2008年10月19日

1年後の一念発起

今日の名古屋グランパスとの戦いは、大島秀夫さんがポイントになると、昨日書きました。

もう一人、鍵を握る男がいるので付け加えておきます。

お子さん誕生から1年たって、気合を入れなおしている選手。

田中隼磨くん。

マリノス田中隼磨

この笑顔、明日の試合終了後にもう一度みたいです。

ヒーローインタビューで見られたら、最高ですね。

お子さんも、そろそろ、パパの活躍がわかるでしょうね。

頑張れ、隼磨。

隣の銀髪狩野健太くんとともに、右サイドを突き抜けろ!
横浜F・マリノス田中隼磨と狩野健太

2008年10月18日

勢いのついたマリノスタウン

皆さん、お疲れ様でした。

マリノスタウンで、明日に向けて勢いがつきましたね。

明日のために。

未来のために。

横浜F・マリノスのために。

できることは、みんなの気持ちをひとつにすること。

名古屋グランパスに気持ちよく勝ちましょう。

横浜F・マリノス

ポイント予想。マリノスvsグランパス

2008 J1:第29節 横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス。

親会社が自動車メーカー同士の対決。

今、アメリカの金融市場がどたばたしていて、両親会社も大変なことでしょう。

と、素人のクセに偉そうなことを書いてみたり。

そんなことより、明日の試合です。

久しぶりのリーグ戦再開。

ポイントとなりそうなことをいくつか。

まずは、攻撃面。

豪翔、大島秀夫。
豪翔大島秀夫

このダンマクの通り、大島秀夫さんが飛べるかどうかがかぎを握りそうな気がします。

もちろん、相方の坂田大輔くんとの息はぴったりのはずなので、この二人に、如何にいいボールを配給できるかどうか。

配給役は、狩野健太くん?
マリノス狩野健太と田代真一


それとも、山瀬功治くんの復活?

もちろん、ボランチの河合竜二さんの役目も大きな期待です。

ボランチといえば、この人、兵藤慎剛くんもずっと先発で90分頑張っていますよね。
横浜F・マリノス兵藤慎剛


明日は、神様からご褒美の1点があるかもしれませんね。

そして守備陣。

大きな失点はこのところないですが、完封もそんなに多くはありません。

中澤佑二さんが日本代表でお疲れなのでしょうが、もしかして、上のお写真の田代くんがいよいよ登場?

それとも、この人が怪我から復活して、センターバック?

影の監督、マツ、松田直樹さん。
横浜F・マリノス松田直樹

相手は、デカブツのヨンセンがいるので、徹底的につぶしちゃいましょう。

そして、スピードのある、玉田、杉本には、ガットゥーゾ小椋くんがぴったりマーク?

この二人に仕事をさせないのが鉄則です。

小川という曲者も、いるので、榎本哲也くん、頼みますね。

ダンマク。横浜F・マリノス愛。

いろんなものがありますよね。

横浜F・マリノスを応援する気持ちはみんな同じですが。

これは、もう、みなさんおなじみのもの。
横浜F・マリノス

そして、個人を応援するもの。

大島秀夫さん。
横浜F・マリノス大島秀夫

KINGですよ、KING。

小宮山尊信くんも。
横浜F・マリノス小宮山尊信

左サイドのスペシャリストですよね。最近は、右もこなしつつありますね。

ご本人、本物はこんな感じですよね。

ピースしてくれちゃって、かわいい。
マリノス小宮山尊信

そして、ピッチを縦横無尽に駆け巡るサッカー青年。

マリノス水沼宏太
水沼宏太くん。

さあ、他にもいろいろありますよね。

今日のマリノスタウン、活気がありそうですね。

横浜F・マリノスへの愛の表現がいっぱい。

2008年10月17日

Jリーグ再開と日本代表

サッカーワールドカップ予選のために中断していたJリーグ。

この週末から再開となりますね。

楽しみです。

こういうシーンが間近で見られますものね。
横浜F・マリノス

日本代表の各選手が、チームに戻ってどうフィットするか、疲れが残っているのか、怪我の具合はどうなのか、それぞれ気になるところです。

日本代表の岡田監督は、岡ちゃんなので、岡崎選手を使ったのでしょうか?

巻選手や、佐藤寿人千分方が大舞台での経験があって良かったんじゃないかしら。

大久保選手や、玉田選手も良く頑張っていたのに下げちゃったし。

特に玉田選手はもっとできた気がしますよね。

まさか、今週末の横浜F・マリノスvs名古屋グランパスを盛り上げようと...?

辞任に追い込まれた横浜F・マリノスに...

何てことは絶対無いでしょうね。

冗談はさておき、中村憲剛選手も使わなかったですし、これらの悔しい思いをした選手たちが、Jリーグで爆発しそうな予感がします。

横浜F・マリノスにとっては、中澤佑二さんが戻ってきてどうなうか。

キャプテンとして孤軍奮闘した疲れもあるでしょうが、やはり、横浜F・マリノスには欠かせない選手。

とはいえ、木村監督の口癖の一番調子のい選手、体調のいい選手を起用するというポリシーからしてどうなるのか。

不安と期待が入り混じっています。

ボンバーなら、大丈夫と信じていますが。

もちろん、他の選手たちもこれまで頑張っていたはずですので、そんなに心配はしていませんよ。