2009年05月10日

気持ちの良い朝。マツとユッキー。

マリノスが今年初めてアウェイでが勝ったので。

しかも逆転での勝ち。

今日は、気持ちの良い朝です。

それにしても、横浜F・マリノスの松田直樹さんは偉いですよね。

相手の森重選手に、期待をこめて声をかけるなんて。

スポーツ選手の鏡じゃないでしょうか。

respect。

リスペクト。

良く、サッカー選手が使う言葉ですが、まさにそのものですよね。

さて、今日は、サガン鳥栖の試合がありますね。

山瀬幸宏くん、出るのかしら。

出て、鳥栖を勝利に導くと、感動ものなんだけどなあ。

2009年05月09日

スリル、サスペンス、逆転勝ち

あまり、心臓にはいい感じではないですが。

お化け屋敷に行きたい子供の気持ちがわかる気がします。

スリルとサスペンス、驚き。

何が起こるかわからない怖いもの見たさ、見たいな感じ。

もう、最初の失点で、完全に、こりゃ、まずい!

そう思っちゃいましたが、選手たちは偉かったです。

内容は決していいとは言えませんでしたが、中澤佑二さんのハラハラ足ゴールあり。

田中裕介くんの、山瀬功治くん張りの飛び出しゴールあり。

最後は、みんなで守りきって勝ち逃げ。

何か、ひところの横浜F・マリノスを少し思い出させてくれるような感じでした。

田中裕介くん、今日は、ヒーローですね。
横浜F・マリノスの田中裕介

おめでとう!。

今後は、もっと安心して勝つ試合が見たいなあ。

勝てば勝ったで贅沢ですかね。。。

大分トリニータ vs 横浜F・マリノス 1−2。
ラベル:横浜 マリノス

本当に、マリノスに帰ってきた

5月9日(土)2009 J1 第11節 大分トリニータ vs 横浜F・マリノス(14:00KICK OFF/九州石油ドーム)

本当に帰ってきました。

不屈の男ですね、松田直樹さん。

ベストメンバーじゃないでしょうか、このメンバー。

田中裕介くん、小宮山尊信くんもいますし。

最前列3人は、もう、固定された感じで、余計なことは考えずやってこい!

そんな気持ちの表れ?

向こう、大分トリニータは、結局、スリーバックですね。

マリノスの3人の攻撃を3人で抑えられますかね?


横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉大樹
DF15金根煥
DF3松田直樹
DF22中澤佑二
MF5田中裕介
MF14狩野健太
MF17兵藤慎剛
MF13小宮山尊信
FW11坂田大輔
FW9渡邉千真
FW10山瀬功治

【控え】
GK31秋元陽太
DF35天野貴史
DF24金井貢史
DF23田代真一
MF29長谷川アーリアジャスール
MF20水沼宏太
FW19齋藤学

大分トリニータ
【先発】
GK1西川周作
DF2坪内秀介
DF6森重真人
DF25小林宏之
MF33藤田義明
MF5エジミウソン
MF11鈴木慎吾
MF28清武弘嗣
MF32宮沢正史
FW8金崎夢生
FW20高橋大輔

【控え】
GK16下川誠吾
MF7西山哲平
MF27小手川宏基
MF30井上裕大
MF34梅田高志
FW18住田貴彦
FW21東慶悟

気合、この男たちがそれを証明

横浜F・マリノスは、下位に低迷している大分トリニータの必死さを警戒しなければいけないですね。

相手は、シャムスカ監督です。

何をしてくるかわかりません。

横浜M・中沢、最下位大分“必死さ”警戒

中澤佑二さんも同じ気持ちのようです。

でも、相手より、まずは自分でしょうね。

自分たちの戦う気持ちをいかにピッチで表現できるか。

普段の実力を素直に表すことができるかでしょう。

若いメンバーが多いマリノスは、実力をなかなか、そのまま、表すことができないでいるような感じです。

でも、奇跡的な回復力で、マリノスに渇を入れる男が出てきました。

腰痛から復帰 松田先発もあるぞ!…横浜M

松田 故障明けも志願のメンバー入り

生涯マリノスですものね。

男、松田直樹さん。
横浜F・マリノスの松田直樹たち

本当に、マリノスのために、できることは何でもしようとしてくれています。

勝ちましょう、大分に。

2009年05月08日

援護射撃

明日は、大分トリニータとの試合ですね。

横浜F・マリノスも、大分トリニータもこの前の試合は、いいところ無く負けてしまいました。

その両チームの戦いです。

マリノスにとっては、2試合続けてのアウェイ。

しかも、今度はかなり遠くの地。

疲れを癒す間もありません。

アウェイで得点できていない渡邉千真くんも、この連戦でなければ、比較的簡単に結果を出せるのかもしれませんが、やはり、思うように体が動かないのかもしれませんね。

さて、そんな横浜F・マリノスにとって、影で応援してくれる頼もしい人が登場しそうです。

そう、サッカー日本代表の岡田武監督。

どうやら、渡邉千真くん、山瀬功治くんの二人に注目しているようです。

渡邉千真くんは、玉田選手、田中達也選手の穴を埋めるべき存在になっているかどうか。

山瀬功治くんは、故障が癒えてもとの攻撃的なスタイルで勝負できる状態に復活しているかどうか。
横浜F・マリノスの山瀬功治

そんな思いで見に来るんじゃないかしら。

大分まで遠いのにありがたいことです。

二人にとって、プレッシャーに感じすぎないようにそっと見ていてね。

守りの方も、中澤佑二さん、キム・クナンの二人がこの前の試合の悔しさをバネにやってくれるでしょう。

さあ、シャムスカマジックに気後れせず、横浜F・マリノスらしいサッカーをやりましょう。

横浜F・マリノス

九州だから、兵藤くんも、千真くんと一緒に燃えますね、きっと。

幸宏くん応援めぐりに行く人もいそうですね。
ラベル:マリノス 横浜