2008年08月10日

笑顔も素敵ですが

サッカーJリーグを、盛り上げなくっちゃね。

横浜F・マリノスが、もっと、勝たないとね。

昨日、坂田大輔くんの笑顔、素敵でしたよね。

そのときの笑顔、ひとつ前に、載せておきましたが、こちらのお顔もいい感じ。

勝負師の顔。

坂田大輔

勝ちにこだわる、決意が言葉の端々に感じられました。

かっこいいね!

写真はないけれど、榎本哲也くんも、かっこよかったよ。

大島さん、坂田くんの頑張りを無にしなかったものね。

おおしまひでごーる、れっつごーさかあたあ〜

もう、昨日は大興奮状態でした。

おかげで今日は、おお寝坊。

さて、久しぶりに、大島さん、坂田くんのツートップゴールでの勝利。

格別の味でした。

トリパラもきれいに回っていましたよね。

マリノストリパラ

まずは、最初の1点。

この人のアシストからでしたね。

横浜F・マリノス田中隼磨

もちろん、大島さんへのナイスパスだったんだよね!

そして、決めたのは、大島秀夫さん。

横浜F・マリノス大島秀夫
横浜F・マリノスvsガンバ大阪
横浜F・マリノスvsガンバ大阪

そして、2点目。

持ち前のスピードで相手ディフェンダーを見事に置き去り。

振り切ったのはいいけれど、角度なく、やばい!

と思ったら、見事に、キーパー藤ケ谷選手の手をかすめて、ゴールイン!
横浜F・マリノスvsガンバ大阪

サカティ、坂田大くんの今期リーグ戦ファーストゴール。
マリノス坂田大輔

昨日、私が、書いた通りになりましたね。

長すぎました。。。

それにしても、坂田くん、笑顔が、超かわゆい!

すてーーーき!

歯もきれい!

髪の毛短くなったkれど、それもまた、素敵!

それで、余計に速くなったんじゃない?

横浜F・マリノスvsガンバ大阪
このまま、終わらなくて良かったね。

横浜F・マリノスvsガンバ大阪 フォト・レビュー

横浜F・マリノス、ガンバ大阪両チームのチームフラッグ。
横浜F・マリノスvsガンバ大阪


マスコットもお互いにポーズ。
横浜F・マリノスvsガンバ大阪

試合開始直前には、花火も。
横浜F・マリノスvsガンバ大阪花火

激しい争いを予感させる月も。
横浜F・マリノスvsガンバ大阪の月夜

トリコロールランドでは、夜祭気分。マリノス勝利の前祝!
横浜F・マリノスvsガンバ大阪

そして、メンバー発表。

横浜F・マリノス
【先発】
GK 1榎本 哲也
DF30小椋 祥平
DF22中澤 佑二
DF24金井 貢史
MF7田中 隼磨
MF6河合 竜二
MF10山瀬 功治
MF13小宮山 尊信
FW17兵藤 慎剛
FW15大島 秀夫
FW11坂田 大輔

【控え】
GK36秋元 陽太
DF26田中 裕介
MF8ロペス
MF14狩野 健太
MF16山瀬 幸宏
MF29長谷川 アーリアジャスール
FW37齋藤 学

ガンバ大阪
【先発】
GK22藤ヶ谷 陽介
DF21加地 亮
DF2中澤 聡太
DF5山口 智
DF19下平 匠
MF27橋本 英郎
MF17明神 智和
MF8寺田 紳一
MF10二川 孝広
MF7遠藤 保仁
FW9ルーカス

【控え】
GK1松代 直樹
DF6福元 洋平
MF16佐々木 勇人
MF23武井 択也
FW14平井 将生
FW25岡本 英也
FW30山崎 雅人
横浜F・マリノスvsガンバ大阪

松代直樹って、松田直樹みたいで、いやな感じ!

