2009年06月18日

レッズ戦大好き男

もうすぐ、横浜F・マリノスと浦和レッズの試合です。

皆さん、日産スタジアムへ週末は行かなきゃ。

レッズ戦といえば、もうこの人でしょ。

小宮山尊信くん。
横浜F・マリノスの小宮山尊信

相手のルーキー、山田選手ばかりに注目が集まっていますが、こちらにもすばらしい左サイドがいるのです。

左サイドの対決。

そんな試合になりそうですね。

相手の左を封じるのは、こちらは田中裕介くん。

最後まで気を抜かずに勝利を手にしましょう。

とにかく、レッズ戦に集中!!!!

ふしんかん。。。



ついにここまで。。。

本当にこのまま終わっちゃうのでしょうか。

「不信感」ですか。

横浜F・マリノスへの中村俊輔くんの気持ちは、どうなっちゃったんでしょうか。

どういういきさつがあったのでしょうか。

ホイッスルが鳴るまで、あきらめるわけにはいかない。

それが、サッカーなんですが。

2009年06月17日

改めて感じる存在の大きさ

まざまざと感じさせられちゃいました。

普段、いるのが当たり前の状況でしたから。

今日のサッカー日本代表の試合、そう感じた人が多かったのではないでしょうか。

日本も、オーストラリアもセットプレーからの得点だけ。

日本は、逆に言えば、高さで短簡易、あっさりと負けていたということです。

やはり、横浜F・マリノスの中澤佑二さんの穴は大きかった。

攻撃面でも、一生懸命はしていたのは一部の選手だけ。

足が止まって、闘志を見せる選手が少なく感じられました。

中村俊輔、遠藤保人のコンビがいないとがた落ちです。

松井選手は、個人技におぼれすぎではないのでしょうか。

何か、浮いた存在になっていたような。

それにしても、またしてもオーストラリアに。

中澤佑二さん、歯がゆさを感じたことでしょう。

今日の試合、横浜F・マリノスの選手たちはどう感じたのかなあ。

マリノス君とマリノスケ

横浜F・マリノスのマスコット。

マリノス君とマリノスケ。
マリノス君とマリノスケ

マリノス君とマリノスケ

日産スタジアムで日曜日、笑顔でお出迎えしてくれそうです。

2009年06月16日

J復帰

先を越されましたね。

というか、半年とは少し早すぎる感じがしますが。

でも、本人の気持ちもわかりますね。

まずは、試合に出ないことには、選手として活躍の場が与えられないということですから。

実力があっても、監督の戦術とあわずに、廃れていくんじゃ、勿体ですものね。

さあ、この大久保嘉人選手の動き、刺激となるかどうか?

Jリーグにとって、横浜F・マリノスにとって。。。

明日は、17日。

日本代表にとっても、日本サッカーにとっても大事な日ですね。