2008年08月09日

ガンバ大阪戦直前に。。。もう、いろいろ。

まるで、横浜F・マリノスvsガンバ大阪戦をあおるかのように、様々な見出し。

横浜Mのロニーを獲得…G大阪

田中裕、9日G大阪戦で復帰へ…横浜M

遠藤スタメン復帰で連敗脱出だ!…G大阪

2番目の話は、そろそろだろうな、待ち遠しいなあ、と思っていたので、全く不思議ではないのですが。

むしろ、ウキウキ、ワクワクという感じ。

でも、ネ。

1番目、3番目は何?

特に、3番目。

やっぱり、というか。

信じられない、というか。

もう、あきれました。

補強どころか、ドンドン、弱体化させ、チームを壊そうというのでしょうか。

横浜マリノス株式会社さん。

それとも、今更、昨年の早野マリノスの純血チームに逆戻り?

だとしたら、あの駄洒落おじさん早野さんが、かわいそうな気も。。。

まあ、そんなこといている場合ではないでしょうが。

それにしても。。。

こんなことを試合直前に。。。。

もう!

横浜F・マリノス
ラベル:横浜 マリノス

長すぎました。。。

少しばかりは、私も世間の流れに後れを取るまいと、北京五輪の開会式をテレビで見ました。

でも、長い長い。

あれじゃあ、選手たちは大変ですね。

テレビで見ている私なんか、何もしていないのに、もう途中で飽きてきて、退屈で、いやになっちゃいました。

いろいろと派手な模様氏できれいなところもあったのですが、やっぱり、オリンピックって、スポーツでしょ。

派手な演出もいいのですが、選手の頑張り、汗と涙のドラマがあってのオリンピック。

何か、前振りか長過ぎるのは、選手にとって大変で、疲れちゃって本来の競技で実力が発揮できなくならなければいいのですが。

マリノスの選手たちは、この開会式見たのかしら。

今日の試合に気合を入れるのに、、邪魔になったりしていないかしら。

注意散漫ではいけないのだけど。

さあ、今日は日産スタジアムで、サカティのゴールを見なきゃ。

マリノス坂田大輔
ラベル:横浜 マリノス

あの水沼貴史さんが斬る!

横浜F・マリノスにとって、縁が深く、切っても切れない、あのお方。

水沼貴史さん。

岡田監督時代にコーチをしていて、成績不振のあとを監督として半年くらいやってくれましたよね。

あの、優しそうな水沼貴史さんが鬼に変身?

水沼宏太もびっくり?

水沼貴史

日経新聞にコラムを書いていて、反町ジャパンを、バッサリ斬っています。

一刀両断!

そんな感じです。

味方を追い越して走る動きがない!

って、ことが書いてありますが、もしかして、今のマリノスのことも皮肉っていますか?

水沼貴史さん、横浜F・マリノスの監督に戻っていらっしゃる日も、そう遠くない?

2008年08月08日

戦前予想、中盤の戦いから夢膨らむ

8月9日(土)J1 第20節 横浜F・マリノス vs ガンバ大阪(19:30KICK OFF/日産スタジアム)

明日は、久しぶりのホーム、日産スタジアムでのリーグ戦。

横浜F・マリノスが、ガンバ大阪に連勝するイメージが、もう、頭の中を駆け巡っています。

対決予想、見所は。。。

横浜F・マリノス

山瀬功治くんが勝つか、二川選手か。

お互いに中盤を制するために必死にボールを取り合うことになりそうですが、フリーキック対決も見ものかなあ。

この前のナビスコカップでは、二川選手がきれいに決めて、その1点のアウェイゴールの重みで敗退決定となったのだけど、今度は、山瀬功治くんが決めれば!

そして、向こうは、遠藤選手が途中から出てくるでしょう。

こちらは、ロペスか、兵藤くんがどのくらいやってくれるか。

あるいは、キャプテン河合竜二さんが、ボランチとしてやるのか、松田直樹さん不在のスリーバックの一員として活躍するのか。

右サイドの選手の、デキも勝負の結果に左右するかもしれません。

相手は、元日本代表の加地選手、こちらも元日本代表の田中隼磨くん。

両者、頑張って、日本代表復活を夢見ている?

そして、こちらには、左サイドに小宮山くんもいるんじゃん。

何か、すっごいチームのような気がしてきました、横浜F・マリノス。

ツートップは、やっぱり、大島秀夫、坂田大輔のコンビですよね。

ディフェンダー陣は、中澤佑二さん、小椋くん、あと一枚は。。。河合くさんか、田代くん?梅井くん?もしかして、田中裕介くん復活?

そうそう、水沼宏太くんも久しぶりに攻撃に活躍して欲しい。

幸宏くんの存在も大きいよね。山瀬ブラザーズの神話復活?

キーパーは、榎本哲也くんが久しぶりに完封!

負ける気がしませんね!!!
ラベル:マリノス 横浜

11月2日(日) 13:00 横浜F・マリノス vs. コンサドーレ札幌 ニッパツ三ツ沢球技場

さあ、新たなる国立への道。

ナビスコカップはだめでしたが、もうひとつ、国立への道がスタート。

そうです。天皇杯です。

11月2日(日) 13:00 横浜F・マリノス vs. コンサドーレ札幌 ニッパツ三ツ沢球技場。

時間も決まりました。

あとは、リーグ戦、天皇杯、ともに捨てることなく、めげることなく、あきらめることなくぶつかっていく。

そういう意気込みだけです。

横浜F・マリノス