って、人の名前にけちつけちゃいけないわね。ごめんなさい。

試合は、これから始まったのです。(続く)

2008年08月09日

横浜F・マリノスのいろいろな思い Fine Win

8月9日(土) 2008 J1リーグ戦 第20節 横浜F・マリノスvsガンバ大阪 (日産スタジアム)

いい試合でした。

横浜F・マリノスも、ガンバ大阪も。

見ごたえがありました。

横浜F・マリノスの日産スタジアムでの久しぶりの白星を見ることができて、涙が出そうになっちゃいました。

きっと、選手の皆さんも、そんな思いじゃないでしょうか。

大島秀夫さん、簡単でなかったんじゃないかしら、あのヘディング。

ちょっと、下がり気味に飛んで、でピッタリあわせてくれましたね。

サカティ、坂田大輔くん、やっと、やってくれましたね。

すご過ぎるゴールです。

最近、本当に良く走ってくれていて、ちょっと、報われなくてかわいそうな気もしていましたが、神様は見捨てなかったですね。

そして、哲ちゃん、榎本哲也くん。

一時は、自信喪失状態で、秋元くんに代役をお願いしていましたが、完全復活ですね。

今日のマン・オブ・ザ・マッチは、私の心の中では、サカティだけでなく、哲ちゃんもです。

そして、金井くん。

ディフェンダーとして、落ち着いて、勝負するところ、完全に出すところをうまく使い分けてくれていたと思います。

小椋くんも、1失点こそありましたが、スリーバックの一員として、まさに、ガッツューゾぶりを発揮!

河合竜二さんも、キャプテンとして、相手の攻撃の目を、ことごとくつぶしてくれました。

兵藤くんも、よく走っていましたね。

ロペス、兵藤くんに先発は取られましたが、途中から、無難にこなし、相手をいなしていましたね。

田中のおふたりさん。

隼磨くんは、前半、全く見方にパスを出してもらえず、信じてもらっていないのかなあ。

と、思っていたら、数少ないチャンスをしっかりものにしてアシスト!

もしかして、真ん中にいたサカティーをターゲットにしてあげたセンターリング?

いやいや、大島さんを狙ったんだよね。

途中まで、反対サイドの小宮山くんの活躍ばかりが目に付いていたけど、やるときはやる!

もう一人の田中、裕介くんも途中出場で時間がなかったけれども、五輪、いや、五厘刈りですっきりした頭で参上して、相手をしっかり封じていましたね。

右サイドもできるなんて、びっくり。

山瀬功治くん、サカかティーとゴール前で譲り合って、シュートまで持っていけなかったのは残念。それで、反撃を食らって、同点段になっちゃいましたね。

でも、やっぱり、攻守にわたって、しっかり、ポイントになるべきところに姿を現してましたね。

中澤佑二さん、苦しかったでしょ。

相手は、遠藤選手も賦活してきたし、二川選手もルーカスも明神も山崎くんも橋本選手も、その他うまい人間がいっぱい。

それぞれ、出し手と受け手の息がピッタリでよくボールが繋がっていて、ヒヤヒヤでした。

失点の場面は、相手につきに行って、中澤さんが振り回されて開いた穴をうまく疲れちゃいましたね。

狩野くん、あの頭はちょっと、いただけないけれど、怪我が治ってよかったね。この前より時間が長かったかしら。大丈夫そうだね。

そして、出番はなかったけれど、斉藤くん、さっそくベンチ入りでしたね。

これからが楽しみ。

木村監督、勝利をありがとう。

みんな、本当にありがとう!

ご苦労様でした。

2対1。

大きな勝利!
ラベル:横浜 マリノス

兄弟,,,,?

横浜F・マリノスの選手に変更があったと、Jリーグ公式サイトに。


<変更前>
齋藤 学Manabu SAITO(2種)
<変更後>
37


背番号がつきましたね。


ということは、近々、デビュー?


もしかして、斉藤コンビになるの?


陽介、学。


同姓が多くなってきましたね、横浜F・マリノス。


山瀬功治と、幸宏。


田中隼磨と、裕介。


そして、斉藤陽介と、学。


山瀬ブラザーズみたいに、本当の兄弟ではないんだけどね。

いずれにしても、頑張ってね。