2009年07月14日

不信任・・・

国民のために、しっかりとした政策を考えてほしいと、誰もが考えてはいるのでしょうが、党の維持しか考えない政治家ばかりで、国民は愛想をついてきているのが現実なんでしょうね。

なになに党がどうだこうだ、ではなく、国民のために、限りあるお金をこう使います、って言う具体策を示してほしいものです。

一時的な人気取りのために、税金を場かまいて、ツケを後に回して、解散後は知りません、ではね。

さて、サッカーJリーグにも、クビ切りの流れが加速していますね。

大分トリニータのシャムスカ監督、柏レイソルの高橋監督。

どちらも、不信任をつけつけられた結果ですか。

サッカー界にはよくある出来事なんでしょうが。

首を切っても違約金を払わなければならず、新たな監督獲得にもお金がいる。

苦しい状況に追い討ちをかけるようなシステムですよね。

お金のない、横浜F・マリノスにとっても人事には感じられませんね。

マリノスは、ゴタゴタせず、「不信任」なんて言葉とは縁のない世界でいてほしいですね。

横浜F・マリノス

posted by とりこ at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

サッカーいろいろ、11人いろいろ

現場は、一生懸命です。

Jが集客作戦「夏休みはJリーグに」

一生懸命、観客を増やそうと躍起。

なのに。

日本サッカーのトップが、無責任(?)な発言。

サッカー=犬飼会長、Jリーグは「つまらない」と苦言

愛のムチならいいのですが。

それはさておき。

これが私にとっては、大事。

横浜DVDで分析 飯倉「リベンジですね」

飯倉くんががんばってね。



ボギーさんから、先発11人を考える宿題をいただきました。

いろいろ悩んだ結果、スリーバックが安定している感じなので、勝手に変則陣形。

GK 飯倉大樹くん(秋元陽太くん)
DF 栗原勇蔵くん
DF 松田直樹さん(小椋祥平くん)
DF 中澤佑二さん(田代真一くん)
MF 田中裕介くん
MF キム・クナンくん(小宮山尊信くん)
MF 河合竜二さん(山瀬幸宏くん、狩野健太くん)
MF 兵藤慎剛くん(清水典久さん、水沼宏太くん)
FW 山瀬功治くん
FW 坂田大輔くん(斎藤学くん、端戸仁くん)
FW 渡邉千真くん(斎藤陽介くん)

こんな形で練習したこと無いでしょうね。

クナンの足元のうまさをサイドで活かしたい。

中澤佑二さんと小宮山くんを同じサイドにすると、ぽっかりゾーンができやすいこのごろなので、そのあたりを少し意識してみました。

それにしても、ゲームの組み立て屋さんが・・・

どうも、しっくり来ないなあ。

posted by とりこ at 06:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年07月13日

お誕生日の二人

敗戦の日の7月11日。

そして、ナビスコカップ前日の7月14日。

横浜F・マリノスのお二人のお誕生日。

11日は、秋元陽太くん。

14日は、そろそろピッチで拝見したい河合竜二キャプテン。

河合竜二キャプテンが復帰して流れが変わる。

そんな、ドラマが待っていたりしませんか。

今度のナビスコカップのガンバ大阪戦。

まだ?

