人を前において攻めていって、河合竜二さんがしっかり防波堤になって、最後の砦は、松田直樹さん、栗原勇蔵くんがしっかり完封。
 
飯倉くんだって、鋭く反応しちゃうので大丈夫です。
 
田中裕介くん、小宮山尊信くんだって、相手を子上がらずに責めあがれば、逆に相手もビビるはずです。
 
さあ、元気に行きましょう。
 
山瀬功治
 
山瀬功治くん、相手ディフェンダーを蹴散らしちゃってください。
 
横浜F・マリノスイレブン
 
90分の後、みんなで笑顔で喜び合いたいね。
ラベル:マリノス

2009年09月04日

中澤佑二さんも大変です

キャプテンというのはいつも気苦労が絶えません。

本当に大変です。

日本代表遠征で中澤佑二さんもお疲れかもしれません。

左利きのタイプの違う中村俊輔くんと本田選手がいろいろとぶつかっているといううわさ。

ぶつかり合って、お互いひとつになれればいいんですが、本田選手のあの傲慢さが・・・・

中澤佑二さんはどうまとめるんでしょうか。

岡田監督もピッチではどうしようもできないでしょうし。

と、日本代表の心配をしているようで、中澤佑二さんが心配なのですが。

もっと、心配なのは、横浜F・マリノスのこと。

日本代表の試合の翌日には私にとってもっと大きな決戦が待ち受けています。

秘策なんかない。

あたって砕けろ!

いや、砕け!

川崎フロンターレの守備陣を。です。

目標は一つに

いいじゃない!

目標はひとつに絞られたってこと。

前向きに前向きに。

もう、あれこれ考えてもしょうがないさ!

って、思いました。いや、思うことにしました・・・・

横浜F・マリノスに課せられた夏休みの宿題。

日産スタジアムで3点以上獲ること。

シンプルでいいじゃない。

残り今日を入れて3日間で厳しい宿題ですが、やるっきゃないよね。

失点されたら万事休す。

でも、それより、得点しなきゃ始まらない。

攻めて攻めて攻めましょう。

それでダメなら、しょうがないよ。

くいだけは残さないように、前進あるのみですね。

For Your Football Life

2009年09月03日

この気持ち・・・日産スタジアムで・・・

ベストな布陣だと思ったんですが・・・・

現実を突きつけられてしまいました。

横浜F・マリノス、1点もアウェイゴールが奪えませんでした。

川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス 2−0。

この悔しさは・・・・

横浜F・マリノスのビッグフラッグ

日曜日、日産スタジアムで・・・

日産スタジアムでのナビスコカップ

今度は、倍返し!

4点取っちゃいますか。