2009年07月22日

首位、2得点

絶好調ですね。

2得点の大活躍。

乾貴史くん、やってくれますね。

これで、セレッソ大阪、久しぶりの首位です。

サガン鳥栖のマイクも、負けじと2得点したみたいです。

山瀬幸宏くんも、この前の試合につづいて途中出場で、徐々に、戻ってきているみたいですし。

みんな、頑張ってますね。

横浜F・マリノスの血を引きしもの達ですからね。

posted by とりこ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

功治のコーナーキック!

お久しぶりです。

横浜F・マリノス、山瀬功治くんのコーナーキック!

横浜F・マリノス山瀬功治のコーナーキック

横浜F・マリノス山瀬功治のコーナーキック

決まれ〜

横浜F・マリノス山瀬功治のコーナーキック





最近、セットプレーが相手に脅威になっていない・・・

次の試合こそ、お願いします。

そう思って、アニメにしてみました。サッカー

posted by とりこ at 10:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年07月21日

キャプテン!!!!

横浜F・マリノスにとって、明るい話です。

横浜MF河合が復帰へミニゲーム参加

気合の男ですからね、キャプテン河合竜二さんは。

守りも堅いし、前線へのフィードも正確。

やっと、今年の開幕が近づいてきた感じですね。

でも、あせっちゃだめですね。

おとなしく待ってます。

posted by とりこ at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

周りに惑わされず情熱を

いろいろと、各チームとも動きがあるようですね。

大分トリニータは、シャムスカ監督を更迭した途端、浦和レッズから3月14日以来の勝利。

オシム監督の下でプレーしたこともあるというポポピッチ新監督も、奇跡を起こしたいとか。

今の成績でJ2行きを回避できたら、確かに奇跡ですね。


同じく、監督更迭のあった柏レイソルは、井原さんが監督をしたものの、勝てず。

采配は難しいと感じたとのこと。


そして、ジュビロ磐田も、イ・グノ復帰が正式に決まったみたい。

次の試合、マリノスの選手たちは燃えますね。

Jリーグからいったん逃げようとした男に負けられないですよね。

とにかく、横浜F・マリノスの選手たちには、目の前のことに集中して、自分らしい得意なプレーができるように、情熱を注いでほしいです。

みんなの素敵な笑顔、待ってます。

posted by とりこ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年07月20日

連休も最後。ふと、新潟戦に思いをふけって・・・

3連休も最後の日になってしまいました。

アルビレックス新潟との試合から、もう2日。

試合前には、「完封」を信じていたのですが。
完封

最近、相手を0点に押さえる試合がめっきり無くなって来ている気がします。

お互いに得点しようと必死にもがいているので、簡単ではないことはわかってはいるのですが。

でも、横浜F・マリノスらしさがなくなっているようで。


中澤佑二さんのコメントも気になりました。

「攻撃のバリエーションはまだ少ない」

最近のサッカーは、攻撃と守備って表裏一体という人もいますが、簡単ではないですね。


その攻撃面でも、気になるのがやはり、渡邉千真くん一人が前線に張って、ヘディングなど競っていて、周りの選手がずいぶん離れていてフォローができていないこと。

セカンドボール、あれでは取れないです。

この前の試合で言えば、水沼宏太くんがそのセカンドボールを拾う立場なのか、兵藤くん、山瀬くんが行くのか、何か、みんな誰が行くのかお互いの役割がはっきりしていなかったように感じました。

それで、疲れてしまい。
横浜F・マリノスのベンチ、水沼宏太と渡邉千真

この写真のように、水沼広太くんはサカティと代わって前半でベンチへ、そして、渡邉千真くんもシュートも少なく、しぶしぶベンチへ。

千真くん、疲れていた成果、シュートも珍しく正確性を欠いていましたね。

監督も、結果が出ていないので、何か変化が必要、というような言葉を表しているようですが、どういう策に出るのかしら。

選手も、サポーターもファンも、納得する、ポリシーがほしい気がします。

監督って、難しいですね。

試合をするのは選手ですが、その選手をうまく輝かせてあげることが簡単ではない。

いきいきと輝く選手を実にスタジアムへ足を運んでくれるサポーターが、もっと増えるためには・・・

横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟入場者数22681人

大勢のアルビレックス新潟サポーターがいて、この数字。

22,681人。

夏休みの子供連れもそこそこいましたが。

もっと、もっと、大勢に楽しんでもらうためには、どうすればいいんでしょう????




大島秀夫さん、アルビレックス新潟でも愛されているんですね。
大島秀夫

この前の試合でも、選手紹介の場面で、マリサポからブーイングもあったけれども、私の周りでは大きな拍手も結構ありました。

大島秀夫
みんな、いい選手だと認めているんですね。

途中出場のサカティとも握手していました。

もともと、二人でツートップを組んでいましたから、仲がいいのも当然かな。

posted by とりこ at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |