2008年10月09日

ピッチレベル観戦、感動!

大分トリニータとの一戦。

ホーム日産スタジアムで行われた試合でした。

そのとき、大分は首位。

いじめがいがありましたよね。

当日は、ピッチレベル観戦があって、目の前で勝利を拝んだ方も多かったですよね。
(確か330名?)

こんな場面が近くで。
横浜F・マリノスピッチレベル観戦

もっと、いいのは、こういう選手たちの喜ぶ姿が一体感を持って感じられることなのでしょうね。
マリノスピッチレベル観戦

これが、最高!!!

目の前で、勝利のバンザ〜イ!!
横浜F・マリノスピッチレベル観戦

選手たちと一緒一緒。

おーれー。

プレイバック、坂田大輔

少し前のものですが。

三ツ沢でのサカティ。

横浜F・マリノス坂田大輔くん。
横浜F・マリノス坂田大輔

ヒーローインタビューも、ご無沙汰ですよね。


残念なことですが。

でも、中断明けには爆発、大当たりをひきそうな予感。

こういう仲間がいっぱいいるんですから。
マリノス坂田大輔と仲間たち

 

そして、まさにこの写真の通りになるはずです。

「世界の」坂田大輔。
世界の坂田大輔

この速き男が、名古屋グランパスを壊します。

スピードは、相手名古屋の杉本だけではないところを見せちゃいます。

横浜F・マリノス坂田大輔ここにあり!と。

2008年10月08日

横浜F・マリノスの日本代表キャプテン中澤佑二

横浜F・マリノスの日本代表キャプテン中澤佑二。

横浜F・マリノス中澤佑二

明日はいよいよ、日本代表の試合です。

UAE。

強敵ですね。

仮想ウズベキスタンとしては、最適と言える相手ではないでしょうか。

中澤佑二さんがしっかりと守りを固め、中村俊輔くんが基点となって攻める。

そういう形が、今の日本代表のサッカー。

相手も、対策を練ってくるでしょうが、自分たちのサッカーをトコトン貫いて、その上で、勝利という結果を残して欲しいですね。

ACL。気になる?

今日は、そういえば、ACL。

ということらしいです。

横浜F・マリノスにとっては、悲しいけれど、全く無関係。

日本のチーム同士の対決とは、なんか、興ざめ?

...というのは、負け犬の遠吠えですね。

本当は、横浜F・マリノスも出場しなければいけないのに...

レッズ、ガンバ、どっちが勝っても負けてもいいけれど、ロニー、山崎くんがいるので、ガンバにしよっかな。

横浜F・マリノスの選手たちは、試合気にしているのかなあ?

ハイタッチ!!!やったね。

きっと、この写真の人は大喜びでしょうね。

マリノス君
ハイタッチ!

やっぱり、ピッチレベルでの観戦ならではの出来事ですよね。

私も、年間チケットの先行入場のときにマリノス君やマリノスケと勝利を祈願してハイタッチ!

ということはこれまでもありましたけれど。

日産スタジアムのトラックでこういうことができるのは、めったにないことですよね。

また、こういう機会があるのかなあ。

ちょっと、パイプ椅子っていうところがすわり心地に問題がありそうですが。
(お尻の大きな私には)

また、立って、はねて応援する人ムキではないですね。

その代わり、何か、他の人と違う特権気分なのかしら。

三ツ沢球技場の方が近くて、臨場感いっぱいな気もしますが、日産スタジアムでこういうこともいいかもしれませんね。

横浜F・マリノスを愛する人が、目の前で、愛する人の集団を見ることができる!



マリノス君がハイタッチしている間、ゴール裏のコールリーダーはこの人でした。

マリノスケ。
マリノスケ