2008年12月05日

気持ちで負けるわけにはいかない

いよいよ、明日です。
 
今年のJリーグ最終戦。
 
開幕と同一カード。
 
横浜F・マリノスの相手は、浦和レッズ。
 
小宮山くんのきれいなシュートで勝ったあの試合。
 
同じような戦いにはならないでしょうね。
 
お互いにあの時とは、状況が違います。
 
でも、気持ちで負けるわけにはいきません。
 
撃って撃って撃ちまくれ
撃って撃って撃ちまくれ。
 
絶対勝利
絶対勝利。
 
これらのサポーターの気持ち、きっと無駄になることは無いでしょう。
 
1年をしっかり締めくくってくれるはずです。
 
開幕戦、天皇杯、そして、最終戦と、三ついただきましょう。

今度は、俊輔シフト戦術?

チームが、たった一人のために動くというのは考えにくいのですが。

木村監督も、

「俊輔中心のチームをつくるわけではないが」

と、条件付の言い回しですね。

当たり前でしょうね。

横浜・木村監督が“俊輔シフト”準備


マリノスには、他にも、いっぱい、才能ある選手がいます。

その一人ひとりの才能をどうミックスするかだけだと思うんです。

中澤佑二さん、山瀬功治くん、松田直樹さん、坂田大輔くん、田中裕介くん、栗原勇蔵くん、田中隼磨くん、水沼宏太くん、金井貢史くん、などなど、各世代の日本代表候補がいっぱい。

他にも、小宮山尊信くん、狩野健太くん、山瀬幸宏くんといった、才能あふれる有望株がぞろぞろ。

これで、結果が出せないのはなぜ?

このナゼを何とかしてください。

木村監督。

俊輔くんももちろん好きですけど。


ノーコメント。。。

ノーコメント。

・・・

ですか。

お互いに、まだ、シーズン終了というわけでははないから、迷惑をかけまいとする気遣いなのでしょう。

俊輔はノーコメント…今季の横浜M復帰消滅

この不景気がいっぺんに好転することは考えにくいので、カルロス・ゴーン社長が、ポンっとお金を出すことは考えにくいのが実情ですね。

気長に待つしかないですね、この話。

2008年12月04日

浦和レッズとの戦いの前に。気になる不安要素。

終わりよければ、すべてよし。

そう言って、リーグ戦を締めくくりたい。

横浜F・マリノスを愛するものは誰もがそう思っていると思います。

リーグ戦最後の相手は、浦和レッズです。

この相手、攻守の要が不在です。

田中マルクス闘莉王、エジミウソン。

守りも、攻撃も、これなら、楽勝!

と、言いたいところなんですが、こちら。。。

狩野健太くんが、出場停止。

なんということでしょう。

山瀬功治くんもまだ、復活できそうも無いし。

ゲームメーカーは誰になるの?

狩野健太くん、最後に累積とは。

他の選手、全員で力を合わせて、カバーしましょう。

その狩野くん、Job aidemの記事、良かったですね。

マリノス狩野健太

マリノス狩野健太

マリノス狩野健太

マリノス狩野健太

今年は大きく成長しましたよね。

来年は、もっと、横浜F・マリノスの順位を上に上げてくださいね。

おっと、その前に、天皇杯の優勝、頼みますね。

中澤佑二さんと最後までいたのは

横浜F・マリノスの中澤佑二さんと一緒に、最後までファンサービスを一生懸命してくれた選手。

サインボールをみんなに笑顔で気持ちをこめて投げ入れてくれた選手。

それが、この選手です。

ロペス。
マリノス中澤佑二とロペス

最近、試合では見ませんでしたが、頭は丸く短く借り上げてしまって、みんなの流行に乗り遅れまいとする、チームワーク、一致団結の気持ち、も発揮していました。

来年はどうするのでしょうね。

確か、仙台からのレンタル移籍中。

その仙台、セレッソ大阪とJ1復帰をかけて争っているところですね。

乾くん、森島さんの気持ちが勝つのかどうか、それとも仙台がJ1復帰となるのか。

入れ代え戦もありますけどね。