2009年02月22日

サッカーの厳しさ。サッカーの楽しさ。

J1、しかも横浜F・マリノスというビッグクラブの一員として活躍することを横浜F・マリノスの選手たちは、きっと誇りに思ってくれていると思います。

でも、普段は、毎日サッカーに明け暮れるばかりで、その周りのことに目を向けることなんか、あまり無いんじゃないかしら。

かくいう私も。


サッカー王国ブラジルでは、貧困生活が当たり前だそうです。

きれいな女性と結婚すること、車に乗ること。

そんなことを夢見る子供もいっぱいいるそうですが、夢の実現の仕方を間違え、麻薬、暴力など不当な手段で自分の思いを達成しようとする人も多いのが現実。

サッカーで稼げる人は、ごく一部。

自分にうそをつかず、ハングリーな気持ちをいつまでも持ち続け戦い抜く精神力がある人だけ。

そう、最近知りました。

華麗に活躍する選手も、影にはすっごい苦労があるそうです。



そして、また、偶然、こんなブログを目にもしました。

レベルの差

永井秀樹さんのブログです。

同じサッカーで生きるのでも、一流になれる人はほんのわずか。

厳しい世界です。


マリノスの選手たちには、その厳しい世界の中で悔いの残らないように精一杯やってほしいと思います。

そして、サッカーをもう存分楽しんでください。


開幕まで、もう少し。

今日はらしくなく。少しまじめに。考えてみたことを。

クナンに苦難?

くだらないで出しですみません。

(早野さんから遷された?インフルエンザじゃあるまいし...)

私の考えすぎならいいいのですが。

横浜F・マリノスのキムクナンくん、怪我じゃないかしら。

練習試合もずっと出ていない。

あのすばらしい体で戦う姿を拝見できていません。

マリノスタウンで、コーチとペアーで個別にスタートダッシュに取り組む姿を見て気になっています。
横浜F・マリノスキムクナン

どうしちゃったんだろう。

2009年02月21日

目の前のことに集中

今の時期、いろいろなことが耳に入ってきます。

どれが本当のことなのか、わからなくなってきちゃう。

俊輔“残留報道”に困惑「今はゲームに集中」

これによると、

「(セルティクに)残留するかもしれないとは言っていない」

ということは、横浜F・マリノスに移籍決定?

ま、まだ先の話しなので。

とにかく今は開幕に向けて。

今日の横浜F・マリノスの横浜と鳥栖とでそれぞれ練習試合。

ともに快勝。

鳥栖の方は良くわからないけど、中澤佑二さんが先制。

さすが。

マイクも2得点。

もしかして、鳥栖は高さに弱い?

天皇杯のときもそうだったよね。

もうひとつのマリノスタウンでの試合は、端戸くんがゴール。

マリノス端戸

おめでとう。

齊藤学くんも2得点。

楽しみだね、みんな。
ラベル:横浜 マリノス

ますますわからなくなってきたマリノスの競争

横浜F・マリノスは今日は、2班に分かれての練習試合です。

開幕戦出場が有力なメンバーは、鳥栖まで遠征してサガン鳥栖と練習試合だそうです。

それ以外のメンバーは午前に、関東学院大学と10時から練習試合。

今日は、横浜熱闘フェスタ2009もあって、11時から。

つまり、もうひとつグループができるということかしら。

横浜熱闘フェスタ2009のメンバーは、以下の通りに発表されました。

榎本哲也
小宮山尊信
金根煥
山瀬幸宏
齋藤学
金井貢史
斎藤陽介
浦田延尚
秋元陽太
古部健太
梅井大輝
丁東浩
天野貴史
端戸仁
吉田悟コーチ
マリノスケ

いったい、誰がどっちの練習試合に出るの?

細かに選手交代?
ラベル:マリノス 横浜

2009年02月20日

マリノスタウンで見た、山瀬功治くん

昨日のマリノスタウンのお写真です。

昨日は、田中裕介くんのお写真を載せましたが、今日は、山瀬功治くん。
マリノス山瀬功治くん

得点こそありませんでしたが、怪我の影響もあまり感じさせずに頑張っていましたね。

ドリブルあり、視野の広いパスあり。

相手との競り合いでボールを奪い場面あり。

この写真のようにセットプレーでのキッカーまでも。

開幕戦に向けて仕上げているようです。

いい選手が多い、横浜の中でもやはり、頭ひとつ出ている感じでした。

木村監督「開幕先発」直前まで教えない…横浜M

敵を欺くにはにはまず、味方から。

ということでしょうか。

競争であおっていますね、横浜F・マリノスの木村監督。

でも、この気持ち大事だと思います。

勝負に対する執着心が練習で無い選手は、試合でいいパフォーマンスなんかできないですものね。

みんな、頑張って!