2009年07月10日

七夕から3日。願いは

すでに七夕から3日がたちました。

私の願いは・・・

明日になれば、わかります。

願いが叶うはずです。

横浜F・マリノスのホーム、三ツ沢で・・・
ニッパツ三ツ沢球技場

横浜F・マリノスのエース、山瀬功治くん・・・
横浜F・マリノスの山瀬功治

もちろん、横浜F・マリノスの応援団長、マリノス君も・・・
横浜F・マリノスのマリノス君

2009年07月09日

ビッグクラブ行きたい

そうですか。

「ビッグクラブ行きたい」

そうだったんですか。

ビッグクラブ・・・ですか、中村俊輔くん。

これ見てほしかったなあ。

いっしょにここで熱くなろう。
いっしょにここで熱くなろう

オランダ、ガーナ

オランダは、サッカー世界ランク3位なんですね。

そのオランダと、日本代表が戦うことになるとは。

面白そう。

でも、アウェイなのね。

ガーナとも戦うためですね。

アウェイの洗礼に耐える練習?


そんな遠い国でのアウェイの試合では、応援に行けないなあ。

Jリーグも、まだまだ、という時期だしね。

日本代表より、やはり、横浜F・マリノスのことを第一に考えちゃうんだよなあ。

岡田監督、このあたりで、世界レベルとの実力差が広がっているのか縮んでいるのか試そうってことなんでしょうが、選手の起用方法はもう決まっているのかしらね。

マリノスの選手も、まずは、チームで活躍して・・・

2009年07月08日

天皇杯、またまた厳しく

偶然、こんな記事を見つけました。

天皇杯改革、J1もJ2も2回戦から登場

サッカーを盛り上げるためになるような書き方ですが、シーズン終盤に、またもや平行して別の試合が食い込むことになって、日程がタイトになります。

選手にとっては、苦しいですね。

また、下位低迷しているチームにとっては、天皇杯どころではないはず。

J2に落ちれば、年棒も下がったり、選手枠が狭められて出場機会が減ったり。

オーバーに言えば、選手生命の危機に直面しちゃうかもしれません。

一時の入場者数増加にばかり目が行っていないか、少し不安です。

もっとも、アマチュアの選手にとっては、大きなチャンスというのも事実。

強いチームが勝ち残る。

この点だけは、確かに誰もが納得できるかもしれません。

横浜F・マリノスの皆さん、タイトル奪取!

厳しい道のりですが、やりましょう。
ラベル:天皇杯 サッカー

練習風景

今や、横浜F・マリノスのボス。

栗原勇蔵くんを中心とした練習風景です。

横浜F・マリノスの栗原勇蔵たち

いつも、守りでじっと耐える立場ですが、練習相手は、攻撃の要、山瀬功治くんだよね。

このコンビ、なんとなく、いざというときに相手を怖がらせちゃうという意味で、似ている感じ。

この二人が、次の試合、やってくれそうな気がします。
ラベル:マリノス 横浜