2008年10月04日

バースデーゴールが見たいよ〜

今日は、横浜F・マリノスは、アウェイで、アルビレックス新潟との一戦です。

ある方のバースデー・ゴールをひそかに期待しています。

その方は、ジローさん。

そうです。

清水範久さんです。

横浜F・マリノス

もう、32歳なんですね。

それなのに、あのスタミナ。

あの走り。

あのスピード。

足が速い人って、本当にうらやましいなあ。

サカティとともに、双子作戦で相手をかく乱してゴール!

って、言うのはどうですか?

昨日お誕生日だった、コミーとどっちが速くゴールできるか競争!

二人とも、ゴールしちゃおう!

2008年10月03日

中澤佑二さんも危機感。。。

あの横浜F・マリノスの中澤佑二さんまで...
マリノス中澤佑二田中隼磨大島秀夫

危機感ですか。

さすが、といった方がいいんでしょうね。

プロですね。

「いつ代表外されるか…」中沢も危機感

「まずは新潟戦(4日)に集中したい」

いいですね。

その気持ち。

写真に写っている田中隼磨くん、大島秀夫さんにもその気持ち伝わっていることでしょう。

あしたの新潟戦が楽しみですね。

いざ、新潟へ。そして膨らむ銀髪への期待。

横浜F・マリノスは、対戦相手のアルビレックス新潟のエリアへといよいよ出陣です。

横浜から新潟へ。

選手たちの移動は新幹線なのでしょうか。

それともおなじみのこのバス?
横浜F・マリノスブルーバス

結構大きいんですよね、このバス。

お知りには、巨大なエンブレム。

この横浜F・マリノスのエンブレムを見ながら、後ろをぴったり追っかけちゃおうかしら。

でも、見とれて、前方不注意で追突!

なんてことになったら、大変!

明日は、この好調な銀髪青年が、また、ゴールを演出してくれるかしら?

マリノス狩野健太とマリノスケ
ネ、狩野くん。

コミー、はっぴー

横浜F・マリノスのコミー。

小宮山尊信くん。

おめでとう!

24歳ですね。

いわゆる脂の乗り切った、いいお年頃ですよね。

チャレンジする気持ちがあふれ出るような左サイドの攻撃をこれからもいっぱい見せてくださいね。

松田直樹と小宮山尊信
松田直樹さんとともに、ハイ・タッチ。

いいなあ。

私もタッチしたかったなあ。

お誕生日おめでと!

はっぴー・ばーすでー。

2008年10月02日

横浜F・マリノス、まずは、8位へ。そして...Jを熱く。

ACL挑戦組みの試合も終わって、Jリーグの試合数もみんな同じになり、順位も暫定バージョンから正式バージョンになりました。

で、横浜F・マリノスの確定順位は...

順位Team勝点試合数得点失点得失差
1鹿島アントラーズ49271476492623
2名古屋グランパス49271548402911
3大分トリニータ48271467301911
4浦和レッズ47271386432815
5川崎フロンターレ45271368483711
6FC東京4527136839327
7ガンバ大阪4327127839354
8清水エスパルス3727107103235-3
9京都サンガF.C.3627106112832-4
10アルビレックス新潟3527105122740-13
11横浜F・マリノス3427971128271
12ヴィッセル神戸3427810930300
13柏レイソル332796123436-2
14大宮アルディージャ322795132835-7
15東京ヴェルディ312794143542-7
16ジェフユナイテッド千葉302786132641-15
17ジュビロ磐田292785143041-11
18コンサドーレ札幌172745183253-21


11位。

降格圏は脱してています。

でも、入れ替え戦候補の16位ジェフユナイテッド千葉との勝ち点差は、わずかに、4。

1ゲーム差以上あるので、まあ、時節に抜かれることはないですが、勢いあるチームですので、油断はできません。

下を見てばかりではいけないので、マリノスの上を見てみましょう。

すぐ上が、アルビレックス新潟。

直接対決の相手ですね。

その差は、わずかに勝ち点1。

他力本願ですが、清水エスパルスの勝ち点37まで、マリノスが勝てば追いつくことができます。

すると、順位は、8位。

まずは、足元を見て、8位を目指しましょうかね。

少しずつ少しずつ、上に忍び寄りましょう。

第29節 名古屋グランパス
第30節 柏レイソル
第31節 京都サンガF.C.
第32節 ジェフユナイテッド千葉
第33節 東京ヴェルディ
第34節 浦和レッズ


残りの対戦相手を見てみると、上位陣は二つ。

この二つをいじめ。

あとは取りこぼさないようにすれば。。。

結構、終盤に来て、横浜F・マリノスがJリーグを熱くしそうな気配です。
横浜F・マリノス制するはJ


ここにも勝ったことですし。

大分トリニータ。
大分トリニータ

ラベル:マリノス 横浜