posted by とりこ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年07月12日

これで三ツ沢の悪夢は吹っ切ります

昨日は三ツ沢でのナイトゲーム。

結構お客さんも多く感じたんですが。
横浜F・マリノスvsモンテディオ山形入場者数

13,185人。

さびしいなあ。

もっと、入場者数増えてもいいのになあ。

中村俊輔くんだって、世界で一番お気に入りのスタジアムなんだよ。


こういう見せ場も間近で見られるんだけどなあ、三ツ沢は。

狩野健太くんのコーナーキック。
横浜F・マリノス狩野健太のコーナーキック

相手モンテディオ山形のフリーキック。

壁として立ちはだかるのは、狩野健太くん。坂田大輔くん、兵藤慎剛くん。
モンテディオ山形に立ちはだかる壁の狩野健太、坂田大輔、兵藤慎剛

セットプレーは、間近で見ると本当にハラハラドキドキするんだよね。

横浜F・マリノスvsモンテディオ山形坂田大輔先制
昨日もハーフタイムまでは勝っていたしね。

相手のシュートがバーに当たるシーンもありで、ハラハラドキドキしながら、楽しんでいましたよ、前半までは。

でも、終わってみれば、横浜F・マリノスvsモンテディオ山形2−1で、負け。
横浜F・マリノス

みんな、頭をたれてブーイングを浴びていました。

木村監督は、最後までピッチを後にしないで、みんなの姿を見守っていました。

この点は、少しえらいと思ったです。

水曜日のナビスコカップ、お互いに泥沼の対決。

相手は、ガンバ大阪。

場所はアウェイ。

気持ち、変えなきゃね。

posted by とりこ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

夢の三ツ沢が・・・

横浜F・マリノスのホーム、ニッパツ三ツ沢球技場での試合でした、昨日は。

J2からJ1にあがってきた小林監督率いるモンテディオ山形が相手なので、気合負けしないようにしなければいけない試合。

試合開始序盤、いきなり、魅せてくれたのは、渡邉千真くん、坂田大輔くんのコンビ。

相手の数多いディフェンス陣も負けずに、千真くんが体制を崩しながらシュート、キーパーがはじいたところをサカティ、坂田大輔くんが押し込んでくれました。

オウンゴール気味でしたが、ナイスです。
横浜F・マリノス坂田大輔のゴールに喜ぶイレブン

ゲーム序盤でのみんなの盛り上がり、いいです。
横浜F・マリノス坂田大輔のゴールに喜ぶイレブン

きらりと輝く電光掲示板に、坂田くんの名前が。
横浜F・マリノス坂田大輔のゴール

まだ、2分。

粉跡、何点取れるのかなあ。

と、わくわくしていたんですが・・・

天野貴史くんの気迫あふれるプレーも良かったです。
横浜F・マリノスの天野貴史

でもね。

私が昨日書いた

流れの中からの得点も大事ですが、この写真の場面のように、松田直樹さん、栗原勇蔵くんも参画するセットプレーというチャンスをしっかりものにして、得点を重ねていけば、相手に与えるダメージも大きいはずです。

が、まさか、逆の形で現実のものとなってしまうとは。

セットプレーのマークのつき方、こんシーズンは、全くダメ。

特に、ファーサイド。

ボールばかりに目がいっていて、人に対するマークが全くケアーできていません。

ガンバ大阪の遠藤保仁選手にやられたのもそうだし、ほかの試合でも結構目立っている気がします。

2失点目も高い栗原勇蔵くんのジャンプをうまくボールに越えられ、ジ・エンド。

中澤佑二さん、飯倉大樹くんの間を抜かれちゃった。

セットプレー、練習してんのかなあ。

してないんじゃないのかなあ。

攻撃も守りも。

攻撃もセットプレー気まらないし。

流れの中からの得点の方が、決まれば、かっこいいに決まっているけど、相手も守りを固めてくるんだから、多数対多数のセットプレーがやっぱり大事だよね。

それから、終盤の監督采配もよくわからなかったなあ。

坂田大輔くんを下げて、守りが堅くなればまだしも。

坂田くんがいなくなって反対に、前線の守備がおろそかに。

小椋くんも途中出場では、何かフィットしないでミスしているし。

これじゃあ、坂田くん、自らゴールを祝福できなくてかわいそう。

もうひとつ。

クナンくん、水沼宏太くんの使い方

毎度同じで時間もないのに、捨てゴマみたいで、あれでいいのかしら。

中盤の組み立てもできていないのに、結果を出して来いと送り出されて。

パワープレー要員じゃないとか、いつも言っているけど、監督の思いは結果が出せない繰り返し問う結果が続いている時点で、失敗だよね。

もっと、選手を生かすことをするのができないのかなあ。

クナンくんは、足元がうまくぃんだからサイドで使った方がいいよ。

クロスも正確では速いし。

足も速い。

水沼宏太くんだって、もっと時間をあげて、中盤と連携させてあげられれば。

斉藤学、齋藤陽介くんもそろそろ、見たいよ〜。

ハーフタイムの指示、あと1点とって来い。

それしか言えないのかなあ。

実際には、違うことも言ってんのかなあ。

何か、愚痴ばかりになっちゃった。


posted by とりこ at 12:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |