2009年04月04日

なんと言うべきでしょうか

今の横浜F・マリノスにささげる言葉。

うまい言葉が見当たりません。

コンディションのいい選手を使う。

わからないでもありません。

去年は、去年で、全監督が特定のブラジル人にこだわりすぎて、沈んでいきましたから。

今年は何か、逆のような気がします。

毎回毎回少しずつ、コマを変えて、定石というものにこだわらない攻めをする将棋?

結果がついてきていれば、これはこれで、若手起用にに優れるチーム生え抜きの監督。

みたいに言われるんでしょうが。

今の状況では、去年と今年どちらがいいのか。

その前の早野さんのときには、監督決定時に私も含め疑問符をもていたサポーターが多かったですが、得点も多かったですし、順位も今よりはマシ。

難しいですね。

各チームも戦力補強、分析能力が高くなってきて、飛びぬけた力を発揮できなくなってきている証拠なのかもしれませんね。

今の横浜F・マリノスは、どうすればいいのかしら。

特効薬があれば、とっくに使っているんでしょうが。

このままで這い上がれるほど、勝負の世界は甘くないでしょうね。

でも。

だから、って。

いい薬が見当たらないのが現実。

日本代表の試合後に、中村俊輔くんはよく的確な分析をしてわかりやすく話してくれます。

少し偉そうに聞こえるときもあるけど、わかりやすいし納得することばかり。

それで、チームも少しずつ成長している気もします。

今、マリノスに必要なのは、嫌われ役?

しっかり、反省を活かせることが言える人?

どうなのかしら。


皆さん、お疲れ様でした。

アルビレックス新潟 vs 横浜F・マリノス 2−1。
ラベル:マリノス 横浜

ショックをバネに。ジローさんの分まで全員で。

4月4日(土)2009 J1 第4節 アルビレックス新潟 vs 横浜F・マリノス(16:00KICK OFF/東北電力ビッグスワンスタジアム)

河合竜二さんが合流して、みんなが元気に、さあこれからと思っていた矢先に。

清水ジローさんが、大怪我という話を耳にして、かなりショックです。

横浜清水アキレスけん断裂で長期離脱へ

サッカー選手にとって、アキレス腱という大事な脚が。

ジローさんの分まで、みんなで力をあわせて盛り上げるしかありません。

そうしないと、意味がありません。

練習でも必死に取り組んでいたからこその怪我。

無駄にしてはいけませんもの。

横浜小宮山、武田軍団の末裔が越後を討つ

小宮山くんが武田信玄と関係があると走りませんでした。

左斜め45度の小宮山ゾーンからシュートが炸裂してくれそうですね。

残念ながら、ベンチスタートみたいですが。

同じく、山瀬功治くんもベンチから。

天野っ地も、ベンチ入り!

水沼宏太くん、齋藤学くんにも、チャンス到来です。

大島秀夫さんと正々堂々と勝負です。

横浜F・マリノス

【先発】
GK1榎本哲也
DF7栗原勇蔵
DF3松田直樹
DF22中澤佑二
MF34丁東浩
MF30小椋祥平
MF17兵藤慎剛
MF5田中裕介
FW14狩野健太
FW9渡邉千真
FW11坂田大輔

【控え】
GK31秋元陽太
DF35天野貴史
DF15金根煥
DF13小宮山尊信
MF20水沼宏太
MF10山瀬功治
FW19齋藤学

アルビレックス新潟
【先発】
GK1北野貴之
DF28松尾直人
DF5千代反田充
DF6永田充
DF29ジウトン
MF15本間勲
MF10マルシオリシャルデス
MF7松下年宏
FW11矢野貴章
FW16大島秀夫
FW9ペドロジュニオール

【控え】
GK22黒河貴矢
DF2中野洋司
DF24酒井高徳
MF3千葉和彦
MF14三門雄大
FW23田中亜土夢
FW20曹永哲

2009年04月03日

魂こめて。学くんに期待!

いいこといいますね、木村監督。

木村監督、魂込めて狙え…横浜M

気持ちをこめてプレーしないと、神様も見放しちゃうもんね。

見ているサポーター、ファンのまなざしだって、変わってくるよね。

横浜・斎藤学、19歳バースデー弾誓った

学くん、4月4日生まれ。

ひな祭りの3月3日と、こどもの日の5月5日の間なんて。

何か、かわいらしいお顔だけど、プレーはスタイルは勇猛っていう、学くんらしさと関係あるのかなあ。

明日、アウェイだけど、楽しみ!!

大敗。信じられないです。

1−6というスコアーでの負け。

信じられません。

元横浜F・マリノスのディアスも生んだサッカー強豪のアルゼンチンが大負け。

最近のサッカーは、強いチームが勝つ。

というわけではなく。

勝ったチームが強い。

そういうことなんでしょうか。

なかなか、同じチームが勝ち続けるなんてことはできないですね。

Jリーグもそうですが。

昔ほど、上と下の勝ち点の差がなくなってきていますものね。

でも、やっぱり、横浜F・マリノスは、上にいてほしい。

いいサッカー、楽しいサッカーで勝ちという結果につなげていきたいですね。

2009年04月02日

解任、退任。

あちらこちらで、話が聞こえてきます。

4月ということで、サラリーマン同様、人事の話が。

サラリーマンの世界も、だれそれと仲がいいとか悪いとかで人事が決まることがよく割るようですが。

サッカーの世界でもそりが合うとか、合わないとか。

結果が出るとか出ないとか。

そもそも、親会社からの天下り的なこともよくある話みたいですし。

浦和レッズの社長さん、ヴェルディのラモスさんの話を耳にして、いろいろと思っちゃいました。

さて、私たちの横浜F・マリノスは、開港150周年という記念すべき年です。

みんな、ひとつの方向を向いて力を合わせなきゃ、ですね。